FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

(平成25年度)第11回たつの・赤トンボを増やそう会会合

2月18日(火)18時から龍野コルク工業㈱の会議室で平成25年度第11回目の赤トンボを増やそう会の会合を開催
しました。
1,1/23以降の動きについて(前田)
  1/24 歴史文化資料館の予算調整。赤とんぼ文化ホール訪問~来年のトンボサミットの会場として可能かを打
     診⇒6,7月は予約でダメ。井上先生にトンボサミットの冊子の寄稿打診。
   25 薬師山上吉川氏来宅~ビデオ制作費用見積打合せ。協和印刷~トンボサミット用冊子見積。フナビより
     水道関係見積受領。昆虫館に講師料打診。赤とんぼ荘訪問~3/2昼食、トンボサミット会場及び宿泊人
     数が可能かを打診⇒150席可能
   26 上吉川氏へ~ビデオ撮影半日単位可能か?⇒0.7掛けになる。乾氏にトンボブローチ講師料打診~講師
     送迎必要。
   27 鎌尾氏に植物関係講師の件見積依頼。歴史文化資料館の予算まとめ。揖西東小訪問~アキアカネの授業
     等の謝礼受領。ローソン森さん訪問~田んぼダムお礼と仮設道路工事の件説明。
   28 歴史文化資料館訪問~予算説明⇒設備的なものはダメ、DVDとサミット冊子を申請したい。トンボ池
     で龍野土木と森川氏と打合せ。
   29 光都県民局榮藤氏訪問~トンボ池の仮設道路を残す件説明⇒OK。地主の方々訪問~仮設道路を残す件
     説明⇒藤本さんより、当初の図面のように道をつけてほしかったとのこと。
   30 トンボ池で森川氏と打合せ~藤本さん、森義博さんと現地で調整⇒現在のままで良い。井上先生が3/2
     に来られるのでスケジュール修正⇒メール。
   31 前家氏より~県の助成金がもらえそうなので至急予算を出してほしい。前家氏訪問~市とも調整が必要
     とのこと。春風特許に商標登録関係費用打診~カカシ米穀に5/16に東京に行った時に交渉してみるか?

  2/1 米袋メーカー・マルタカに見積依頼。県の予算作成。公民館3/2の使用申込み・支払い。前回会議
     の議事録発送。
   2 農業者グループの規約案及び議題予定作成。
   3 第3回目の農業者グループ会議実施~2/20までに参加農家から施肥方法を集約し、次回は3/5に開催する。
    広報秘書課訪問~3/2は市長・副市長とも出席不可とのこと⇒小河部長に代理出席依頼。アキアカネの卵
    の眼点を顕微鏡でチェック~前回より眼点のある卵が増えた⇒冷蔵庫へ保管。
   4 NHK中村さんに3/2の件メール。梅玉訪問~3/1講師宿泊と会食の件。農業者グループ会議概要まとめ。
   5 マルタカへ連絡~2/25に大阪に行くので訪問したい⇒OK。赤とんぼ荘訪問~会場の下見⇒3/1に今村会
    長にも見て頂く⇒OK。前家氏へ農業者グループ会議概要と商標登録の件メール
   7 赤トンボ会議日程2/18の件、メールと電話で連絡。
  10 龍野土木訪問~仮設道路日程2/17とする。前家氏と電話~赤とんぼ米の定義を明確にすべし。
  12 龍野高校訪問~三瀬先生と今後の龍高自然科学部での実験の件打合せ⇒室内羽化と水質分析等実施予定。
    森川氏へ~ペットボトルでヤゴを飼育する方法提案。中垣内の農家と会合(前家氏と小生参加)。神戸大
    農学部の学生より赤トンボ同定依頼あり。
  13 梅谷さん、ローソン森さんに2/17仮設道路工事の件説明。
  14 小河部長に3/2の講演会の挨拶再度依頼。秘書課訪問~3/1の15時ごろ市長訪問~今村会長に会って頂きた
    い⇒OK。龍野小よりアキアカネの授業等の謝礼受領。
  17 トンボ池の仮設道路工事~傾斜が急な所を緩くしてもらった⇒県の工事完了期限の2/20に間に合った。但
    し、排水路を一部工事⇒地主の方々にお詫び⇒OK。
 
2,3/2の講演&当会の活動報告の件
  日本蜻蛉学会の井上清先生が3/2に来られるので、当初の予定を変更した。
  ★当日の役割分担とスケジュール 別紙①

3,赤とんぼ米の定義について(県の前家氏の案) 別紙②
  K氏;今回の基準だと難しいか?
  A氏;6~7俵ぐらいはいけるかもしれないが、やってみないと分からない。逆に、これをることで病害虫が減
     るかもしれないので、とにかくやってみたい。
  S氏;米の種類は問わないのか?
  前田;米の種類は問わないが、基準は統一する必要がある。

4,農業関係者会議の概要
 ①2/3に第3回目の農業関係者会議を開催し、前家氏に品種ごとに県の推奨ブランドに適合する施肥基準を設定し
  てもらった。これに応じた各自の施肥方法を2/20までに出してもらうこととなった。
 ②2/12には、中垣内の農家で実験にご協力頂ける方々に集まって頂き、実際的な方法について議論し、上述のよ
  うに2/20までに施肥方法を提出してもらうこととなった。
  KM;5月から水を入れると除草剤を早く入れる必要がある。
  A氏;2~3日前に代をかいてもすぐに草の芽が出てくる。除草剤の費用が高くつく。
  KM;剤の適期の問題もある。
  A氏;今回の施肥の資料を前家氏に見て頂いて指導してもらうようにしたい。

5,「出る杭大会」の展示等の方法について
 ①前回の模様 ⇒ビデオ参照
 ②アピール方法等、どうするか?
  前田;一昨年参加して、「出る杭大賞」の次の“元気プロジェクト賞”をもらった。今回は“大賞”を狙うか?
     また、何をアピールするか?例えば“赤とんぼ米”をメインにするか?
  A氏;今出したら、勝手に真似されても困る。
  K氏;今までは“実績”が主体だったように思う。今回はNPOになるので、“今後のビジョン”を打ち出す
     べきだ。NPOの目的をきちんと打ち出した方が良い。
  前田;それによってパネルの流れも変わってくる。その辺について、小生が写真を選定する時間的余裕が全く
     ない。森川さんと鎌尾さんの方でやって頂けないか?
  M氏;イベントグループとしてやっていきたい。

  前田;前回過去のビデオなどを見てもらうようにしたが、液晶画面なので見えにくかった。
  K氏;プラズマディスプレーなら見えると思う。会社にあるので使ってもらったら良い。
  S氏;TV画面の3方を囲うだけでも違ってくると思う。発泡スチロールのパネルを黒いビニール袋で包んで
     囲いにしたら良い。
     子供が何かもらえるようなものはどうか?例えば、“竹トンボ”とか。何かもらえるようにしたら子供
     は集まるだろう。
  K氏;発泡スチロールでも作れる。
  前田;意外に固いので面白そうだ。
  M氏;トンボをデザインした下敷きとかホルダーとかでも良い。
  KM;大賞は賞金が10万円で、その翌年は“審査員”になるようになっている。
     発泡スチロールのものを渡して、色を塗って持って帰ってもらうとか。
  前田;自分だけのオリジナルになって良いかもしれない。

6,以前からの積み残し~全国トンボ市民サミットのDVD映写
  (NHK総合 “視点・論点”(上田教授)のDVDはフォーマットが違うため、この機器では再生不可)
7,次回会合日程と場所
  3月25日(火)18:00龍野コルク工業㈱様会議室
                                                以上
スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/02/19(水) 23:48:43|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード