FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トンボ池のカゴ改修作業(その1)

12月4日(日)は、朝から中垣内のトンボ池の飼育カゴの解体作業を行ないました。当会会員の久保田さん、鎌尾さん、玉垣さんと小生の4人で9時半ごろから取り掛かりました。
まず、カゴの解体ですが、カゴは背が1.8mのものと1.4mの低いものがあり、後者の方を解体することにしました。このカゴを作った時は“とりあえず“ということで作り、柱を深く打ち込んでいないのでどれだけ持つか心配でした。しかし、結局2年近く何とか壊れずに済みました。

解体はビスの逆戻しで、比較的簡単にはずしていきました。その次は、網と支柱を撤去し、土を30cmぐらい掘って別の場所に移しました。この作業が大変で、備中クワやスコップを使って掘り起こし、その土を1輪車を使って運び出しました。
皆さん、黙々と作業をして頂き、休憩を度々取りながら何とか午前中でやり終えられました。特に、まだ雨の水がたまっていたので、水気が多く、土が重くなって、かなり大変だったと思います。

ただ、作業中と作業終了直後に赤トンボ(ナツアカネ)が飛来し、皆さんの顔がほころびました。最後の赤トンボは交尾体で、貴重な写真が撮れたのはラッキーでした。

なお、今回の作業ですが、何をしようとしているかと言うと、トンボ池のカゴの中の保水力を高めるために、地面の下に防水シートを敷くのです。3年間実験しましたが、どうも溜めた水が早く無くなってしまうので、どうやら地下に水が吸い込まれてしまっているのではないかということになりました。ですから、下にシートを敷いて水が漏れないようにしていくのです。
この方法は、以前埼玉県寄居町のトンボサミットに行った時に、かなり大きなトンボ池の下にシートを敷かれていましたので、それを参考にしました。来年、時期を見てシートを敷き、その上に土を戻し、さらにカゴを再設置していきます。
次は、作業の模様とナツアカネの写真です。
s20111204_17.jpg s20111204_19.jpg s20111204_21.jpg s20111204_24.jpg

s20111204_29.jpg s20111204_36.jpg s20111204_44.jpg s20111204_48_20111217233429.jpg

s20111204_52.jpg s20111204_67.jpg s20111204_68.jpg s20111204_74.jpg









スポンサーサイト

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/12/10(土) 23:38:05|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第9回たつの・赤トンボを増やそう会会合

11月28日(月)19時から龍野コルク工業㈱の会議室で第9回目の赤トンボを増やそう会の会合を開催しました。
1,11/8以降の動きについて(前田)
  9 平地調査準備、前回会議議事録まとめ、会員募集&協賛のお願いチラシ整理
  10 龍野小平地調査(31人、龍野公園調査、結果はゼロ~曇りで気温が16-20℃と低かった)議事録メール。
    8chの金曜日の疑問の放送の中に出ていたアキアカネが多かった勝山市調査
  11 市役所環境課野間氏に勝山市ヒアリング同行OK、石川県立大上田教授と勝山市環境コーディネーター前園
    氏へ訪問希望の件メール。八瀬家訪問。NHK放送日のチラシとロビコンチラシ等お店へ配布。次回会合
    準備。篠首訪問時に鎌尾氏よりアキアカネの卵の保管方法について相談。卵の飼育方法の資料作成。平地
    調査記事HPへアップ、片岡社長より会員・協賛募集のチラシ変更案受領、印刷。
  12 会員・協賛募集のチラシを市内飲食店等に配布。
  13 坂上氏と宍粟へ平地調査No3~オス8匹、メス9匹捕獲。紙上社長と合流。神大・竹田先生に手渡し。
   (1カ月後ぐらいに遺伝子分析結果が出る見込み)紙上社長より赤トンボ受領⇒ナツアカネだった。
  14 揖西東小・平地調査(養護学校東側)実施。アキアカネ4匹(全体で21匹捕獲出来た~気温が22℃より
    上回った)。謝礼2万円受領。坂上氏トンボ池案内~アキアカネ交尾体発見・卵を産ませた。前回議事録
    作成。会合の記事・HPアップ。上田教授より“東京の講演”のお誘い。
  15 上田教授のお誘いお断り。
  16 議事録郵送・配布。
  19 会員・協賛募集のチラシを市内飲食店等に配布。ボンジュールより協賛金。
  20 会員・協賛募集のチラシを市内飲食店等に配布。桑野議員来宅~市議会で赤トンボの件を取上げたい~中
    垣内トンボ池を学習が出来る施設にしたい、下笹は赤トンボ米に。露風の生家等説明。
  21 勝山の前園氏から返事がない為、静岡県桶ケ谷市の福井氏へ講演の件メール。
  22 片岡社長訪問、各種ご相談。
  23 勝山の前園氏より12月は忙しいという回答。市役所野間氏にもその旨連絡。
  <意見>
  a;篠首はどういう農薬を使っているか?
  b;篠首の農薬は調べる。また、篠首では、株を早く腐らせる為の農薬も使っている。これもアキアカネにど
    う影響しているか心配だ。
2,会員・協賛募集のチラシ  別紙(省略)

3,市民の方々からの情報提供の状況
  1)電話及び市役所等への連絡件数(含む、持込み)  83件(11/6より10件増加) 
  2)インターネットへの書込み件数              53件(11/6より1件増加)
  3)アキアカネの同定数  15匹(11/6より4匹増加~御津・中島の三木氏)~昨年10匹

4,石川県立大上田教授の見解について
  ①勝山市では特別な保護活動を行っているわけではありません。水田の作り方も最近は全国一律になってきま
   したので、大きな差はないと思います。ですから、現地をご覧になってもあまり参考にならないのではない
   かと危惧します。
  ②勝山と石川で個体数に著しい差がありますが、その原因は、前回の添付書類にも書きましたが、もっぱら、
   田植え時に投入する殺虫剤(箱処理剤)の種類の違い(ここ20年ほどの累積使用量の違い)によると考えら
   れます。たつの市でこれまでどのような殺虫剤が使われてきたか把握できませんが、兵庫県全体としてみる
   とこの農薬の比率が高いようです。
  ③アキアカネを増やすために一番肝心なことは、JAや農家にお願いして(可能なら)、殺虫剤を使用しないよ
   うにしてもらうか、パダンという殺虫剤に変更してもらうことです。(以下省略)
  ④具体的な農薬による影響の調査結果資料 別紙(省略) 
   <意見>
  c;上田教授が指摘されている農薬がアキアカネ減少の大きな原因となっているのなら、今後市が取組む
    としたら、試みとして農薬の変更のテスト等も一緒にやってもらった方が良いと思う。農家にも具体的な
    やり方を説明したら実際に協力してもらえるのではないか。

5,今後の予定について 
  1)12/4(日)10:00よりトンボ池のカゴの撤去作業と4m四方の底の土をいったん別の場所に移す。いっ
    たん2つのカゴを撤去し、寸法を測ってレイアウト等も検討したい。カゴの再設置は来年になってから行
    なう。
  d;道具の問題があるがどなたかドリル、スコップ等を持っておられないか?小生は、鍬と備中鍬、小型耕運
    機を持って行く。
  e;インパクト(ネジ用ドリル)とスコップはあるので持って行く。
  f;稲作との兼ね合いはどうするのか?
  g;トンボ池全体をカゴで覆うのは出来ないので、従来同様、取水口の近くに4m四方で高さが1.8mぐら
    いのカゴを設置し、それ以外のところは稲を作りたい。
  h;畦シートをきっちりしないと水が漏れやすい。
  i;それ以前に、今の状況は水がすぐに無くなるので、下へ抜けているのではないかと思う。
  j;ということは、代かきをしっかりしないといけないと思う。

  2)来年実施する今年度の活動報告会と講演会について
    実施時期は2月で、講師については現在調整中。今までは全般的なトンボに関する講演内容だったが、今回
    は実際にアキアカネがいる場所の実態についていろいろ聞きたい。例えばそこの農法とか環境等を具体的
    にお聞きしたら今後の我々の取組みの参考になると思う。
  <意見>
  k;上田教授がいろいろ具体的に実験されているのでこの方にお願いしてはどうか?特に、アキアカネを増や
    す上で“これだけはやってはいけない”ということがあれば知りたい。
  l;現在お一人調整中なので、その結論が出てから検討させて頂きたい。

  3)トンボ池の稲作の方法について
    今後田植えや刈り取りをして餅つきをやれるようになるには少なくとも次のようなことはクリアしないと
    いけない。今後具体的に検討していきたい。
    ・トラクター・耕運機等が使えるか? 
    ・モチ米が植えられるか? 
    ・田植えの時期をいつごろにするか? 
    ・土地がやせていないか?施肥の必要性等。 
    ・水位を一定に保つ方法をどうするか?

  4)下笹の飼育カゴと方法について
   a,木枠を篠首と同じように高さ30cmぐらいにすることは前回お話したが、先日、育苗時に農薬を使用されている
     ことが分かった。
   b,現在使用している農薬をパダンに変更できるか?⇒今後JAに確認していく。

6,活動資金の調達について
  ①先日、揖西東小さんより一連の行事に対して2万円頂き、またボンジュールさんより3,000円頂いた。
  ②今後、片岡社長より、ロータリークラブ、青年会議所、納税協会等にも入会&協賛のチラシを配布して頂
   く。(子供たちが参加出来るような田植えと餅つきが出来るようであれば青年会議所も協力したいと言われ
   ている)

7,次回の会合日程と場所;12/27(金)19:05~21:00 龍野コルク工業㈱様会議室
  ①今年の年間の活動のまとめ 
  ②来年行なう「今年度の活動報告会と講演会」について
  ③卵の眼点確認について(顕微鏡で実際に見て確認します)
  ④今年テレビで放送されたDVD観賞(NHKニュース、関西TV、NHK名曲アルバム)
                                                     以 上

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/12/06(火) 22:16:17|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。