FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

アキアカネの羽化の画像記録

6月19日(日)の夜10時ごろから初めてアキアカネが羽化し始めました。
実際は18日(金)の朝、8時ごろ出勤前にエサのブラインシュリンプをやったのですが、1匹だけエサに食いつかないのに気がつきました。夕方になって勤め先から帰る時に家内に電話したら、1匹だけ箸に登ってきたということでした。
その後、ビデオとカメラの撮影を友人2人に依頼しました。何とか初めての体験を記録に残したかったのです。
土曜日にビデオカメラを持って来て頂き、長時間撮影するので、自分で撮影出来るようやり方を教えて頂きました。そして、照明の蛍光灯を点けて準備が整い、今か今かと待っていました。
しかし、箸の先の方で止まったまま何も変化がありません。日曜日の夜になってもそのままなので、”自然に暗い所で羽化させた方が良いのではないか”と考え、蛍光灯を消して風呂に入ることにしました。
風呂から上がって部屋に入ると、どうやら羽化し始めたようで、すでに背中が割れて胴体が出始めていました。

下に羽化までの写真を掲載しました。左端は、3本の箸で組んだ柱にヤゴが登り始めたところ、その右は胴体が出てきたところ、その右は、それを拡大して撮影したところです。
そして一番右は、頭が下にあったところから”トンボ返り”で自分の抜け殻につかまり直したところです。
1_DSC08395s.jpg 2_DSC08261s.jpg 3_DSCF3436s.jpg 4_DSCF3441s.jpg

次の左から、やや胴体が伸びてきたところ、その右2枚は徐々に道が伸びた状態で、一番右は、アキアカネらしい感じになった処です。
 5_DSCF3446s.jpg 6_DSCF3461s.jpg 7_DSCF3472s.jpg 8_DSCF3503s.jpg

下の左端の写真は、当然のことながらほとんどアキアカネとしてのイメージになっている写真です。その右は、羽根が開いたところで、時刻は午前5時頃になっていました。
その後、14時から神戸新聞と朝日新聞の取材があり、この後は写真撮影してくれる友人が撮影したものです。この時、両新聞社とも同じタイミングで写真を撮って頂き、それぞれ良い写真が翌日の紙面に掲載されました。
9_DSC08312s.jpg 10_DSC08323s.jpg 11_SETA5832s.jpg 12_SETA5850s.jpg

次の左端は小生がマジックインキでマーキングしているところで、左右に少し写っているカメラは両新聞社の記者さんのものです。その右は少しアップで映した状態です。その右は、小生の腕にアキアカネを停まらせ”さあ、飛んで!”と言っているところです。その後すぐに元気で飛び立ち、龍野神社の木の葉っぱの所で小休止しているところです。そしてすぐに再び元気に飛び立っていきました。この時、小生は心の中で”元気でいてね!”とつぶやきました。
13_SETA5869s.jpg 14_SETA5874s.jpg 15_SETA5880s.jpg 16_SETA5883s.jpg

結局トータルで9匹羽化し、その都度マーキングして放してやりましたが、羽化に失敗したものもあります。
下の写真がそれです。左端は2匹同時に羽化した中で、右側のものは羽根が伸びない状態で羽化が止まってしまいました。またその右はある程度羽根が伸びたところで止まってしまったもの、その右は、羽根はそれなりの大きさですが、表面がガタガタになっているもの等です。可愛そうですが、これも現実として見て行かねばなりません。
17_DSCF3717s.jpg 18_DSC08392s.jpg 19_DSCF3711s.jpg












スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/25(土) 00:06:40|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第3回たつの・赤トンボを増やそう会会合 | ホーム | 市内3小学校と”プールからのヤゴ救出作戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatonbowofuyasoukai.blog32.fc2.com/tb.php/118-34ff9115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード