FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(平成25年度)第6回たつの・赤トンボを増やそう会会合

9月30日(月)18時から龍野コルク工業㈱の会議室で平成25年度第6回目の赤トンボを増やそう会の会合を開催
しました。
1,8/20以降の動きについて(前田)~項目が多い為下線部のみ説明
  8/21 第5回会議議事録まとめ。シンジェンタジャパン調整。稲刈り体験の文書森川氏へメール。
   22 議事録修正⇒メール。西田市長への報告資料まとめ。トンボ池の実験田のドロの臭いがきつい。
   23 鎌尾氏、森川氏、坂上氏とトンボ池で対処方法相談⇒稲を刈るよりもトラクターで耕す方が良い。
     ⇒森さんのトラクター借用依頼=トラクターと小屋の使用について、賃料の件⇒その後トラクターで耕
     運。露風生家訪問~管理人;ウスバキとアキアカネの標本を見て、大半の子供たちはウスバキを赤トン
     ボだと思っていたようだ。
   24 市長説明資料作成。
   25 トンボ池の模様のDVD作成。市長説明資料作成。
   26 市長説明資料作成。鎌尾氏より~31匹目羽化。西田市長訪問~産業部傘下の部課長に説明しても良い。
     青木さんの田んぼの稲が風で倒伏。
   27 小河部長面会~産業部の部課長にアキアカネ羽化の記事と今後説明させて頂く件⇒OK
   28 勝山市役所より電話~9/4に龍野(小生宅)に行きたい。3小学校校長訪問調整。龍高説明資料作成。
   29 勝山市と調整。龍高生物部で来年の課題説明~天敵とエサの関係等の実験依頼。水質検査もやりたいと
     のこと。計画書を出して頂く予定。龍野土木に見積書修正依頼。
   30 3小学校校長に稲刈り募集文書説明&依頼(森川氏と)~小宅はコピー170枚手渡し。奥小屋調整~9/6
     に前家氏が現地調査に行く⇒OK。龍野土木の見積が出たので光都土地改良の栄藤氏へ持参して説明。
     ⇒先方より“田んぼダム”の実験の協力要請あり⇒地主に調整すると回答。
   31 満田まち協会長へ勝山市から来られるので露風生家のパネル等展示期間を9/4まで延長する件依頼。
   9/1 鎌尾氏より、1匹羽化。家のミジンコをチェック~生存している。
    2 ローソン森さん訪問~賃料の件⇒OK⇒契約書の案を作る。トンボ池の各地主訪問~県民局の田んぼダ
     ム実験OK。光都土地改良の栄藤氏~田んぼダムの実施概要提出依頼、トンボ池のカゴや道路工事は市
     役所を経由して申請すべし。龍野小訪問~そうめん流しの時の竹の余り受領。産業部説明資料作成。今
     年の羽化実績農薬別集計。
    3 シンジェンタジャパン調整。産業部・部課長に説明~小川部長;市としてトンボ池の観光施設にする
     かどうかは”新規事業”として立ち上げるかどうかという問題だ。トンボサミット開催内定の件も了承。  
     光都土地改良の栄藤氏より~カゴと道路工事の申請は農林課から行なうべし。産業部との打合せ概要ま
     とめ。龍高三瀬先生よりメール~「水の大賞」に応募してはどうか?(賞金20~200万円;締切11/
     30)
    4 勝山市より小林環境部長以下4人来宅~当会の活動説明⇒勝山は市主導でやっているが、9/28に赤とん
     ぼフォーラムを開催するので、龍野の事例を講演してほしい⇒了解
    5 露風生家の展示パネルとトンボの標本等片付け。農林課へ工事の申請書提出。産業部長に勝山の件説
     明。
    6 シンジェンタジャパン森さん来龍、県民局前家氏らと田んぼの病害虫の実地調査⇒平木と奥小屋~藤井
     さん立会い。その概要まとめ。
    7 朝から小雨の為、亀ノ池調査中止。鎌尾氏より~1匹羽化。
    8 当会の活動のDVDのタイトル整理。ローソン森さんへ田んぼダムの資料説明⇒OK。内海自治会長
     にも説明。竹を切って来年のヤゴ飼育用の筒試作。
    9 亀ノ池の山上調査(鎌尾、森川、坂上、前田)~ネキトンボ多数観察出来た。鎌尾氏1匹羽化。
     光都土地改良の栄藤氏より~申請書一部修正、田植え写真提出。
    10 鎌尾氏1匹羽化。3小学校稲刈り募集フォロー。トンボサミットのHP接続調査。
    11 ヒガシマルより~助成金は無理(財団が決めている文化事業ではない為)。農林課へトンボ池の工
      事の申請書提出。揖龍教育会館訪問~11/10の発表要領の件打合せ。森川氏へ稲刈り申込者リストを
      メール。トンボサミットHP修正完了~今村会長等にメール報告。
    12 前家氏と次の実地調査日程調整⇒10/3(木)9:00出羽氏の田んぼ集合、その後木南氏の田んぼへ
      行く。市役所の産業部の部課長に勝山市の赤トンボの冊子手渡し。前家氏より~今後、農業者のグル
      ープを作って助成金が受けられるようにすべし。休耕田を使って赤トンボを増やすというのは大変良
      いことだ。休耕田であっても利用価値が生まれ、補助金制度に良い影響があり得る。NHKスペシャ
      ル~⇒ミツバチの減少⇒EUがネオニコチノイド系(フィプロニル等)が入った農薬を使用禁止にし
      た。
    13 森川氏と~稲刈りのおやつと飲物購入。上笹の笹山さん~赤トンボを見た。勝山市での講演内容まと
      め。
    14 翌日の天気予報により稲刈り中止決定(青木氏等とも調整) ~参加者に連絡⇒青木さん~コンバイ
      ンで刈り取り。片岡さんより~NPO設立趣意書修正案受領⇒一部修正後、佐藤先生へメール。 
    16 高見元会長より~前日の雨でトンボ池の下の道路に水があふれて、道に溝が出来てしまった⇒現地確
      認⇒県の田んぼダムのセキが原因かもしれない。勝山市での講演内容まとめ。
    17 県の栄藤氏に説明⇒現地で打合せ⇒県で対処したい。高見氏;午後に自治会長が市の下水道課と話し
      合うのでその後の対応とする。ローソンの森さんにも説明。上笹の笹山さん~赤トンボの写真を撮っ
      た⇒明日取りに行く(コノシメだった)。3年間の羽化実績集計。
    18 トンボ池の下の道路の件~高見氏;市で対処することになった。室井氏訪問~勝山で説明するDVD
      の編集依頼。3年間の羽化実績集計。H25年のDVD編集。栄藤氏より~申請書の決裁はOKなので工
      事日程を決めてもらったら良い。
    19 トンボ池の工事日程調整~龍野土木、西播農資等。勝山市での講演内容まとめ。
    20 山上調査(藤井、森川、鎌尾、坂上、前田)~氷ノ山&峰山高原⇒氷ノ山の下にかなり降りてきてい
      た。3小学校と平地調査の日程調整⇒11/2とする⇒バスの見積依頼。金治社長より~NTTのO
      B山本氏へ会の活動を説明しいほしい。
    21 青木氏より~明日の脱穀は田んぼにコンバインを置いておくのでそちらで運転してほしい⇒鎌尾氏に
      依頼。勝山市での講演内容まとめ。脱穀参加者に電話~明日は実施する。アキアカネ調教のDVD編
      集。
    22 脱穀の参加者リスト作成。脱穀実施~児童6人、保護者7人、当会(藤井、森川、鎌尾、坂上、前田)
      平木の大きいカゴのDVD作成。アキアカネ調教のDVD⇒NHKの“投稿Do画”に応募。
    23 勝山市で使用するDVD作成。NTTのOB山本氏来宅~当会の活動説明⇒今後田んぼをテストで使
      っても良いとのこと。青木さんに来年の田植え等確認~5月田植えで良いがコシヒカリの苗代が3万
      円かかるので育苗の指導をしてほしい。また農薬を早めに散布するようにしてほしい。“赤トンボ情
      報募集!”のチラシ案作成。
    24 技術・イベントグループ会議(藤井、森川、鎌尾、前田)。県の栄藤氏とトンボ池工事打合せ日程調
      整。
      企画課に“赤トンボ情報募集!”のチラシを自治会観覧依頼⇒助成金を受けていないのでダメ。チラ
      シ印刷部数は半分の2000枚とし、市の広報(10/25発行)に掲載する~勝山の講演料等で支弁。龍野
      土木の仮設道路工事~9/30からに決定⇒地主さんや自治会長、高見氏、西播農資等に連絡。
    25 “赤トンボ情報募集!”のチラシ2000枚発注⇒10/4納期。市の農林課長に説明。梅玉訪問~現在
      の状況説明、NPO立上げ時の名簿登録OK。
    26 県の栄藤氏らと現地で打合せ⇒具体的なカゴ等の設置場所決定(藤井、森川、鎌尾、坂上、前田)。
      シカ柵の長さ概略測定=約160m、3本線、太陽光式発電とする。森川氏に餅つきと平地調査の募集文
      の検討依頼。大西洋ツーリストより~平地調査のバス代見積受領
    27 勝山市へ(9:55本竜野~14:48勝山)
    28 勝山市で講演後帰着
    29 揖龍教職組の発表原稿作成。NPO登録名簿作成。明日の議題予定作成。
    30 龍野土木、トンボ池の仮設道路設置工事。

2,特記事項(前田)
  1)アキアカネの羽化実績について 
    前田;今回は、農薬の種類別とカゴの種類別の集計を行なった。
  2)前家氏によるアキアカネ飼育田の農薬効果等の実地調査概要(5月田植)  
  3)技術&広報イベントグループ打合せ概要 
  4)“赤トンボ(アキアカネ)情報募集!”のチラシ    
    前田;今後は“自治会回覧”は出来ないが、広報(お知らせ版)と併用してPRしたい。

3,NPO関係書類等について(敬称略)
  ①設立趣旨書(片岡氏による修正案)  別紙⑤
  ②名簿 前田清悟(理事長)、鎌尾 正(副理事長)、森川富夫(副理事長)、藤井達雄(監事)、片岡孝
      次(監事)、山本恵造、青木勝喜、木南正巳、坂上忠正、塩谷哲男、出羽一雄、浜田久也、玉垣 
      一、(以下は調整中)岡村賢司、三木重夫、(10/2木下氏と連絡が取れ、OKの返事あり)
  
4,勝山市での概要 
  その時撮影したビデオ、NHKに投稿した動画映写

5,今後の予定
  1)トンボ池の仮設道路の工事 9/30(月)8:30、10/1(火)8:00
  2)小学校訪問(今後の行事説明);龍野小10/2(水)13:15、揖西東小、小宅小未定
  3)前家氏の実地調査;10/3(木)9:00出羽氏の田んぼ集合
  4)“赤トンボ情報募集!”のチラシ;10/4(金)配布開始
  5)「伊勢自然の里」の平地調査;10/16(水)10:00現地集合
  6)宍粟市での平地調査;11/2(土) 別紙⑦
   ★前田;もし応募者が少ない場合は、去年と同様、改めて篠首等の児童たちに呼び掛けて頂きたい。
   ★後から追加日程~事前調査;10/30(水)9:30新宮支所9:30集合
  7)平木の田んぼでの餅つき(収穫祭);11/16(土)、雨の時は11/30(土)
   10:30~13:00 通知文と申込用紙~別紙⑧⑨
   ★前田;保護者の方にもお手伝いをお願いする文言を入れてほしい。
 8)各小学校の平地調査の日程は今後調整する。
6,前回の積み残し
  全国トンボ市民サミットについて~今回も議題が多く、時間がない為次回報告する。 

7,露風の生家の件
  ★前田;生家の庭の池に竹の竿を立てたら赤トンボがとまるので、竿を立てたい。町並み対策課等は了解済み
   だが、池の底は防水シートを敷いている為に、棒を突き刺せない。L字型の金具にパイプをつけて、それに
   棒を差し込んで立ててはどうかと言われた。
   鎌尾;底面に板をつけて、剣山のように下から釘を打ったら立てられると思う。

8,次回会合日程と場所
  10月31日(木)18:00龍野コルク工業㈱様会議室                  
                                                 以上
スポンサーサイト

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/09/30(月) 00:30:22|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平木の田んぼの脱穀

9月15日(日)は朝から雨で、平木の田んぼの稲刈りは中止し、結局青木さんにコンバインで刈って頂くことにしま
した。残念ですが仕方ありません。
その1週間後の22日(日)に脱穀を行ないました。これも子供たちや親御さんに体験してもらい、アキアカネの生育
と稲作が深く関係していることを身体をもって体験して頂くのが目的です。
今回は、子供6人、大人6人、当会メンバー6人で実施しました。
左の写真は、脱穀をする場所の案内表示で、次の写真は13:15時点の気温が約30℃だったこと、そしてその右は
皆さんが集まりだした処です。
IMG_2007.jpg IMG_2010.jpg IMG_2013.jpg
 
初めに鎌尾さんから脱穀の要領を説明し、その後、主にサオにかかっている稲をコンバインの所まで持って来てもらう
仕事をやってもらいました。
本当はコンバインに稲をくわえ込ませることもやってもらったら良いのですが、やはりそれは慣れていないと危険を伴
いますので、くわえる処は当会の鎌尾さんたちがやることにしました。
親御さんたちはどなたも率先して竿から稲を外して運んで頂きました。勿論子供たちも、大きな稲の束を抱えて一生懸
命運んでいました。
IMG_2015.jpg IMG_2020.jpg IMG_2027.jpg IMG_2034.jpg

さらに、脱穀した稲ワラを道路のガードレールに引っかける作業もあります。作業に加われない小さいお子さんは、お
兄ちゃんやお姉ちゃんの”仕事ぶり”をじっと目を凝らして見つめていました。その後、脱穀したモミを袋に詰める処
を体験してもらいました。モミが勢いよく筒から出て袋に溜まっていく様子を子供たちは興味深げに見つめていました。
多分、米がこんな形(モミの殻につつまれている)をしているのを見るのは初めてでしょうね。
IMG_2040.jpg IMG_2053.jpg IMG_2059.jpg IMG_2066.jpg

最後は、楽しい”おやつの時間”です。ゴザを敷いて、親子で当会が用意したお菓子とジュースをワイワイ言いながら
食べて頂きました。それから”サプライズ”が! 偶然ですが、赤トンボがやって来てくれたのです!
しかし、アキアカネではなく”ナツアカネ”でした。それでも子供たちは大はしゃぎでした。
IMG_2069.jpg IMG_2076.jpg IMG_2080.jpg




テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/09/22(日) 23:31:29|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山上調査(氷ノ山)

9月20日(金)は氷ノ山に2回目の調査に行きました。
今年はある方から山から降りてくるのが早いのではないかと聞いていたので、行く途中で見つかるかもしれないと思い
車窓から目を凝らして見ていました。
すると、氷ノ山の手前のあまり山に入らない地点でアキアカネを発見しました。捕獲して確認すると、正真正銘のアキ
アカネでした。気温は23℃ぐらいで、それ以降もポツリポツと見かけることが出来ました。
氷ノ山の大段ケ平(おおだんがなる)の駐車場に着きましたが、昨年のようなたくさんのアキアカネが枝にとまってい
るという感じではありませんでした。辛うじて枝の先端にとまっているアキアカネを撮影出来ました。
IMG_1818.jpg IMG_1818.jpg IMG_1825.jpg IMG_1832.jpg

しばらく駐車場近辺をウロウロしましたが、やはり数は少なかったです。11時で気温は23℃ぐらいでしたから、決
して悪い条件ではなかったと思います。
そうは言うものの何とか32匹捕獲することが出来、水色のマジックでマーキングして放しました。
IMG_1834.jpg IMG_1836.jpg IMG_1859.jpg

その後、場所を移動し、川の流れている所で休憩している時、メンバーの鎌尾氏と坂上氏が遊びで木の枝を使ってアキ
アカネを”調教”していました。つまり、アキアカネが止まっている枝の先に自分が持っている枝の先を近づけるので
す。そうすると、何と!、彼らが持っている方に飛び移るのです!
これは再現性があり、幸いビデオでバッチリ撮影することも出来ました。
いわゆる”止まっているよ竿の先”はアキアカネの特徴を表していると言われていますが、それがその通り、何度でも
再現出来たということです。
その後写真のように皆で車座になって弁当を食べましたが、その話で持ちきりでした。
さらに、最後の写真はその時撮影したアキアカネの1枚です。
IMG_1878.jpg IMG_1893.jpg IMG_1902.jpg



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/09/20(金) 22:14:56|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山上調査~城山の亀の池

9月9日(月)は、当会メンバー4人で朝8時過ぎから市内の一番高い山・城山(きのやま、標高458m)へ山上調
査に行きました。目的地は、頂上湖の”亀の池”です。
揖西の大成池から尾根伝いに約1時間の行軍です。毎年この時期に行くのは、亀の池の湖面にネキトンボが乱舞する光
景が見られるからです。
しかしこの日はかなり気温の上昇が速く、目的地直前の9:05時点で24℃もあり、”これでは乱舞は見られないか
もしれない”と思いました。
案の定、現地について湖面を見渡すと、遠くにポツポツという感じでネキトンボが飛んでいるという状態でした。
IMG_1473.jpg IMG_1489.jpg IMG_1492.jpg IMG_1498.jpg

幸い1匹だけ岸の石の上にとまっていたのを坂上氏が捕獲しました。当然ですが、”ネキトンボ”です。
その後も粘り強く観察を続け、ようやく少し近くに来たツガイを撮影することが出来ました。
大体、50メートル以上離れた場所に何ツガイか飛んでいるのは分かるのですが、300mmの望遠レンズで捉えるの
は難しいですね。池の周囲で湖面が見られる場所は限られていましたが、何とか接近できる場所を見つけて、かろうじ
てツガイを撮影することが出来ました。
IMG_1513.jpg IMG_1526.jpg IMG_1525.jpg

そうこうしていると、またもや坂上氏が”ツガイを捕まえたでー!”と叫びながら持って来てくれました。よくもツガ
イで捕獲出来たと思います。岸から網の届く距離は知れていますので、偶然近くに来たのをバッチリ捕獲出来たのだと
思います。正にラッキーでした。その後、何とかツガイをそれなりの距離で数カット撮影出来ました。
IMG_1532.jpg IMG_1539.jpg IMG_1577.jpg IMG_1579.jpg
そして最後に、コノシメトンボを捕獲して”終了”しました。最後の写真は、帰路の途中の小屋で一休みしている坂上
氏らです。
IMG_1592.jpg IMG_1630.jpg


テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/09/10(火) 21:06:28|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。