FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

赤トンボのヤゴをトンボ池に初めて放流!

5月5日(祝)14:00に市役所に集合し、そこで車3台に乗合いしトンボ池へ向かいました。
初めにヤゴ飼育用のカゴの中に木枠を埋め込む作業を実施しました。これは、ヤゴを数匹ずつ分けて羽化を観察しようというものです。
左から、トンボ池へ向かっているところ、籠の中で掘っているところ、少し近くから写して木枠が見えるように撮りました。そして右端は全体が分かるように上から撮ったものです。皆さん、カゴの高さが低い中で、中腰になりながら汗を流して頂きました。
sDSC06737.jpg sDSC06749.jpg sDSC06753.jpg sDSC06756.jpg
木枠をはめ込みましたので、いよいよ上のため池から水を供給します。
左から、ため池の止水のバルブをゆるめているところ、水を2つのカゴに導くための溝を作っているところ、大きい方のカゴの木枠の状況、そして一番右は、小さい方のカゴの中の木枠の状況です。
sDSC06757.jpg sDSC06759.jpg sDSC06760.jpg sDSC06765.jpg
水が一気に入った為、浮力で木枠が浮き上がるというトラブルが起こりましたが、何とか左端の写真のように水位が下がりました。その次は、前田が皆さんに説明しているところ、右側の2枚は、放流するヤゴの幼虫を皆さんがビンを上にあげてさがしているところです。
なお、この時、次のようなことを説明しました。この日までに孵化した赤トンボの卵は約400で、現在146匹が生存している。生存率は約35%。これは、先日新聞に出た”13匹のうち1匹しか生き残っていない”という事から見るとかなり生存率が上がったと言える。その内、この日は、アキアカネを中心に30匹放流することとした。以上がその時の説明要旨です。
sDSC06766b.jpg sDSC06766c.jpg sDSC06775.jpg sDSC06787.jpg
いよいよ”放流”です。長靴をはいている人の中から順次6つの木枠の中に放流していきました。
左の3枚がそれぞれの方の放流の場面です。そして、最後に参加者全員で”記念撮影”をしました。
sDSC06794.jpg sDSC06797.jpg sDSC06803.jpg sDSC06812.jpg
今年は、今まで3年間、やろうとしても出来なかった”アキアカネの放流”の夢がようやくかないました。
次は、何とかこの中から羽化して欲しいものです。その為には水を切らさないようにしなくてはなりません。
1日約5時間を費やす朝と夜のヤゴの飼育作業も大変ですが、何とか羽化が成功するよう”水の管理”もやっていきたいと思います。
















スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/09(月) 15:11:18|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第2回たつの・赤トンボを増やそう会会合 | ホーム | 第1回たつの・赤トンボを増やそう会会合>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatonbowofuyasoukai.blog32.fc2.com/tb.php/113-da09ddab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード