FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

(平成28年度)第7回NPO法人たつの・赤トンボを増やそう会会合

10月26日(水)17時30分から龍野コルク工業㈱の会議室で第7回目の会合を開催しました。
1,9/21以降の動きについて(前田) 
  22 トンボサミット~前日泊で行くこととした。トンボ池が満水⇒山中氏に排水依頼。加古川の児童文学作家の方来龍~当会の
    活動説明。県の商談会資料まとめ。赤とんぼ米研究会の行事予定通知文作成。農水省・環境省へお礼のメール。
  23 トンボ池の水位確認⇒山中氏に再度依頼。加納氏と~県の助成金で購入する物品のスケジュール調整。大和美術やメイ
    プルと300gの小袋納期調整。県の商談会面談先調整。関電へ~9/30で倉庫解約予告。市教委より~アキアカネの写真
    を英語カルタに使いたい。大西洋ツーリストへ~10/30の平地調査の予約。県民局の
    ビジョン委員会出席。赤とんぼ米の売上げ実績入力。
  24 NPO議事録作成。小学校への案内文修正⇒森川氏へ。10/1,2の「豊穣の国はりま大物産展」の資料修正。赤とんぼ米研
    究会の全体会議予定作成。森川氏より~収穫祭申込用紙受領。大物産展の助っ人の方へ資料送付、FBで意見やり取り。
    倉庫の貸主へ~9/Eで退去する件説明。4~9月の赤とんぼ米売上げ実績集計。
  25 トンボ池へ~マコモの水位確認、ミジンコ確認。太市のマコモ畑確認~すでに水を切っていた。姫路のモダンパックへ~大
    物産展で使うプレート等を購入。赤とんぼ米研究会の全体会議資料作成。
  26 県の商談会参加~神戸・須磨、俊氏同行⇒伊藤忠商事、ぐるなび、はっぱや等。赤とんぼ米研究会の全体会議資料作成。
    県の助成金で購入する物品の請求書等コピー。
  27 青木勝喜氏訪問~300g用精米分受取り等⇒加納氏・高橋氏とメイプル訪問⇒実際に袋詰め作業をやってもらった。3小学
    校訪問~各校長に説明、配布依頼。県民局で赤とんぼ米研究会の全体会議。倉庫へ~電気釜等購入物品搬入。市教委へ
    提出するアキアカネの写真選定⇒森川氏へ送付。
  28 大物産展出荷用ラベル印刷。(腸の検査用飲料水服用開始⇒たつの市民病院で検査)。大物産展の備品チェック⇒森川
    氏にパウチ依頼。
  29 トンボ池へ~マコモの給水とミジンコ確認。モダンパックで追加のプレート購入。市教委へ~アキアカネの写真提出。メイプ
    ル訪問~300g引取り開始。森川氏より~パウチ受取り。県の農政課へ電話~三宮の“ひょうごふるさと館”の紹介依頼。
  30 大物産展の準備。トンボ池へ~マコモ畑の草引きと草刈り。今村代表と電話でトンボサミットのHPの件協議~一度前田の
    知り合いの業者で見積もってもらう。倉庫の片付け
 10/1 大物産展で出展。16時に会場を出て帰宅⇒その後トンボサミット和歌山大会の宿泊ホテルへ出発。
  2 トンボサミット本大会参加~森川氏(2日間)、前田(2日目)翌日の出荷準備
  3 アキアカネ情報募集チラシ発注。WORDPRESS調査。森川氏~倉庫の電気配線撤去工事。トンボサミットのHPの件業者
    と調整。特産館館長より~玄米を出してほしい⇒試食会11月下旬で調整。姫路包装と真空パックの件調整。大物産展の実
    施結果まとめ。
  4 トンボ池へ~草刈り。平木のノボリ旗確認と取替え作業。ひょうごふるさと館と訪問日程調整。赤とんぼ米の未精算部分整
    理。道の駅みつ訪問~マコモダケ販売OK、試食会の備品はすべて先方が用意する。加納氏より~豊田市からの視察でお
    土産に赤とんぼ米5合入り、コシ・ヒノ各21袋ほしいと言われているので用意してほしい。翌日の幹部会議資料等準備。トン
    ボ池説明資料作成。
  5 姫路包装訪問~赤とんぼ米の真空パック用資材、マコモ包装用資材等購入。アキアカネ情報募集チラシ到着。トンボ池へ
    ~マコモ初収穫。赤とんぼ米幹部会議~マコモを配布。新しい青木勝喜氏の倉庫で袋詰め開始。マコモのレシピ調査。
  6 トンボ池へ~上の段のマコモ収穫⇒21本。豊田市より視察10人。神戸新聞と朝日新聞に取材依頼。視察の方々にトンボ池
    等説明~先方ではヤゴ等の飼育実験はやっていないが、デジタルメガフレアという殺虫剤を使用している。
  7 マコモのシシピまとめ。JAの旬菜蔵でマコモ購入~3本で180円(@60円)。加納氏訪問~県の1/3助成の領収証提出。トン
    ボ池へ~マコモ12本+α収穫道の駅みつと新鮮組へマコモ納品⇒すぐに売り切れた⇒以後毎日収穫してお店へ出荷。神戸
    新聞記者に今年の羽化数報告。
  8 神戸新聞に6日の豊田市からの視察の記事が掲載された⇒記者へ;先方は“実地試験”はやっていないので記事は間
    違っている。今村代表へ~HPのWordpres使用時の見積と当会の決算報告書等メール。3小学校の行事参加者集計~平地
    調査20人、収穫祭45人⇒森川氏に名簿作成依頼。針金トンボの乾氏へ~竹とんぼ18本依頼。オータムの露風生家の離れで
    行なうイベント(赤とんぼ米の食事提供)の助っ人2人調整。淺井氏より~娘さんに赤トンボの活動を説明してほしい。
  9 八戸の方より~実物大のアキアカネのバランストンボができたので送るとの連絡。淺井氏と娘さん来宅~赤トンボ復活に向け
    た活動と赤とんぼ米の経緯等説明、トンボ池と平木案内(大学の地元を題材にした課題研究のレポート作成予定)。
  10 マコモのレシピ再検討。今村代表より~HPにWordpresを使用しない方向で横浜の方と調整したい。マコモ畑のふちに溝を
    作って排水開始。オータムの全体会議出席。勝喜氏と~冷蔵庫買取り代と家賃手渡し。10/12の自然大学校での講演用PPT
    作成。
  11 アキアカネ情報募集のチラシ配布~市役所本庁舎、御津総合支所、揖保川総合支所(今年は暑かった為時期を少し遅らせ
     た)。農林水産課訪問~今後、“新鮮野菜ブランド力アップ事業認定”と赤とんぼ米やチラシやポスターに入れたい⇒OK。      
     塩谷氏より~リンテックさんのCSRの一環でイオンで赤とんぼ米の試食・販売と針金トンボ作りのイベントを検討したい。西
     播磨県民局へ~特産館の試食・販売の日程を11/27にしたい⇒OK。赤とんぼ米の栽培履歴作成依頼文作成⇒各農家に
     配布依頼。トンボ池へ~坂上氏と稲刈り。
  12 講演の配布資料作成。夕方から心斎橋で講演~自然大学校23名受講。
  13 (市民病院へ~大腸検査の結果、“ポリープは良性なので問題なし”の診断)。道の駅みつへ~試食会11/6で回答。三宮の
    そごう「ひょうごふるさと館」訪問~館長等に当会の活動と赤とんぼ米販売の依頼⇒店頭での直接販売OK。マコモのレシピ
    印刷。
  14 ひょうごふるさと館へお礼とマコモのレシピをメール。小本氏・森川氏と16日の集合時間等調整。マコモの冷蔵保存テスト。
  15 加古川の宇高さん(作家)より~明日のイベントに参加したい。トンボ池へ~刈った稲を下まで運搬、マコモ収穫。特産館よ
    り~元町のイベントでマコモ20セット(40本)使いたい。マコモの説明&レシピ作成。翌日のイベント準備。
  16 旬菜蔵マコモ確認(3本入り150円だが小さい)。これまでのマコモの収穫本数約170本。キャンプ場で“針金トンボ作りと竹と
    んぼ飛ばし”実施~森川、坂上、小本、前田+作家夫妻、約20人参加⇒最後の方で雨が降り出して15時過ぎで終了。トンボ
    池へ~作家夫妻案内。八戸の方より~大きいバランストンボ着。
  17 先日視察に来られた豊田市の三橋氏へ電話~米の買取り価格は玄米60Kgで15,000円、羽化実験はやっていないが抜殻
    を多く確認している⇒ナツアカネの可能性が高いことを指摘、また商標登録もしていない。アマゾンで旅行用のキャリー注
    文。朝日新聞にマコモの資料送付。
  18 勝喜氏より~今年の赤とんぼ米の拠出の通知を出したい⇒了解⇒稲刈り後の水入れを含めて文書作成⇒配布依頼。トン
    ボ池へ~電柵の下草刈り。道の駅みつの田路さんより~試食の日程を11/5に変更してほしい⇒勝喜氏と相談⇒了解、マ
    コモをもっと出してほしい。ひょうごふるさと館へ~10/24の10:00~15:00に店頭で販売したい⇒OK。兵庫ひと博へ~三橋先
    生に当会の来年の2月ぐらいに講師依頼したい⇒日程を2,3挙げてもらったら検討する。
  19 産業振興センターで真空パックテスト。
  20 当会のHPのトップページのスケジュール更新。ひょうごふるさと館の販売商品登録用紙をメール。木下氏へ~ミサゴの記
    事が出た件連絡。トンボ池へ~マコモ収穫・出荷準備⇒20セットを確保する為に1日開けたら、66本捨てざるを得なくなった。
  21 産業振興センター訪問⇒再度5合をテスト。さばとさんと~マコモをケーキの中に小さく切って入れるテストをしてもらう件依
     頼。赤とんぼ米のチラシ変更検討(28年版)。
  22 (赤穂の坂越でビジョン委員会の視察参加)。昼食で、紫黒米のご飯を食べた~作り方=お米1合に紫黒米スプーンに1杯
    を混ぜているだけ。オータム臨時出店届け調査。赤とんぼ米のチラシ案検討。
  23 トンボ池へ~マコモ収穫⇒高見前自治会長にマコモ手渡し⇒後から、“食べたら大変美味
    しかった”。新鮮組より~マコモはもっと出せないか?また、葉っぱが欲しい。
  24 三ノ宮そごうの“ひょうごふるさと館”の店頭で販売⇒コシヒカリとマコモを販売⇒お客さんは午前は少ないが午
    後はそれなりに多くなってきた。今後、お米売り場に赤とんぼ米を置いてもらえるようになった。赤とんぼ米研究会のメン
    バーに今年の赤とんぼ米の拠出依頼。オータムの赤とんぼ米の料理の調整。
  25 特産館の試食会11/27実施申請書を県へFax。オータムの臨時出店届けの関連書類作成⇒保健所訪問⇒これでOK。
    マコモ畑調査~上段=30本中オス株6本あった、南北6.5m×東西8.5m=55.25㎡(17坪)。(株)ヒノ永瀬氏へ~仮設トイレ撤
    去依頼⇒11/1になる見込み。小学校の赤トンボの授業の日程調整~龍野小=11/7の8:40~、揖西東小=11/11の10:40
    ~。青木繁氏にオータムのイベントで使うIH用鍋打診⇒2つある。
  26 NPO会議予定作成。。トンボ池へ~米田氏、坂上氏とミジンコチェック⇒藻が日光をさえぎっているので温度が低すぎてミ
    ジンコが少ない。藻は9月中旬に他の容器に移すこと。上段で良いもの=No3,6,7,9(水温19℃)、下段で良いもの=No4,7。
    新鮮組へ~マコモが大変美味しいのでもっと出してほしい⇒ほぼ終わりだ⇒来年は増産してほしい。マコモの葉っぱ持参。
    マコモの葉っぱの乾燥業者訪問。
2,報告事項
  1)全国トンボ市民サミット和歌山大会の概要 
  2)大物産展の実施結果概要 
  3)アキアカネ情報募集チラシ 
  4)神戸新聞の記事 
  <豊田市JAの意見>
    a,本当に赤トンボを飼育して羽化させるやり方は大変参考になった。
    b,こちらは、米の次は麦や大豆で乾田栽培なのでアキアカネの羽化に
      マイナスだが、龍野のマコモは水田方式なのでアキアカネが増える
      ことにつながり、大変良いやり方だと思う。
   5)マコモの収穫状況 10/7~10/26 合計約300本
   6)バランストンボ 小(実物大)と大(大きさ15cm)

3,今後の予定について 
  10/27,28,29平地調査の事前調査
    ①集合時間と場所 9:00に新宮総合支所駐車場
    ②参加メンバー 森川、坂上、前田
  10/30(日)平地調査(中野・下牧谷)
    ①集合時間と場所 9:00に新宮総合支所駐車場
    ②参加メンバー リンテックから塩谷、長澤参加
   11/13(日)収穫祭(ぼた餅とまぜご飯)
    ①参加メンバー 塩谷氏は昼頃から参加できる。
  4)来年の「H28年度活動発表会」の講師はだれにするか?
    ①兵庫ひと博の三橋先生に依頼したい⇒水生生物の専門家 
    ②日程をどうするか?⇒2/19(日)か、26(日)で調整する。⇒先方と日程調整した結果、1/29(日)となった。

4,その他
   塩谷;イオンで赤とんぼ米の試食・販売と針金トンボ作りのイベントを検討していると申し上げたが、“商品販売”が出来ないよ
       うなので再度検討し直している。
   木下;マコモを食べたことがないので一度食べてみたい。
   前田;明後日最後の収穫をするのでお渡しする。

   黒田;来年は一度マコモを植えてみたい。
   前田;竹のように地下茎で芽が出てくるのでそれを植えてもらったら良い。

5,次回会合日程と場所等
  開催日時;12月1日(木)17:30~ 
  場所;龍野コルク工業㈱様会議室 
                                                          以上
スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/10/30(日) 17:59:35|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード