FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

第3回山上調査~城山(きのやま)

9月25日は玉垣氏と彼の友人、それから写真家の瀬田さんと一緒にたつの市で一番高いと言われる城山(標高458m)へ山上調査に行きました。今回は、関西テレビの取材スタッフ3人も同行されました。

8:20に大成池に着きました。(気温18℃)歩き始めたらいきなり”いた、いた!”と玉垣さんが網を構えてサッと上からかぶせ、一回で捕獲。サスガ!です。赤トンボの一種であるマユタテアカネ(オス)でした。
s20110925_8.jpg s20110925_12.jpg s20110925_19.jpg s20110925_24.jpg

それから7人が尾根伝いに山道を歩いていきましたが、途中の新池では水が満々とあり、昨年とは全く違う光景に驚きました。(9:00、21.4℃)その後、また玉垣さんがコノシメトンボを捕獲しました。
途中「水争い遺称地」等を経由し、狭い山道を進んでいきました。
s20110925_55.jpg s20110925_63.jpg s20110925_70.jpg s20110925_87.jpg
目的地の亀の池(きのいけ)に着いたのは10:43で気温は21℃でした。先頭を歩いて頂いた瀬田さんに改めてクモの巣を払った木の枝を見せて頂きました。その写真が左から2枚目の写真です。ご苦労様でした。今回のメンバーは、それぞれカメラの腕の良い人ばかりで、それぞれスタンバイ体勢に入りました。
s20110925_101.jpg s20110925_106.jpg s20110925_119.jpg s20110925_125.jpg

池の水面に目をやると、少し遠いところにポツポツ何かが動いているのが見え、何とか小生もネキトンボの交尾体が水面に尻尾を浸けながら飛んでいるところを撮影出来ました。もちろん他の皆さんも、そして関西テレビのカメラさんもそれぞれ熱心に撮影されていました。気温は10:00現在でかなり上がって25℃になってきました。(平地の小生の自宅の同時刻の気温は室内で21℃)
s20110925_141.jpg s20110925_171.jpg s20110925_178.jpg s20110925_188.jpg
その後、10:17時点で気温が23℃に下がり、少し水面で飛んでいる数が増えたような気がしました。もちろんこの頃は他の方々もかなりの枚数(TVは時間)撮影されていました。10:44には再び26℃まで気温が上昇してきました。昨年もそうでしたが、気温が上がるにつれて水面の上を飛ぶ数が徐々に減ってきました。そこで、少し早いですが、早めの昼食を摂りながら観察することにしました。
s20110925_191.jpg s20110925_194.jpg s20110925_204.jpg s20110925_254.jpg
ここで写真の専門家の瀬田さんが撮られた写真の一部を見て頂きたいと思います。小生の写真とは比べ物にならない素晴らしい写真ばかりですね。
sSETA7547kobitai.jpg sSETA7608kobitai.jpg sSETA7681kobitai.jpg sSETA7784_kobitai.jpg
昨年は木の上にヤゴの抜け殻がたくさん見られたのですが、今年は台風の為かまったく見られませんでした。
その後気温はそのままで水面を飛ぶ数もかなり減りましたので、11:45に下山することにしました。
しばらく歩くと、また玉垣さんがコノシメトンボをGET!さっそくTVカメラでも撮影して頂きました。そしてすぐまた捕獲。”歩きながらよく見えるね!”と皆さんから称賛の声が掛けられました。
s20110925_273.jpg s20110925_281.jpg s20110925_283.jpg s20110925_287.jpg
そして今度は翅の先が茶色になっていないのと胴体が黄色と黒の縞模様になっていたので、皆さんから”アキアカネのメスだ!”という声が飛び交いました。小生も大変うれしかったので”確かに未成熟のアキアカネかも”と言いましたが、少し不安があったので”写真判定してもらいます”と結論を保留しました。(やはり家に帰って見てみると鼻がブタバナでしたので、徳さんに写真判定して頂いたところマユタテアカネでした)
s20110925_296.jpg
その後、関西TVの記者さんもコノシメトンボをGET!その次にまたまた玉垣さんがマユタテアカネ(オス)を捕獲したり、新池の畔で記者さんも2匹目、しかも亀の池で捕獲出来なかったネキトンボを捕獲されました。
その時誰かが、”こんなに赤トンボを捕獲出来ていたら番組の趣旨と逆になってしまいませんか?”とひと声。この声に、TVスタッフの方々は苦笑されていました。
s20110925_308.jpg s20110925_316.jpg s20110925_317.jpg s20110925_320.jpg
s20110925_324.jpg s20110925_333.jpg s20110925_340.jpg s20110925_344.jpg

初めの出発地の大成池に着く直前の13時過ぎにも、また玉垣さんがコノシメトンボを捕獲しました。そしてそのトンボがカメラさんの手に止まったまま歩いていても飛び立たずにくっついていました。不思議でしたね。
s20110925_353.jpg s20110925_357.jpg s20110925_362.jpg s20110925_365.jpg
そして最後は、そのカメラさん自らが捕獲されました。それも”ウスバキトンボ”で、ちょうど良い説明材料が手に入ったという感じでした。そこで小生は、”これが今の時期に最も多く飛んでいるウスバキです。赤トンボに比べて大きさがかなり違うでしょ”と言うと、皆さん”納得!”という感じでうなづかれました。
s20110925_384.jpg s20110925_387.jpg

今回の山上調査は、テレビ取材があったという特殊な状況ではありましたが、トンボについては”自然と生き物”が相手なので、思惑から外れて落胆したり、逆に帰り道の捕獲ラッシュはとても意外で楽しい調査となりました。関西テレビの皆さん、長時間ありがとうございました。お疲れさまでした!



スポンサーサイト



テーマ:近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/09/27(火) 23:31:02|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第7回たつの・赤トンボを増やそう会会合 | ホーム | 第6回たつの・赤トンボを増やそう会会合>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatonbowofuyasoukai.blog32.fc2.com/tb.php/125-deec101e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード