FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

脱穀体験

10月21日(日)は、子供たちと一緒に”脱穀体験”のイベントを実施しました。参加者は、龍野小4人,揖西東小6人,当会等7人、合計17人でした。
脱穀は、大昔の”足踏み式脱穀機”を捜したのですが、見つかりませんでした。結局、青木さんのコンバインを遠い所から運転して運ぶことになりました。一番左の写真が、当会の鎌尾氏が運転して、道路を20分ぐらいかけて走っている処です。真ん中は、初めて使うので鎌尾氏がいろんな機能をチェックしている場面、その右が当会の出羽氏が子度たちと一緒に稲の束をコンバインに挿入している処で、一番右はお母さんと一緒に落穂ひろいを手伝っている場面です。子供たちはみんな元気いっぱいで、楽しそうでした。
20121021_138.jpg 20121021_158.jpg  20121021_164.jpg 20121021_219.jpg
その後は、コンバインの煙突のようなものから出てくるお米(まだ籾ですが)を袋に詰めていきました。その結果、3袋半も採れました。最後は、脱穀後の稲ワラをバケツリレーのように”手渡し運搬”。これは当会の出羽氏が、大昔の野見宿禰(のみのすくね)のエピソードを子供たちに話して聞かせながらリードしました。そのエピソードとは、”野見宿禰が大和から出雲へ帰る途中この地で病死しました。出雲から多くの人が来て川からリレー式に石を運び、墓を立てました。それで「野に立つ人」「立野」といい、いつしか「龍野」になったそうです。”ということです。
20121021_221.jpg 20121021_226.jpg 20121021_228.jpg





スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/10/28(日) 20:51:50|
  2. 小学校と共同
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊勢自然の里調査

10月20日(土)は、坂上氏、玉垣氏、前田の3人で、姫路市の伊勢自然の里環境学習センターに行きました。
開門は10時からでしたので10時過ぎに入場し、気温を測ったら、”23℃”。バッチリ!と期待し、センター内を進んで行きました。しかし、なかなか出くわしません。ようやく見つけたと思ったら”ナツアカネ”でした。
20121020_84.jpg 20121020_86.jpg 20121020_95.jpg
その後もナツアカネやマユタテが続き、キトンボも見かけました。そうしていると、いつもトンボの同定でお世話になっている徳さんに出会いました。そして、ついに”アキアカネ”を発見!また、真ん中の写真は、徳さんに坂上氏が教わっている処、最後は、やや寂しく2人がセンターを出る処です。
20121020_113.jpg 20121020_131.jpg 20121020_142.jpg
結局、この日のアキアカネの成果は、1匹のみでした。

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/10/27(土) 17:05:46|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲刈り体験

10月13日(土)の午後に子供たと一緒に”稲刈り体験”のイベントを実施しました。参加者は、龍野小7人,揖西東小10人,当会等12人、合計29人となりました。
初めは、青木さんや当会の者が指導し、皆さん経験がない為か、おっかなびっくりという感じで、ノコギリ鎌でゴシゴシしていましたが、だんだん慣れてスピードが上がりました。
また、サオに掛けるのもだんだんサマになってきました。一番右は、稲の束をワラ縄で結わえている処です。
20121013_8.jpg 20121013_15.jpg 20121013_32.jpg 20121013_69.jpg
次は、休憩で親子で和気あいあいとおやつを食べている場面です。休憩後は、稲を束にするのを続け、再び元気に稲の束をワイワイ言いながらサオの所まで運びました。一番右の写真のようになりました。めでたく”完成!”です。
20121013_74.jpg 20121013_113.jpg 20121013_138.jpg 20121014_33.jpg

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/10/17(水) 16:08:17|
  2. 小学校と共同
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(平成24年度)第7回たつの・赤トンボを増やそう会会合

10月1日(月)18時から龍野コルク工業㈱の会議室で平成24年度第7回目の赤トンボを増やそう会の会合を開催しました。(別紙関係は省略)
1, 9/10以降の動きについて(前田)
9/11 NHKのニュース神戸発で当会の活動の模様が放映された。(夜のニュース845でも放映された)
 12 朝7:45からの「おはよう関西」でも放映された。出る杭の森さんより電話(9/29の件) 
  13 商工会議所高井氏訪問(8/20の暑気払い報告と今後の方針等説明、今後の協力お願い)
  14 県民局農業改良センター前家氏訪問(NHKビデオ映写、県の助成金について~“風景を活かす“という
    枠があり、トンボ池周辺のイメージ図を作るべし。農業者については当会の下部組織として農業従事者
    から構成される”赤トンボ米研究会“を作ったら良い)
  15 上田教授より「自然保護」の冊子郵送(上田先生の論説で当会の活動に言及)。ローソンの森さん訪問~
     トンボ池の下の地権者は別の人。高見会長より電話~稲刈り等の日程の件
  16 8:30大成池集合(藤井、森川、坂上、前田)、亀ノ池で山上調査~ネキトンボがかなり近くに飛んでいた
     (やや時間が遅かったかも)。上田教授へメール(冊子のお礼と羽化状況報告)。青木氏と稲刈りの日程
     再調整。NHK中村さんへ上田先生の論説をPDFにしてメール~全国の半数以上の府県でアキアカネが
     千分の1に減少しているという証拠文献。藤井氏より、来年の外部講師として「宇根豊氏」(元“農と自
     然の研究所”代表)の提案あり~赤トンボと農業の関連を団体の設立趣意書の冒頭で記述。
   17 HPに活動記録記事追加。青木会長電話~餅つきの道具は1セット出せる。
   18 鎌尾氏より電話~さらに1匹羽化。
   19 小宅小訪問~中山教頭に今後の行事説明、募集依頼。法務局でトンボ池周辺の地権者調査~約20人。
     揖西東小訪問~平形校長に今後の行事説明、募集依頼。学校の平地調査は11/5とする。
   20 8:00新宮支所集合(森川、坂上、前田)氷ノ山調査~10:00大段ケ平到着、曇りで気温が低かったが、
     昼ごろ気温が22℃になりポツポツ出てきた。龍野小訪問~梅本校長と堀先生に今後の行事説明、募集
     依頼。
   21 鎌尾氏より電話~さらに1匹羽化。山崎の米田氏とミジンコの件電話。シンジェンタジャパンの阪上氏
     より“谷幸三氏”を紹介頂く。中垣内自治会長への依頼文作成
   22 谷氏へ挨拶のメール。高見会長へ依頼文手渡し。HPに活動記録記事追加。県に申請するトンボ池の
     助成金の下打合せの日程調整(藤井、鎌尾、森川、坂上)
   23 県民局地域ビジョン委員会出席。米田氏訪問~ミジンコ受領。谷氏へ電話。アキアカネ情報募集のチラ
     シ印刷発注~4,000枚、9/29到着予定。HPに活動記録記事追加。
   24 チラシ印刷業者と調整。揖西の方より赤トンボを捕まえたので見てほしいと電話~訪問、マユタテだっ
     た。大西洋ツーリスト電話~バス2台の件
   25 ミジンコ確認~少なくなった。総務課江尻氏訪問~自治会回覧の宛名のデータ受領。アグロでミジンコ
     飼育用水槽等購入~ミジンコを水槽に移す。
   26 三九番地で打合せ(藤井、鎌尾、森川、坂上、前田)~トンボ池の使い方、市内のトンボ調査、自治会
     回覧等。9/29の出る杭交流会のPPT資料作成。出る杭の森さん電話~出来るだけ県との接点を増やし
     て予算をもらった方が良いとのアドバイス。
   27 NHK「おはよう日本」で29日6:00~8:00の間に放送されることが確定し、当会関連者や友人にメー
     ル、川西地区のお店等に伝達。青木会長より、10/21の脱穀が法事の為出席不可となった。だれかコン
     バインの操作をやってほしい。
   28 NHK放送の件関係者に連絡。自治会回覧の件各支所に確認~御津10/9の11:00迄、揖保川10/9の
     16:00迄、新宮10/5の17:00迄。三木露風生家検討会出席。関西TVで「赤い霊柩車」放映~龍野を
     背景に武者行列と赤トンボ(折り紙)が題材になっていた。
   29 NHKおはよう日本で6:47~6:52ぐらいに放映された(一部前回のものと異なっていた)。
      9:00出発~出る杭交流会へ出席(阪上、出羽、前田)、前田が発表、青木営農(直播き栽培だと箱
     処理剤が不要とのこと)、土方特別栽培米研究会(ほとんど無農薬でブランド化)等の2チームと懇談。
     NPO講座出席~講師の佐藤氏に今後のNPO化に向けて支援依頼。自治会回覧用宛名の表紙印刷
   30 鎌尾氏より電話~さらに1匹羽化。明日の議題予定等まとめ。青木農会長と平木の田んぼの件調整

2,アキアカネの羽化実績
  前回9/7時点で63匹と報告したが、鎌尾さんのトロ箱からさらに5匹羽化し、合計で68匹となった。
  その内57匹がマーキング済み。

3,今後のスケジュールと“稲刈り~下牧谷への平地調査”の出席者応募状況
   別紙①(今後も実施に向けていろいろ調整していくが、小宅小は再募集で10/4締切りに変更)
  
4,県民局農村計画課助成の前段階の検討状況について(トンボ池の環境整備案)
  別紙②(とりあえずこの案で県民局に打診する)

5,今後の課題
  1)来年のヤゴの飼育方法等について
    <前回の会合での意見概要>
   ・来年は、孵化後早い段階で田んぼに放流したいが、田植えが6/17としたら、平均的にヤゴが羽化するの
    は2ヶ月後の8/17になってしまう。それでは遅いと思うので、出来たら5月に水を入れられないか?
   ・1箇所だけ早く水を入れることは難しい。田んぼに準じた所を別に作る必要がある。皆と一緒でないと
    問題になる。ポンプで水をくみ上げている場所は電気代等も問題になるだろう・・・etc。
  
 <今後検討すべき内容>
   A,上の結果を踏まえ、青木農会長にご相談した。結論としては、来年も実験で使えることを確認。また、
     水を早く入れることについても“出来るだけ協力したい。平木の田んぼに早く水を入れるのは可能だ。
     まわりの田んぼの人たちも協力してくれるだろう”と言われたので、早い段階で卵やヤゴを放流する
     実験は可能になった。(5月に水を入れ、下の田んぼに影響がないようにするのが重要)
   B,実験用の田んぼの区割り(どういうことを比較したいか)と面積をどうするか?(最大1反まで可能)
   C,実験用飼育カゴのサイズと構造をどうするか?
   <意見>
    ・稲を囲わずに横にカゴを設置し、そのカゴは底にメッシュを張ってカエル等の卵が入っていない土を
     いれてはらどうか?
     前田;良い方法だと思う。稲と隣接させることで稲の周りの水と同じ水ということになり、またオタ
        マジャクシも排除できそうだ。
    ・底を板にしたものに土を入れたらどうか?
     前田;それも良い方法だと思う。これだとリンゴ箱を使える。また、土を入れずに卵が見えるように
        したら、いつの時点で孵化したかが分かるかもしれない。
    ・カエル等の卵が入っていない土をどうやって作るか?
      ⇒土を蒸すか、カエルが卵を産まない冬に水の中で土を網で濾(こ)したら良い。(1mmメッシ
       ュぐらい)
    ・家のトロ箱で羽化したが、その中の1つでは2匹しか羽化せず、他の1つでは18匹羽化した。その
     点についても、なぜそうなるのか要因をさぐりたい。
    ★これらについては今後も引き続き検討していく。

  2)来年度のNPO化に向けて;出来たら早いうちに前述の三田市在住の関西大学非常勤講師の佐藤氏を訪
    問して具体的な進め方等を相談しに行きたい。(設立準備のサブとして誰か1人お願いしたい)

6,その他
  ①無農薬農法についていろいろ聞きに行きたいが、もう少し農業を実際にやっているメンバーを増やせな
   いか?⇒出羽氏にも依頼。前田も小宅地区に働きかけたい。
  ②今後市民の方からアキアカネ情報が提供されるが、“現物”の場合の確認者を増やしたい。
   前田;森川氏と鎌尾氏にお願いしたい⇒OK
   ・捕獲したものを放す前に、1つの羽根に点を2つつけて、二重カウントを防ぐ必要がある。
  ③次回会合日程と場所~11月6日(火)18:00龍野コルク工業㈱様会議室 
  ④その他
   ・先日(9/25)も平木の田んぼに行ったらナツアカネが沢山いた。確実にいる場所なので来年も観察
    場所にしてはどうか。
   ・うち(篠首)にもナツアカネは沢山いた。
   ・今年は、トンボ自体が多い気がする。ネズミやフクロウも増えた。エサとなるトンボが増えたからフク
    ロウも増えたのかもしれない。
    また、ウスバキトンボも多く、それが赤っぽく見えるので、それらを赤トンボだと思っている人も多い。
    アキアカネかいつ頃から平地に下りてくるのかをもっと分かるようにしたり、アキアカネ、ナツアカネ、
    マユタテアカネ、コノシメトンボ等の見分け方をもっと分かりやすくチラシに盛り込んで、市民の方に
    知らせた方が良い。
   前田;市民の方々からの情報は、大半がマユタテアカネだ。分かりやすい写真を出す必要があるが、なか
      なか良い写真がない。気にはなっていたが今回は時間がない中で従来通りの内容でチラシを出した。
以上

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/10/07(日) 15:19:59|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード