FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

篠首地区での平地調査会

11月13日(水)は、新宮の篠首地区の赤トンボの平地調査を、篠首自治会幹部の方々4人と当会会員
4人、計8人で行ないました。10時から開始しましたが、あいにく天気は晴れたり曇ったりで、黄砂で
モヤがかかったような状態でした。気温は10:05時点で14℃ぐらいでかなり低いと言えます。アキ
アカネが出てくる可能性がある22℃にはほど遠い状況です。水たまりも見つけ、みんなで目を凝らして
捜しましたが赤トンボの姿は見当たりませんでした。
DSC07865.jpg DSC07868.jpg 
その後場所を替え、昨年もアキアカネが何匹か発見された玉垣氏の自宅裏の山すそに行きました。しかし、
10:27の気温は15℃と、低いままでした。次にもう1箇所、昨年アキアカネがいた南の田んぼに向かい
ました。
この場所では10:39に19℃迄上がりましたが曇ってきてすぐに下がりだしました。気温がなかなか上が
らない状況では難しいと思いました。

その後、もう一度川を渡って一番最初の場所に行きました。ここで11:01、気温が20℃を少し超えま
した。しかしまったくトンボは現れません。さらにもう一度玉垣氏の裏山に行きましたが同じでした。(11
:30、20℃)
DSC07946.jpg >DSC07990.jpg DSC07993.jpg

そしてさらに南の田んぼにも行きますと、ここで玉垣氏が突然走りだしました。しばらくして戻ってきた
玉垣氏は、”さっき、赤トンボがいたのでカメラの望遠レンズを取りに行っていた”とのことでした。ミヤ
マアカネらしいのが1匹と赤いトンボ1匹だったようです。
その後も別の場所に移って捜しましたが見つからず、11:48に18.5℃ぐらいに下がってきました
ので、調査を終了することとしました。
なお、玉垣氏が、調査終了後の12:30ごろに撮影したトンボの画像を掲示板に投稿されました。この
トンボは専門家に見て頂いたところ、マユタテアカネでした。残念!
DSC08004.jpg DSC08011.jpg DSC08013.jpg





スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/20(土) 01:00:24|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍野公園での平地調査会

11月10日(水)は、龍野の川西地区の赤トンボの平地調査を、龍野小3年生の授業の中で実施して頂きました。場所
は、龍野公園です。
3年生の児童30人と先生2人が徒歩で龍野神社の中にある聚遠亭(しゅうえんてい)に向かいました。聚遠亭の茶室の
周囲は葉っぱが紅くなり始めていました。児童達はすぐに池の周りを捜し始めましたが、なかなか見つかりません。
天気は曇りで、前日より気温が低くなっている感じがしました。温度は11:06で17℃ぐらいでした。
sDSC07632.jpg sDSC07640.jpg sDSC07644.jpg sDSC07650.jpg
sDSC07653.jpg sDSC07659.jpg sDSC07669.jpg sDSC07672.jpg

しばらく捜しましたが見つからないので次の場所に移動することとしました。次は市民グランドの山すその小川の所です。
赤トンボは水辺のところにやってくると考えてこの場所にしたのですが、ここでも苦戦しました。11:15で逆に15℃程度
に下がってきました。しかし、児童達は下の写真のように一生懸命探していました。
sDSC07679.jpg sDSC07684.jpg sDSC07692.jpg sDSC07693.jpg

11:24には16℃ぐらいに戻りましたがまだアキアカネが活発に出てくるような雰囲気ではありません。
そういう中で、ある児童が”竿を立てていたら止まるから、虫捕り網の棒を立てよう”と言って、棒を立てているのが左から
2枚目の写真です。
そうしていると”あっ、赤トンボや!捕まえた!”という声が聞こえ、何人かの子供たちが集まっていました。
待望の1匹です。ただ、メスなのでアキアカネかナツアカネが微妙でしたので、後で専門家に写真判定して頂くことにし
ました。また、一番右の写真は、今の時期では珍しいヤゴがいたので撮影したものです。
sDSC07698.jpg sDSC07704.jpg sDSC07709.jpg sDSC07712.jpg

帰りは、童謡「赤とんぼ」の作詩者、三木露風の立像の前を通って学校に戻りました。
そして学校では小生が赤トンボについて若干お話させて頂きました。右から2枚目は、先日の下牧谷の調査で収集した
アキアカネの卵を、児童達が順番に見ている場面で、一番右は、アキアカネとナツアカネの違いを黒板に図を書いて説
明しているところです。
sDSC07727.jpg sDSC07737.jpg sDSC07739.jpg sDSC07746.jpg

最後の”質問”のコーナーでは、”他の種類と交尾しないのですか?”、とか”アキアカネの特徴は?”という質問がありま
した。そしてさらに”なぜアキアカネが減っているのですか?”と鋭い質問が出てきました。これについて、ある児童から
”農薬や”という声が出て驚きました。小生は、温暖化や環境ホルモンの問題があると言われているが、まだ分からない
ことが多いと答えざるを得ませんでした。
左の写真は児童達が質問しているところ、右の写真は今回捕獲した赤トンボですが、専門家の同定で、残念ながら
”ナツアカネ”のメスでした。
sDSC07747.jpg sDSC07756.jpg

 




















テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/10(水) 23:18:58|
  2. 小学校と共同
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宍粟市「下牧谷」での調査会

11月6日(土)は、アキアカネの調査と捕獲するために宍粟市の下牧谷へ行きました。朝、8:30に龍野小、
小宅小に各々集合し、バスに乗って現地に向かいました。
参加者は、当会会員が3人、講師の先生が1人、龍野小が10人(3,4年の児童5人、父兄4人、先生1人
)、小宅小14人(3,4年の児童等10人、父兄1人、先生1人)、龍野高校生物部員2人の合計30人です。
小宅小と龍野高校は今回初参加でした。
sDSC07321.jpg sDSC07336.jpg sDSC07338.jpg sDSC07340.jpg

現地に着いて、まず田んぼの中の水たまりを調べました。しばらく経過し、10時前にはで気温が18℃ぐら
いになってきましたので調査を開始しました。子供たちはさっそく元気良く網を持って駆け出しました。しかし
、今回は昨年と違ってトンボが飛んでいる様子ではありません。事前調査でもほとんどいなかったので、そ
の不安が的中したような感じでした。
10:08には気温が22℃になり、途端に”捕まえた!”の元気良い第一声が聞こえてきました。種類は、ミヤ
マアカネでした。さっそくフィルムケースを渡したら、手際良く卵を産ませてくれました。しかし、他の子ども達
も一生懸命目を凝らして見つけようとしますが、なかなか見つけられません。
sDSC07353.jpg sDSC07356.jpg sDSC07364.jpg sDSC07368.jpg

大人の方々もどこにトンボが飛んでいるかを捜そうとしていました。左の写真は”アソコにいるよ!早く!”と
子供たちに声援を送っていました。そういう中で、徐々に捕獲した子供たちが戻ってきました。10:24には
25℃になっていました。その後も子供たちはトンボを追っかけて奮闘しましたが、なかなかアキアカネが見
つかりませんでした。
sDSC07370.jpg sDSC07381.jpg sDSC07393.jpg sDSC07412.jpg

もう終了予定の11時に近づいてきましたので、”帰りますよ~”と叫んだ瞬間、背後から”アキアカネのツガ
イを捕まえた!”の声が聞こえました。待望のアキアカネです。2匹セットにして見せてくれましたので、うまく
写真を撮ることが出来ました。また、卵も産ませることが出来ました。そして講師の方に同定して頂いている
場面が右から2枚目です。その後そこを引き上げ次の場所へ移動することとなりました。
sDSC07425.jpg sDSC07435.jpg sDSC07447.jpg sDSC07457.jpg

次の場所は、キタコーという会社の東側で、時間が無いので”ちょっと見るだけ”というつもりで案内しました。
チラッとバスの窓から見たら、ナント!交尾体がいましたので、急きょ下車してもらいました。そうしたら、水
たまりの上を交尾体が何体か飛んでいました。”ここのが多いやん”と皆さん興奮ぎみでした。ここでも元気
良く子供たちは駆け回り、捕獲した交尾体のメスに卵を産ませることにも成功しました。
sDSC07464.jpg sDSC07469.jpg sDSC07471.jpg sDSC07476.jpg

今回の調査会は、初めはなかなか見つかりませんでしたが、あきらめかけた時にようやくアキアカネを捕獲し、
その後、トータルでは36匹の赤トンボを捕獲出来、最後にはみなさん喜んでおられたと思います。
捕獲した内訳は次の通りです。アキアカネの♀9、♂6、ナツアカネの♀5、♂7、ミヤマアカネの♀1、♂6、
マユタテアカネの♂2でした。ミヤマアカネ等の卵も採取出来、参加された皆さんに感謝申し上げます。

その後、トンボ池の大きいカゴに捕獲したツガイ等を放しました。このカゴの中に水たまりを作っています。
うまく交尾してくれて卵を水たまりに産んでくれたら良いのですが・・・。狭いカゴの中に入れるのは心苦しい
のですが、少しでも増やすことにつながるのであればという思いで実験しています。
sDSC07487.jpg sDSC07515.jpg sDSC07531.jpg sDSC07533.jpg

また、採取した卵ですが、左の2枚は産卵後約3時間ぐらいの時の写真です。右の2枚は、今朝9時半ぐらい
に撮影したものです。茶色く変色しているのが分かります。この卵は龍野高校の生物部にも分配し、孵化させ
る実験に参加して頂く予定です。
sDSC07571.jpg sDSC07576.jpg sDSC07608.jpg sDSC07614.jpg









  1. 2010/11/07(日) 10:09:42|
  2. 小学校と共同
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中垣内での平地調査会

11月4日(木)は、赤トンボの中垣内での平地調査と捕獲を目的として、揖西東小3年生の授業を実施して
頂きました。場所は、昨年と同じ播磨養護学校の東側の田んぼ付近です。
3年生の児童42人と先生3人が徒歩で現地に到着し、中垣内自治会からも助っ人として7人ほど出て頂きま
した。この助っ人は大変助かります。
天気は晴天でしたが、トンボ収集開始直前の9:23では、気温は14℃でした。かなり気温が低い感じです
が、下牧谷の例ではすぐに気温は上昇すると考えていました。9:30から収集を開始し、9:35には16
℃になり、早速イトトンボを捕まえた児童がいました。多分昨年同様20℃ぐらいになったら、山すその藪か
ら赤トンボが飛んでくると読んでいましたら、徐々にそんな雰囲気になってきました。
sDSC07020.jpg sDSC07028.jpg sDSC07039.jpg sDSC07042.jpg

その後すぐにアキアカネらしき赤トンボを捕獲したということで、先生がカゴに入れて持って来られました。
そのトンボは一番左の写真です。多分アキアカネのオスと思われます。
その後、9:51には19℃になっていました。。また、右から2枚目の写真のように先生も夢中で捕獲され
ていました。そして次々と”いた!”、”おったでー”という声が方々で聞かれるようになりました。
sDSC07052.jpg sDSC07057.jpg sDSC07063.jpg sDSC07066.jpg

捕獲作業の途中で、先生は児童達を臨時に集めて”捕まえ方”などを講義。そして、卵を産ませる実験。すぐ
に卵を産み始めましたので、児童達は必死で見つめていました。また、先生は、ミヤマアカネを捕獲されたの
ですぐに写真を撮りました。10:46には24℃まで上昇してきました。
sDSC07087.jpg sDSC07098.jpg sDSC07124.jpg sDSC07128.jpg

その後も児童達は元気に走り回り、卵を産ませる場面が何回かありました。11時には捕獲作業を終了し、み
んな満足げに先生のお話を聞いていました。また、中垣内の自治会の方々にはこの場所から遠い平木地区
にも足を伸ばして頂き、何匹か捕獲して頂きました。そのような自治会の方々へも児童達は”ありがとうござ
いました!”と元気の良い声でお礼を言って(叫んで)いました。
sDSC07132.jpg sDSC07134.jpg sDSC07140.jpg sDSC07157.jpg

学校に戻り、小生が講師となって、初めにハーモニカで同様「赤とんぼ」を演奏し、赤トンボを増やそう会の
活動のことや、赤トンボの種類とアキアカネの一生などの話をさせて頂きました。その時の模様が下の写真
です。そして、最後にこの日捕獲した赤トンボの集計をしましたら、ナント、24匹となりました。皆さんに
分かるよう黒板にそれを整理して書いて頂きました。実際には、専門家の方に同定して頂いてから決定する
こととなるのですが、専門の方に同定して頂いた結果、それで間違いないとのことでした。
sDSC07164.jpg sDSC07166.jpg sDSC07170.jpg sDSC07174.jpg
採集した卵はシャーレーに移し替えました。約1日経った今朝の状況が下の写真です。
今回は、ルーペで拡大した写真も映してみました。本来なら、受精卵であれば1日経過したら茶色に変色する
と言われていましたように、茶色い粒が見えます。今後は12月になったら冷蔵庫で保管し、4月まで”冬の
状態”にして、その後孵化させる予定です。楽しみですね。
sDSC07241.jpg sDSC07248.jpg sDSC07254.jpg










テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/04(木) 23:04:57|
  2. 小学校と共同
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宍粟・下牧谷の事前調査(2回目)

11月2日(火)に、再度宍粟市の下牧谷へ行き、事前調査を行ないました。
8:20に自宅を出て、10:00に目的の田んぼの横の空き地に着きました。だいたい40分で来ることが出来ます。
気温を測ると20℃でしたが10:30には22℃ぐらいになりました。天気は晴れでしたが風がありました。
風が吹いている証拠として、網を立てて網の部分が横に真横になっている写真を見て下さい。
sDSC06589.jpg sDSC06605.jpg
11:00に24℃になりましたが、1匹も見られませんでした。
その後、場所を替えて、キタコウのところに行きました。ここでは1匹だけ赤トンボを見つけることが出来まし
た。そして待望の写真を何とか撮影出来ました。その写真が2枚の写真です。
sDSC06624.jpg sDSC06632.jpg 



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/03(水) 22:07:26|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード