FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

(平成27年度)第8回たつの・赤トンボを増やそう会会合

10月27日(火)18時から龍野コルク工業㈱の会議室で第8回目の会合を開催しました。
1,9/25以降の動きについて(前田) 
  9/25 トンボ池~電柵下草刈り。大西洋ツーリスト塚本さん11/1のバスOK。JA上野センター長へ~当会の行事の駐車場借
      用依頼、11/22のふれあいフェスタは11/23に変更。兵庫生物の論文を大谷先生へメールで送付。ヤフーのショップサイト
      登録。
   26 赤とんぼ米の予約票作成。日山の玉田薬局より、赤トンボを捕まえた⇒コノシメだった。トンボ池のシカ柵補修。赤とんぼ
     米の販売試算
   27 中岡部長へ~さくら路に赤とんぼ米を置く件OK。トンボ池トロ箱から2匹羽化。鎌尾氏も1匹。計302匹となった。マコモ初
      収穫。
   28 平木で赤とんぼ米現地研修~稲こうじ病一部発生。赤とんぼ米打合せ~市内飲食店取次ぎ依頼文、コシヒカリ販売価格
      報告。青木勝喜氏より新米受領~平木37kg、トンボ池12kg。西播磨特産館~出店関係調整。マコモダケの料理方法
      調査。当会の議事録作成。赤とんぼ米の生産者表示ラベルテスト。
   29 マコモのお茶調査。勝喜氏とJAへの搬入について調整。森川氏、県の高橋氏と赤とんぼ米のチラシ調整。協和印刷より
      赤とんぼ米のシール見本受領。トンボ池~マコモダケ収穫4本(森川、坂上、前田)。堂本のJA旬菜蔵調査(米は扱えな
      い。マコモはJAの会員でないと売れない)
   30 トンボ池~ラスト1匹トロ箱から羽化(計303匹)。マコモ収穫12本。県の高橋氏訪問~赤トンボ米チラシ、予約申込書受取
      り、マコモ手渡し。3小学校訪問~11月のイベント参加者募集依頼、マコモ手渡し。赤とんぼ米の納品伝票購入。赤とん
      ぼ米研究会全体会議資料準備。
 10/1 赤とんぼ米全体会議資料準備。大和美術印刷へ赤とんぼ米シール断り。乾氏と~10/18の針金トンボ調整⇒森川氏OK。
     高草氏と~10/12のふるさとフェスタの段取り打合せ。コープこうべ河崎本部長~今年は難しいので来年早目にご相談した
     い。当会の固定資産税申告~0円で申告⇒OK。神戸新聞の記事、今までの4件ネット利用申込み⇒OK。
   2 赤とんぼ米全体会議資料準備。マコモ18本収穫⇒近隣のお店に配布。植物観察の橋本先生と~実施要領等調整。川東
     地区一部商店に赤とんぼ米チラシ等配布。赤とんぼ米業務処理手順作成。
   3 赤とんぼ米受注台帳、在庫台帳等様式検討。マコモ14本収穫、配布。川西地区商店に赤とんぼ米チラシ等配布。
   4 赤とんぼ米原価売価資料検討。マコモ9本収穫、配布。仮設トイレの前の草刈り。植物観察会実施~子供8人、大人5人、
     当会;森川、坂上、前田(講師;橋本先生)⇒約14種類の植物確認。森川氏にふるさとフェスタの表示プレート作成依頼。
   5 赤トンボ関係新聞記事HPアップ準備。トンボ池~トロ箱1箱中を確認⇒小さい虫がかなり生きていた。マコモ30本収穫、配
     布。県の高橋氏訪問~議題予定等打合せ⇒今後、ヤゴの飼育テストを醤油箱以外で作れたら予算化したい。マコモのお
     茶調査~解毒作用があり健康に良い⇒少量でもかなり高い値段で売れている。ヤマト運輸と~宅急便の代引き調整。協
     和印刷へ~赤とんぼ米シール発注。
   6 トンボサミットのノボリのサオ~正常32本、不良4本⇒和歌山の和建さんへ送付(45kg、1,778円)。マコモ20本収穫、配布。
     「のらのら」の原稿の事前チェック⇒11月上旬発行。たつの赤とんぼ米研究会全体会議~10/25の西播磨高原文化祭で発
     売決定、西播磨特産館でも販売する。JA旬菜蔵でマコモ購入~細くて短いものが2本180円で売っていた。兵庫の生物論
     文~大谷先生指摘事項まとめ、修正。
   7 兵庫の生物論文修正。高草氏へ~赤とんぼ米12kg⇒精米分10kg手渡し。マコモ16本収穫、配布。神戸の高畑氏より~
     11/28須磨で講演依頼有り。森川氏より~10/12の針金トンボ作りの行事はトンボ池では道がぬかるんでいて机を運ぶ車
     が上がれないのでキャンプ場に変更したい⇒子供の人数が多く、竹とんぼ飛ばしもトンボ池では危険である(前田)⇒今
     今年はキャンプ場に変更決定。西播磨特産館会議資料作成。
    8 坂上氏風邪で休み(11日まで)。マコモ12本収穫、配布。西播磨特産館の会議で赤とんぼ米説明~館長より;試食等のイ
      ベントをやって積極的にPRすべし。特産会でのイベント日程調整⇒会議内容等まとめ。乾氏より~竹とんぼ受領(@100
      ×20本)。トンボの専門家の谷幸三先生へメール~今年の年度末の講演日程調整依頼~2/21,28,3/6の案を提
      示。赤とんぼ米研究会のゴム印検討。
    9 兵庫の生物論文修正。マコモ12本収穫、配布。ヤマトの“宅急便コレクト”申込み。3小学校訪問~11月のイベント申込
      書受取り。平木の田んぼとノボ旗の写真撮影。大谷先生へ論文修正版メール。
   10 マコモ13本収穫、配布。飲食店“さばと”の奥さん~マコモは大変良いので色んな料理に使ってお客さんにも出した。
   11 マコモ19本収穫、配布。トンボ池の西の山の持主・森清氏~「今仮設道路にしているところは市に言って“道路”にしてもら
      うべきだ」との意見。翌日のたつの市ふるさとフェスタの準備。
   12 たつの市ふるさとフェスタの“たつのハートごはん”の店の中で3釜分試食提供~チラシ配り(源氏、坂上、前田)⇒お客さ
      んの声=”噛みごたえがあって美味しい”、”モチモチ感がある”等々。農家の方からも“こんなおいしいのはなかなか作
      れない”との声も。16日の針金トンボのイベント場所変更の件を参加者に電話連絡。朝日子供新聞へ当会の写真送付。
   13 マコモ30本収穫、配布。森川氏へ~砥峰調査変更10/15に。勝喜氏と~西播磨特産館での試食の件打診⇒OK。佐江で
      夕焼けのシーン撮影。
   14 県の高橋氏と打合せ(洋祐氏、前田)~西播磨特産館での試食イベント等の件。“ひるおび”で米のブランド化について放
     映。神戸新聞折込みチラシ配布を検討。“今年度の羽化のまとめ”修正⇒朝日新聞本社へ送付。佐江で夕陽と稲の撮影。
   15 県へ“推奨ブランド認証シール”の代金振込。マコモ13本収穫、配布。佐江県の農業新聞から取材申入れ。ヤマトフィナン
      シャル来宅~宅急便・代引き契約、HPのカートシステムの件
   16 平木でコンバイン収穫のシーン撮影(坂上、前田)。勝喜氏と~代引き契約書実印押印。JAの保冷倉庫に預ける件。赤と
      んぼ米研究会の各メンバーからの拠出金32万円入金。兵庫生物の提出様式(ダブルスペース)調査、本文、コメント等
      を大谷先生へメール。
   17 赤とんぼ米予約申込書に“取扱店名”を追加印字。神戸の西播磨特産館訪問~館長と打合せ、外観等撮影。桑野議員よ
      り~トンボ池のプレハブは、大きさとしては6畳のものしかなさそうだ。
   18 今年の羽化のまとめ一部修正。トンボ池で、“針金トンボ&竹とんぼ”のイベント実施~子供26人、大人12人、当会;森
      川、黒田、前田(講師;秋田さん、他2名)。トンボ池の残りの2/3の稲刈り~(坂上。後から森川、前田)。平木で夕陽撮
      影(時間が遅すぎた)。朝日新聞、朝日子供新聞より記事の事前打診。
   19 マコモ7本(小さい)収穫、配布。四箇の石野さんの畑の水槽で小さいミジンコ採集~ヤゴが生後1~3週間食べるかどう
      か。協和印刷より~赤とんぼ米のシール納品受取り。西播磨ビジョン委員の食材チームのリーダーと西播磨高原文化祭
      について打合せ。新宮町志水氏より4袋注文。
   20 赤とんぼ米生産者のシール印刷。乾氏へお礼の電話~来年は竹とんぼに名前を書いた方が良い。それと壊れた時に
      引っ付けるボンドがあったら良いのでは。新宮支所から峰山へ~森川、坂上、前田⇒一宮の庭田神社の南の田んぼの
      水たまりでアキアカネ捕獲⇒4匹卵を産ませた。⇒水溜りの中に寿司の皿を置き、水たまりのようにした。県の高橋氏よ
      り~赤とんぼ米のシールの位置は、県を上にして、ロゴを下にすること。兵庫県の農業新聞の間嶋氏来宅~取材⇒平木
      へ案内。赤とんぼ米のシール100枚や県のシール、生産者シール等を勝喜氏・洋祐氏に手渡し。西播磨特産館の訪問時
      の内容まとめとDVD編集。
   21 森川氏より~11月のイベント参加者リスト受取り。マコモ最後の11本収穫、さばとへケーキのお礼として持参、今季9/27-
      10/21で合計208本収穫できた。神戸新聞の折込みを配布するエリアを検討。朝日新聞小堀氏より~今日の夕刊(全国
      )に当会の記事掲載予定。日野の永瀬氏と仮設トイレ撤去方法調整~契約は10/26迄とし、撤去は11月に行なう、また、
      便槽にはあまり残っていないので先方で対処する。龍野小と揖西東小と11月の赤トンボの授業日程調整依頼。JA上野
      センター長~11/23の前日22日に午後に準備に行ったら良い(前年とほぼ同じ)。川東地区の商店に赤とんぼ米チラ
      シ等配布。赤とんぼ米研究会幹部会議の予定まとめ⇒県の是兼課長・高橋氏と打合せ。朝日新聞デジタルに赤トンボ減
      少(レッドリスト)と当会の活動、赤とんぼ米が掲載された。
   22 新聞記事掲載の件をBCCメール。赤とんぼ米幹部会議資料修正。オータムフェスティバルマップ600部受取り。揖保川
      町市場の松本氏訪問~赤トンボ米の販売先等打合せ。朝日新聞へ記事のPDF依頼(こちらの地域には配布されていな
      い為)。森川氏より~トンボ池の下の家のところにスズメバチが飛んでいたので何か対策をすべし。関西トンボ談話会の
      片岡義方氏より~トンボサミット等に関する質問状受領⇒回答。ビデオ編集~西播磨特産館の模様、一宮のアキアカ
      ネ、マコモ畑の模様。
   23 赤とんぼ米の各種台帳様式検討。銀行で明日の釣り銭両替。赤とんぼ米幹部会議(ビデオも)、「そら」さんで昼食会~2
      6日から同店で試食用を300円で販売して頂く。
   24 森川氏より~上郡の廃校の備品競売の件⇒赤トンボ米研究会の作業場で必要なものをこれで買ってはどうか?トンボ池
      へ;「スズメバチ注意!」のプレートをトイレの看板を移設して立て、地面にも置いた。朝日新聞の記事が届いたので編
      集、合成。石野さんのミジンコ採集。100円ショップで明日使うレジ袋購入。朝日子供新聞到着。自宅前の赤トンボの看板
      の前に貼りつけた。翌日の西播磨高原文化祭の準備・
   25 西播磨高原文化祭7:50阪上氏と出発~現地で勝喜氏、高橋氏と準備⇒10:00~14:30ぐらいの間に61個販売した。県民局
      長や光都農林の所長にも挨拶(龍野の田中所長より紹介)。勝喜氏と~上郡の競売の件検討⇒机等はあるので参加し
      ない⇒森川氏へ。高橋氏と~新聞折込みチラシに使う写真選定。
   26 兵庫生物論文修正⇒大谷先生へ送付。互(たがい)氏の新聞に、アキアカネとナツアカネの胴体の模様の例が掲載され
      ていた。谷幸三先生より~講演の日程はいつでも良いとの返事。坂上氏が見つけた小さいミジンコを米田氏に持参、培
      養を依頼。山崎の下牧谷~中野を調査⇒中野はすべての田んぼが鋤かれてしまい水溜りは皆無だった⇒宇野の伊水
      幼稚園、キタコー付近で水たまりがあり、7匹産卵させた。西播磨特産館の山崎宗配所訪問~所定時間外は人はいない
      とのこと。兵庫県広報課の高曽根さんより11/1の取材申入れ(9:50に伊水幼稚園で待合せ)。龍野小~赤トンボの授業
      は10/29(木)10:30~野外(龍野公園)、11:30~12:10教室で授業。揖西東小幸田先生訪問~赤トンボの授業は11/6(金)
      8:40~教室、9:45~12:15野外(養護学校前の田んぼ)。赤とんぼ米研究会平木で臨時会議~11/13の西播磨特産館、
      11/21-23のオータムでの「そら」等の販売要員等検討。兵庫生物論文修正⇒大谷先生へ。
   27 今日の議題予定まとめ。ヤマトフィナンシャルと代引き、HPの買い物システム等調整。

2,今年のアキアカネの羽化実績 303匹(昨年の3倍)
  森川;今日、平木でアキアカネのツガイ1ペア確認した。
3,当面の予定
  10/28宍粟・下牧谷調査(参加者;森川、坂上、前田)9:30新宮支所出発
      29龍野小;赤トンボの授業(坂上、前田)
      30宍粟・下牧谷・一宮調査(参加者; 坂上、前田)
      31トンボ池の稲の運搬
      前田;トンボ池の整備;マコモダケ畑の残り整理。3段目の東側に水たまりを作る為に3段目の西側に丸くアゼシートを敷
          設していきたい。
         (来年はトンボ池の上の田んぼは、西=5月水入れ6月田植え、真中=5月田植え、東=マコモ畑(5月水入れ・植付
         け)とし、2段目の場所も今年と同じようにマコモを植えるが、1/3ほどは耕した後田植えをして、様子を見たい。)
       ★4段目は、子供たちが遊べるような広場にしてはどうか?(竹とんぼ飛ばし等)     
  11/ 1宍粟市下牧谷へアキアカネ平地調査(県の広報の方2名が同行される)
        来年の飼育箱の試作(底面40cm四角、高さ60cmぐらいのカゴ)
       3西播磨特産館へ初出荷
       6揖西東小;赤トンボの授業(坂上、前田)
      10赤とんぼ米幹部会議13:30~15:30県民局龍野事務所
      13西播磨特産館で試食&販売
      15当会の収穫祭(参加者;森川、坂上、出羽、前田)塩谷氏、黒田氏確認
    21~23オータムフェスティバル「そら」で販売
      23JA兵庫西のふれあいフェスタで展示(青木、森川、坂上)
     前日の午後に準備
    11/26宍粟市高齢者大学で講演(前田)
        28 神戸・須磨で講演(前田)
    12/3西播磨特産館等見学会(県民局主催)8:30出発(参加者募集中)

4,その他
  ①赤とんぼ米のチラシ(別紙①)と予約申込書(別紙②) (省略)
  ②お米参照~試食用(300g)、お徳用(5Kg)
  ③朝日新聞(別紙③)、朝日子供新聞(別紙④) (省略)
  ④商標登録の“権利者”の修正の件⇒片岡;早急にやりたい。
  ⑤今年度の活動報告&講演会日程の件~結論;2/28とする。
  ⑥神戸の西播磨特産館のビデオ
  ⑦一宮の田んぼのビデオ
  ⑧マコモダケの田んぼのビデオと毎日放送
  ⑨昨年のJAのふれあいフェスタのビデオ
  ⑩下牧谷の模様(編集が間に合えば)

5,次回会合日程と場所等
  ①開催日時;11月19日(木)18:00龍野コルク工業㈱様会議室
  ②議題;赤とんぼ米販売状況 、宍粟平地調査・収穫祭の結果、今年のまとめと来年の課題、来年の予算検討等
                                                                      以上   
スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/10/29(木) 21:25:56|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード