FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

第4回たつの・赤トンボを増やそう会会議内容

8月21日(土)18時から龍野中央公民館で第4回目の赤トンボを増やそう会の会議を開催しました。
1,7/31以降の動きについて
  8/ 2 播磨乃国観光バス予約(11/6中型2台)
     3 佐用へ下見に(大坪地区)。中央公民館へ団体届提出
     4 ヒガシマル商事訪問・傷害保険見積(100円/人)、青少年館サイエンス広場への掲示資料提出
     5 トンボ池 気温31℃、水温30℃(トンボ池での羽化は終了)。三木さんお見舞い
     6 市役所企画課へ補助金申請(199,000円)
   7・8 サイエンス広場のイベント立会い。佐用訪問の件調整    
    12 国際トンボ学会会長井上清氏著「赤トンボのすべて」購入(3,910円/冊)~アキアカネの
       卵等の写真/龍野の乾太氏の版画も掲載。井上会長へ電話、芦屋の新村(しむら)氏の紹介を受
       ける。
    13 新村氏よりアキアカネ飼育の資料受領
    16 東京の大坪氏(関東地区の龍野市出身者の会世話人)へ当会の活動状況の資料、DVD郵送。兵
       庫県人と自然の博物館へ活動状況資料最終版送付
    17 たつの市企画課より、地域振興事業補助金交付決定通知書到着→会員へFax、メール報告
    18 佐用・堀坂農会長訪問~当会の活動状況説明、10/30の大坪地区でのトンボ収集活動了承
    20 トンボ池撮影。企画課とJR取扱い等調整

2,説明事項
  1)佐用・大坪地区とトンボ池の写真(スライド)
  <意見等>
   a,8/10頃の神戸新聞の夕刊で六甲からトンボが消えたという記事が出ていたが、今年は温暖化等の要因
     で赤トンボが見つからないかもしれない。自然の中で増やすのが難しく、試験管の中で増やすしかな
     いかもしれない。
   b,トンボ池はどういう場所か?(新しい会員より質問)
    (前田)中垣内のご厚意で段々畑の休耕田1枚を使わせて頂き、飼育カゴを設置させてもらっている。
        また、上の池から水を供給してもらっている。
   c,水の供給は、常時チョロチョロ流して一定の水位を保つように出来るか?
    (前田)下の田んぼの方から常時水を流すのはダメと言われており、小生が行った場合はバルブを開
        けて15分ぐらいしてから閉めている。
   d,トンボ池とその周辺はシオカラトンボは多いが、アキアカネがいない。トンボ池が立地として適して
     いるかをそろそろ判断する必要があるかもしれない。
   e,篠首では、昨年は水がない田んぼのところでもアキアカネがよく飛んでいた。
  2)市へ申請したスケジュール等について ~ 別紙で説明 (前田)
   ・10月初めに配布するアキアカネ情報収集のチラシは、昨年までは自治会回覧が出来ていた。出来れば
    今年も何とか出来ないか当たってみたい。
   ・佐用と下牧谷の調査の時、三木さんは手術されて無理をお願い出来ないので、代役として伊勢自然の里
    の講師の方に同定をお願いするつもりだ。
   ・佐用の平地調査については補助金の対象となった。人数は100人を目標とするが、予算では70%で計上し
    た。
  3)アキアカネ飼育の資料について ~ 別紙で説明(前田)
   ・卵を採取して翌日に色の変化が見られるかどうかがポイントのようだ。昨年は下牧谷の1チャンスしか
    なかったが、今年は3回チャンスがあり、その都度色の確認をしたら受精卵かどうかが分かり、次へ備
    えることが可能となる。とにかく春まで待たなくても判別出来るのは大変助かる。
  <意見等>
   a,昨年は子供たちが持ち帰ったが、水につけて育てた子はいるか?
    (前田)昨年は、卵を水につけたままだと冬に孵化するということから、我々を含めて土の上にまいた
        りしたと思う。
  b,今年は、卵を産ませた後の卵を集めて我々が飼育するべきと思う。また、捕獲した交尾体を大きなカ
    ゴに入れて、交尾させて卵を産ませるべきではないか。
    (前田)昨年も大きなカゴを作って試みたが、天井のキラキラ光る白い網の方に反応して上に行って
        しまった。今年は、上の網は緑にし、4m四方のカゴを作ったので再度試したい。
  c,昨年交尾体を見ていると、水が深い場所ではなく、浅い所で産んでいた。また、交尾後に自然に産ん
    だものでないといけないかもしれない。
    (前田)例えば、宍粟に行った時など、水たまりの中に布を敷いてそこに交尾体が来て産卵した後布
        を使って卵を収集したり、菓子の四角いカンなどに水を入れて、そこに交尾体が来るかどう
        か等の実験もしてみようと考えている。

3,検討事項
  スケジュール調整事項について ~ 別紙で説明(前田)
  ・8/28の亀山の調査は、写真家の瀬田氏が参加される。他の方も参加出来る方は前田まで言って頂きたい。
  ・佐用の調査については、JRのダイヤが8月末に改定されるのでとりあえず現状のダイヤで2つの案を作
   った。ダイヤが決定次第確定版を作って各小学校へメールする。
  ・日程が決まったら、切符の精算方法を含めてJR本竜野の駅員の方に確認したい。
  <意見等>
   a,小学校としては、佐用での捕獲活動時間が1.5時間以内ならいけると思う。
   b,案内文書については、保護者用だけでよい。保護者用に出席者の回答欄を追加する。
   c,学校の行事ではないことと、“保護者同伴”を明記してほしい。
   d,本竜野の“駐車場代”については記載不要。
   e,雨天時の中止の連絡方法は、前日に中止を決定する場合は学校に連絡することで良いが、当日に途中
     で中止する場合は、保護者も来ているので連絡の意味がない。当日の朝中止となる場合、集合場所で
     中止を伝達するしかないのではないか。
   ☆なお、途中で中止して早く帰ることになった場合は、車で本竜野か小学校へ送迎された方(運転者)が
    おられるので、その方に参加している保護者から連絡して頂く。

4,その他
  1)TV放送の紹介~2008年から現在までの4番組を再生して視聴
  2)次回会合日程と場所~9月25日(土)18:00より、中央公民館で開催
スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/08/30(月) 21:26:55|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<亀山(きのやま)での山上調査 | ホーム | 第3回たつの・赤トンボを増やそう会会議内容>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatonbowofuyasoukai.blog32.fc2.com/tb.php/90-bcadc494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード