FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

佐用町「大坪」での調査とトンボ池のカゴ再設置

10月30日(土)は、アキアカネの調査と交尾体を捕獲するために、3小学校の児童達や保護者の方々と一緒
に佐用町の大坪に行く予定でしたが、あいにく台風が来ている為に前日からその対応に追われました。
朝起きたら小雨が降っていましたので、やむを得ず”中止”を決定し、出席の方々に連絡しました。
小学生の保護者の方に電話をしたら、皆さん大変残念がっておられました。しかし、雨だとトンボは飛びませ
んし、また、子どもさん達が雨の中で風邪をひいたり、事故を起こしては元も子もありません。

ところが、8時半ごろから徐々に雲が薄くなって晴れ間さえ見られるようになってきました。”うーん、行くか
、行こまいか”、大変迷いました。とりあえずダメモトということで、当会会員3人で佐用へ行ってみようという
ことになりました。
現地に着いたら曇りで雨は降っておらず、気温は22℃ぐらいでした。しかも水たまりも何カ所かあり、これは
アキアカネが出てきやすい状況ではないかと期待しました。
しかし、飛んでいたのはチョウが1匹だけでした。
ふと、水路を見るとカワニナやメダカがいました。そういう中で同行の2人は、タガメを見つけました。やはり
ここは自然が多く残っている所だと感心しました。
sDSC06477.jpg sDSC06486.jpg
3人でお茶を飲んだ後1時間ほどしてから再度調べてみましたが、やはり状況は変わりませんでした。朝方まで
雨が降り、トンボとしては曇りなので羽根がなかなか乾かず、飛び回ることが出来ないのではないかと推察し
ました。
今回、もし小学生達とここに来ていても雨は降らなかったというものの、実際にはトンボは飛んでいませんでし
たので、皆さんガッカリされたと思います。
次回は、11/6に宍粟市の下牧谷でチャレンジします。何とか天気になってほしいですね。
sDSC06525.jpg sDSC06519.jpg sDSC06504.jpg sDSC06500.jpg 

午後は、トンボ池の飼育用のカゴの再設置を行ないました。実際は数日前から前のカゴを解体し再設置作業を
行なっていました。この日は網を張る作業が主体です。2人で作業を行ない、ようやく設置出来ました。
このカゴは、捕獲したツガイの成虫を入れて卵を産ませる実験と、トンボのヤゴをここで飼育するためのもの
です。前に作っていたカゴは狭いようなので高さは低いですが、平面積は4倍に拡張しました。
昨年は一気にかなりのツガイを入れた為か、中で混乱した状況が見られましたので、今回は1ツガイから試し
てみたいと思います。
下の写真の左2枚は前日までの作業状況で、右2枚は、その時の夕焼けの模様です。
sDSC06429.jpg sDSC06435.jpg sDSC06445.jpg sDSC06465.jpg
作業をしている時に1匹の赤いトンボが飛んできました。ひょっとしたら我々のやろうとしていることを暖かく
見守っていてくれるのかなぁと勝手に思いました。
何とか、このカゴがアキアカネの増殖に役立ってほしいですね。
下の写真は今日の最終状況です。
sDSC06533.jpg sDSC06537.jpg sDSC06539.jpg













スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/30(土) 21:39:08|
  2. 小学校と共同
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宍粟・下牧谷の事前調査

10月29日(金)は、宍粟市の下牧谷へ行き、11月6日(土)に行く前の事前調査を行ないました。
8:40に自宅を出て、9:15に現地に着きました。着いてすぐに、田んぼの中の水たまりを捜して車をゆっくり走ら
せ、幼稚園のすぐ横の田んぼをはじめ、何カ所か見つけることが出来ました。

気温を測ると18℃でしたが9:30には20℃にすぐ上り、さらに10:00には23℃になりました。天気は曇りで
台風の関係でやや風がありました。
10:15に26℃になり、10:20頃に1ツガイの交尾体を発見しましたが、残念ながら写真を撮ることが出来ません
でした。10:34には30℃ぐらいまで上昇しました。
11:00には24℃ぐらいに下がりましたが、先ほどの1ツガイ以外は現れませんでした。
小生は目が悪いので1ツガイしか見つけられませんでしたが、昨年も事前調査では2ツガイぐらいしか見つけ
られませんでした。後に、子ども達と一緒に来たら子ども達はたくさんの交尾体を見つけて捕獲してくれました。
また、朝晩はめっきり温度が下がりましたが、まだ日中は気温が高いので、アキアカネが山から降りて来られ
ないのではないかとも思いました。

11月6日(土)の調査では何とか昨年のようにたくさんの交尾体が現れてくれたら良いのですが・・・。
下の写真は、田んぼの状況等です。
sDSC06377.jpg sDSC06391.jpg sDSC06403.jpg sDSC06404.jpg

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/30(土) 18:52:02|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第6回たつの・赤トンボを増やそう会会議内容

10月23日(土)18時から龍野中央公民館で第6回目の赤トンボを増やそう会の会議を開催しました。

1,9/25以降の動きについて
  9/27 市役所等チラシ配り開始
    29 トンボ池草刈
    30 小学校参加者確認メール発信
  10/01 トンボ池草刈
    02 トンボ池草刈、篠本校長より連絡;アキアカネに卵を産ませた。赤トンボの目撃情報が初めて
       入った。
    04 篠本校長捕獲の卵が茶色になっていた。(ナツアカネだった)企画課出田氏より10/30の
       参加者を23日迄に回答の要望。    
    05 6:30よりJR本竜野でチラシ配布240枚
    06 新宮出身の博物学者の大上宇一氏の書籍を図書館で調査。龍高生物部訪問、部員の2人はアキ
       アカネの孵化の実験に参加希望。
    07 八瀬家訪問、池の所に5,6匹いた。三木露風生家検討会参加。
    08 毎日新聞淵脇氏来宅~赤トンボ復活について取材。チラシ配布
    09 新宮の飲食店等チラシ配り。NHKが“奇跡の森”でアキアカネのことを約10分放映
    10 西宮の方より電話があり聚遠亭で赤トンボ数匹撮影。市の広報;赤トンボ情報募集の記事掲載。 
    11 姫路・伊勢自然の里~藤井、前田が参加し、徳留氏に指導を受けた。ナツアカネ、アキ
       アカネ、キトンボ等を撮影。
    12 御津の山下氏訪問、池の所で数匹赤トンボ撮影。5匹預かり。
    13 半田の曽谷さん訪問、1匹預かって写真撮影。その後返却。
       瀬田氏より亀ノ池のトンボの写真受領。NHKへ今後の予定をメール。
    14 小犬丸の中塚氏訪問~マユタテ、日飼の橋本氏訪問~1匹預かり、写真で福留氏に同定を依頼
       →市内で初めてのアキアカネ
       上笹の母里氏訪問~ミヤマアカネとナツアカネ。当会の10/30と11/6の参加者確認。兵庫県人と
       自然の博物館より本到着。(以前に提出した当会の活動概要が掲載された)
    15 新宮のとろろ亭で赤トンボ撮影。平地調査参加者整理。チラシ配布。赤トンボ情報提供者へ結
       果等連絡。
    16 聚遠亭で赤トンボ数匹撮影。「あいあい塾」講演資料準備。同講演。(後述)
    17 龍野町堂本の盛砂さん訪問、アキアカネ受領、露風生家検討案作成~奥の離れをつぶして和風
       の庭園にし、浅い池も造る。
    18 上記案を町並み対策課へ提出。毎日新聞に当会等の記事が掲載された。

2,説明事項
  1)チラシ設置場所と配布枚数  
  2)市の広報での記事          
  3)毎日新聞の記事           
  4)あいあい塾の模様
    ①出席者 約30人 ②質問や意見が多く出て時間がオーバーした。
    ③意見等;メダカのように養殖事業をやってはどうか。アキアカネを夏に山へ行かせないで冷房の部
         屋に入れて飼育してはどうか。もっとたつの市として力を入れるべきだ。アキアカネはな
         ぜ生まれた場所にもどらないか。農薬をもっと制限すべきだ。今年も写真を撮ったので持
         ってきた。
  5)市民の方々からの情報提供の状況 電話;10/23現在で約30件

3,検討事項 
  1)10/30(土)佐用・大坪の平地調査について
    (1)参加者;小学校参加者20人+当会等参加者6人=26人
    (2)当日の予定;8:10JR姫新線本竜野駅前集合<点呼>
      8:25切符購入(前田) 8:30改札~ホームへ<人数確認> 
      8:38発車 8:47播磨新宮乗換え<人数確認> 8:49発車
      9:20佐用駅到着<人数確認、トイレ> 9:35現地(大坪)到着
      9:40捕獲作業 ~11:00
      11:05集合<点呼> 11:20佐用駅到着<人数確認>切符購入 
      11:30改札~ホームへ<人数確認> 11:36発車 <車内で昼食>
      12:17本竜野駅到着<人数確認>  12:25解散(企画課のお土産有り)
      ☆帰りの車内で捕獲数等を確認し、メスに卵を産ませる。
      ・雌雄判定→ハトロン紙に包む→雄預かり→雌に産卵させる→雌と卵預かり
      ・卵を龍野高校生物部と当会に分配し、成虫はトンボ池のカゴの中に放す。
      ☆雨天時の扱いは以前配布した参加者募集の文書による。(11/6も同じ)

  2)11/6(土)宍粟・下牧谷の平地調査について
    (1)参加者;小学校参加者29人+当会等参加者6人=35人
    (2)当日の予定;8:30龍野小集合(揖西東も)<点呼> (注)出発時刻統一
      8:40・1号車出発 8:20小宅小集合<点呼> 8:40・2号車出発 
      9:20下牧谷到着  9:30捕獲作業 ~11:00 11:05集合<点呼>
      11:10出発 12:00それぞれの小学校に帰着
      ☆バスの担当;小宅(首藤)、龍野(玉塚)、揖西東小の扱いは別途調整
      ☆龍野小までバスが入れるかどうか、バス会社に前田が確認する。
      ☆単車1台、車1台の駐車可能か?(龍野小で確認頂く)
      ☆帰りの車内で捕獲数等を確認し、メスに卵を産ませる。(上と同じ)
  
4,その他
  1)11/4の揖西東小、龍野小、11/12の小宅小、11/13の篠首の平地調査をどうするか、
    について
  前田;各校の授業でいつ、どこへ行くかは各校で検討して頂きたい。当会からの参加は、平日なので前田
     のみの参加となる見込み。
     篠首については、木南会長と10/27AM打合せの予定だが、当会からも可能な方は参加してほ
     しい。→藤井参加、3人は9時に市役所集合
  前田;龍野小はどうされるか?
   ・出来たら校区内でやりたい。聚遠亭とか揖保川の川原とか。
   ・安全の為に、朝日橋の信号を渡らない方法にした方が良い。
  <結論>コースは龍野小→聚遠亭→市民グラウンド→龍野小;11/8-19の間に実施
   ・網を持って行って捕獲させても良いか?
  前田;多分見つけられる数は少ないので、みんなで観察することに主眼を置き、最後に捕獲したら良いと
    思う。
 
2)その他の意見
   ・山口県のある市で4年生にホタルの飼育をやらせて、校内暴力や非行が減り、町おこしになったとい
    うことがTVで放送された。たつの市もアキアカネの飼育を4年生にやらせてはどうか?3年より4
    年生がベター。5,6年になっても4年生をフォローしたりしているようだ。要は、1つの共通テー
    マに集中することに意味があり、龍野でも学校が荒れているので取組んだら良いと思う。
   前田;中井のナガセケムテックスの交差点から北へ上がったところに水配神社があり、そこでホタルを
    飼育してほしいと、以前に連合自治会長から要請されたことがある。ホタルの飼育の方がそういう事
    に適しているかどうか検討すると同時に、その飼育期間等がアキアカネと重複するかどうかも調べる
    必要があると思う。
   ・3年はヤゴを捕まえる、4年はそれらを育てるというやり方でも良いと思う。ただ、今の4年生は、
    “海の体験”という課題に取組むことになっている。
   ・川西でも龍野実業高校の跡地利用のことで、あの場所にビオトープを造ることを提案した。そこでト
    ンボを飼育したり、赤とんぼの合唱をやったら素晴らしい。また、多くの赤トンボをカゴに入れて、
    ハトを飛ばすようにバッと開けたら空へ飛んでいくということも実現出来たらと思う。
   前田;そのためにも、今取組んでいるアキアカネの孵化とヤゴの飼育が不可欠である。また、今よりも
    っと大きなカゴで交尾体に卵を産ませないと増やすことにつながらないので、大きなカゴを作りたい。
    しかし、その為には、鉄骨で作る必要がある、資金的にもかなりかかるので難しいが。

3)次回会合日程と場所 11/25(木)18:00中央公民館
前田;当会は自治会長等の方が多い。特に土曜、日曜が会議や行事が多いようなので土、日以外で検討
した。
                                               以上    

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/26(火) 23:34:37|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あいあい塾での講演

10月16日(土)は19時から21時過ぎまで、揖保川町公民館で「あいあい塾」があり、ここで小生が講
演をさせて頂きました。テーマは、「たつのの赤トンボを増やそう」です。

内容は、なぜこのような活動を行なうようになったか、とか、1年間の活動サイクル、そして、今後アキアカ
ネの卵を孵化させて、何とか増やせるようにしたいということをお話しました。

約30名の方々が熱心に耳を傾けて頂き、講演後の質問や意見がたくさん出て、予定の時間よりかなりオーバ
ーしてしまいました。(会館の方には申し訳ありませんでした)

その意見等をかいつまんでご紹介しますと・・・。
(1)メダカのように養殖事業をやってはどうか。
(2)アキアカネを夏に山へ行かせないで冷房の部屋に入れて飼育してはどうか。
(3)もっとたつの市として力を入れるべきだ。
(4)アキアカネはなぜ生まれた場所にもどらないか。
(5)農薬をもっと制限すべきだ。
(6)今年も写真を撮ったので持ってきた、等々。

中でも、(2)の発想はスゴイですね。確かに、大きな冷房の部屋に入れておいたら、夏に山に行かなくても涼し
いので生きているとは思いますが、エサが大変ですね。また、昨年の我々の実験では、2m立法のカゴに入れ
ても、”狭い!”と感じているせいか、中で飛行せず、ネットに止まって外へ出ようとしていました。つまり
作るとしたら相当広い部屋が必要になるということかな、と思いました。
でも、1つの発想としては大変良いアイディアだと思いますので、いろんな意見がありましたら、掲示版にどん
どん書き込んで下さい。
最後に、講義の模様の写真を掲載します。フルートを吹いているのは、三木露風の紹介の場面で同様「赤とん
ぼ」を吹かせて頂きました。(指を痛めていたので4年ぶりで、途中で息切れがしました。)
sDSCF2692.jpg sDSCF2694.jpg sDSCF2705.jpg sDSCF2697.jpg
今回は、つたない内容を熱心にお聞き頂き、また良い意見をたくさん頂き、本当にありがとうございました。

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/25(月) 23:54:48|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキアカネの今年の市内での第1号

10月14日に、今年初めて市内でアキアカネが発見されました!
場所は、神岡町です。たつの市の中では北の方に位置している所です。
市民の方々へアキアカネ情報の提供を呼掛け、ようやく発見された訳です。
その貴重な写真は下の通りです。本当にありがとうございました!
2_DSC05165s_hashi_akiakaneNo1.jpg


テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/25(月) 23:07:32|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊勢自然の里でアキアカネ調査

10月11日は、昨年も行った「伊勢自然の里」へ、会員3人で山上調査に行きました。
今回は、ここのインストラクターを務めておられる方と一緒に、観察を主体として写真撮影を行ないました。
やはり専門家ですね。すぐにトンボを見つけて、我々に説明して頂くことが出来ました。特に、見分け方など
を教わったのは大変有意義でした。

マユタテアカネは、顔に2つの点があって「豚の鼻」のように見えること、ナツアカネとアキアカネの違いは、
胴体の横の模様の真ん中の線に違いがあり、アキアカネはその先端が斜めに尖っていること、またナツアカネ
は少し長さが短くて先が四角いこと、等々、大変具体的に教えて頂きました。

今回、小生が撮った写真は、残念ながらすべてナツアカネばかりでした。
5sDSC04888.jpg 4sDSC04842.jpg 3sDSC04812.jpg 2sDSC04806.jpg
次に、インストラクターの方が撮影されたものを掲載させて頂きます。
左が、マユタテアカネ、真ん中が、ナツアカネ、右が、アキアカネです。
mayutateakane.jpg natuakane.jpg akiakane.jpg
さすがに撮り方が違います。特徴が良く分かります。
いろいろとご指導頂き、本当にありがとうございました。






テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/25(月) 22:46:39|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JR本竜野駅でチラシ配布

10月5日(火)は、朝6時半から8時までJR本竜野駅で「アキアカネ情報求む!」のチラシ配りを行ない
ました。
6時台は本数が少ないのと乗降客も少なかったのですが、7時台になると本数もお客さんの数も増えてきまし
た。写真は、小生が通学中の高校生に渡しているところです。
2人トータルで約240枚配布出来ました。あとは市内の公共施設や飲食店等に配布していく予定です。
また、10月10日発行のたつの市の広報誌で小さい記事ですが、アキアカネの写真と情報募集の記事が掲載
されることになっています。何とか昨年(27匹)より上回ってくれたら良いのですが・・・。
DSC04514s.jpg
◎チラシ(pdf)は下をクリックして下さい。 
アキアカネ情報募集のチラシ

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/06(水) 21:44:13|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最初のアキアカネ?

9月4日に、揖西東小の篠本校長先生から、アキアカネ(メス)らしき写真を頂きました。
捕獲場所は、新宮町の笹だそうです。卵も産ませることが出来、1日経過した現在は、”褐色”に変化して
いました。来春何とか孵化してくれたら良いのですが・・・。期待しています。
IMGP7230s.jpg IMGP7239s.jpg IMGP7244s.jpg
ところが、専門家に同定して頂いた結果、”ナツアカネ”であることが判明しました。
うーん、残念!!

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/05(火) 22:20:28|
  2. 小学校と共同
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第5回たつの・赤トンボを増やそう会会議内容

9月25日(土)18時から龍野中央公民館で第4回目の赤トンボを増やそう会の会議を開催しました。
1,8/21以降の動きについて
  8/24 市役所と自治会回覧調整(まちづくり塾ではないので自治会回覧はダメ、広報ならOK
    27 NHK福田さんより赤トンボの写真、メールで受領
    28 亀の池の山上調査(瀬田、玉垣、前田)
    30 芦屋の新村氏よりアキアカネの卵から孵化させる方法について、詳しい資料、メールで受領 
    31 中井自治会の寺田会長より、中井の水路でホタルや赤トンボの飼育をやってほしいとの要望。
  9/01 JRの時刻表の変更が分からない中、現在の時刻表で、10/30の佐用、11/6の下牧谷の参加募
       集の文面を3小学校へ打診
    02 市の広報課へ原稿提出(10/10発行の広報)
    04 神戸新聞・正平調で赤トンボの激減の記事(農薬との関係)    
    4・5 第21回全国トンボ市民サミット(埼玉県寄居町)参加
        今村トンボサミット代表、井上国際トンボ学会長から、龍野でぜひトンボサミットを開いて
        ほしいとの要請あり
    06 3小学校で10/30の佐用、11/6の下牧谷の参加募集開始
    10 トンボサミットHP掲載
    12 新宮駅落成式典の際、新宮駅線路上で何匹かトンボ発見(企画課出田氏と)
    14 農水省東海農政局常川氏より10月に名古屋で開催される生物多様性に関する国際会議で「COP10
       開催記念・生物多様性と私たち」の講演に当会の「アキアカネの一生」のイラストを使用したい
       との申し出あり。→了解
    16 新宮駅近辺の線路再調査~ウスバキトンボと思われる。 
    17 アキアカネ平地調査の3小学校の募集結果集約~10/30;小宅7、龍野5、計12人、11/6;龍野2
       人☆大変少ないので、3小学校へ4~6年生にも呼掛けて頂くようお願いし、当会のサイトで
       も募集開始
       龍野小・玉塚先生より、姫路の“自然観察の森”にトンボがいるとのこと。
    19 赤トンボ(アキアカネ)目撃情報求む!のチラシ案作成
    22 片岡副代表へ上記チラシ案、小学校募集状況、トンボサミット等の件説明
    23 チラシ印刷手配
    24 市内在住の曽谷紀之神戸大学名誉教授に化学関係協力依頼、龍野高校清水先生に生物部で孵化
       実験協力依頼
       平地調査の4-6年生追加応募;小宅10/30 3人、11/6 10人、揖西東11/6 3人(合計;10/30 
       15人、11/6 15人)(注)10/4時点で、両日とも学校関係は19人の参加予定
  
2,説明事項
  1)亀の池の山上調査について   前回掲載のHP参照
  2)アキアカネ飼育の資料について(新) 
    前田;新村氏のサイトにも同じ内容が掲載されるようになった。
       HPの写真はカラーなので見やすくなっている。http://www.tombon.com/bre101.html
       このマニュアルで龍野高校等の協力を得ながら卵を孵化させ、トンボ池でヤゴの幼齢虫を飼育
       したい。
  3)全国トンボ市民サミット    前回掲載のHP参照
    前田;特に、産卵後1日以内で褐色に変化するのと、卵が塊のままにせずほぐす必要があるという事
       は、今まで知らなかったことで、大変貴重な情報だ。
    ☆全国赤トンボ調査データについて  
    前田;特に、午前中に発見された件数が多いのと、33℃ぐらいでも生息しているというのは驚きだ
       った。暑い所にはいないと思っていた。暑い所では生きられないのなら飼育しても意味はない
       が、これぐらいでも生きられるなら、トンボ池で羽化しても十分生きられると思うので、飼育
       して何とか個体数を増やす意味があり、たつの市内では絶滅に近いのを少しでも復活させられ
       るかもしれない。
  4)9/4の新聞記事について      
    前田;上の記事は、六甲山の赤トンボが消えたということで、原因として温暖化、ほ場整備、田植え
       の時期のずれ、殺虫剤の使用等が原因とされている。
       下の記事では、農薬の中で、ネオニコチノイド系とフィプロニルの薬剤の使用料が年々増えて
       いることが指摘されている。
   <意見等>
    ・トンボサミットに過去2回行っているので行きたかったが、都合で行けなかったのは残念だ。
    ・トンボサミットでいろんな情報を得られたようで良かった。報告にある“赤トンボの住める田んぼ
     づくり”というのはたつの市でもやるべきと思う。
    前田;一番難しいのは田植えの時期を早くすることだが、いきなりすべての農家に早くしてもらうこ
     とは出来ないので、トンボ池で水を入れるタイミングを分けて実験するなど“我々が出来ること”
     をまずやっていきたい。
    ・トンボによって増えているものと減っているものがあるようだ。ウスバキ等は増え、子どもの頃よ
     く見たオニヤンマ等はほとんど見なくなった。また、シオカラも減っていると思う。
    ・(アキアカネ情報募集のチラシについて)アキアカネを区別出来るやり方はないか?
    ・情報がたくさん集まるとしたら効率よく判別する必要があるのでは?  
    前田;原則として、実際に捕獲された方の所に訪問して預かってきて専門の人(三木さん)に見ても
     らい同定してもらった。つまり、同定は難しく専門家でないと無理なので、ほとんど実際に行くし
     かないと思っている。
    ・電話でどこに模様があるとかを聞けば、ハズレていたら行くことが減るのではないか?    
    前田;それをいちいち聞いていたら、聞かれる方も答えるのが難しいと思うし、あまり聞かれるとイ
     ヤになると思う。

    ・”赤トンボが減った”という新聞記事を読んでも、知識の度合いでかなり認識が違う。私はこの会
      に参加して、赤トンボの中でもアキアカネが激減していること等を知ったが、普通の人はそこま
      で分からないと思う。やはり、この会だけの範囲でなく、“みんな”がこういうことを知り、“
      みんな”で考えていかないといけないと思う。
    ・例えばチラシに今まで市内で見つかったトンボの写真も載せて、どこが違うかということもはっき
     り分かるようにしたらどうか?本当に知らない者にとっては、比べられる写真があれば改めて知る
     材料になる。
    前田;写真を多く出せるほどチラシのスペースがない。それと、写真を載せても非常に識別が難しい。
     例えば、マイコアカネ、マユタテアカネ、ナツアカネとアキアカネを区別するのは写真を出しても
     写真の中で違いを見出すのは無理だと思う。(顔の部分を拡大した写真も無い)
     (今回のサミットの調査資料の中でも“捕まえてみないと正確には判別出来ないし、判別するため
     には熟練を必要とする。専門知識のない市民で調べるのにはいささか手強い相手なのである”と書
     いてあるし、簡単にはいかない。)

3,検討事項
  1)10/30(土)佐用・大坪の調査~増員(目標70人)を図るには?
    前田;参加申込の現状は、小学校参加者15人だった。インターネットでも募集したが増えなかった。
     後は、当会参加者と一般参加を募るかどうかだ。
    ・中学校や高校にも参加を呼掛けてはどうか?
    前田;今の時点で呼掛けるのは時間的に厳しい。来年に向けて検討することは必要だと思う。HPの
     方では対象者を一般者もOKとして募集する。

    前田;応募が少なかった理由は何か?例えば、暑い時期に募集した為ピンとこなかったとか?
    ・龍野小は9月に入って理科の授業で揖保川へ虫捕りに行き、たくさんの虫を捕獲出来た。トンボも
     見かけたし、今、佐用等遠くへ行かないといけないということが理解出来ないようだ。つまり、こ
     の近辺で虫が捕れて満足したと思う。しかし、本当に虫好きな子は参加している。
     アキアカネが減っているので何とかしないといけないのは分かるが、3年生のレベルでは単に虫を
     捕まえて遊ぶ程度なので、ヤゴを捕まえるというのはレベルに合っているが、 “卵を産ませる”
     といっても何のことか分からないという状況だ。
    前田;トンボサミットで寄居町では、中高生の“昆虫少年”が発表し、虫好きになった理由や、取組
     む面白さなどを説明してくれた。今回の龍野高校生物部に協力呼掛けたのもそれを参考にしたから
     だが、来年は中学、高校の虫好きの子供たちにも呼掛けたい。 
    ・今回の10/30の件は、教師が行くことで保護者同伴でなく生徒だけでも行かせるように出来るか、
     一度学校内で検討してみようと思う。
    前田;本来学校の行事でないので、先生にご負担をお願いするのは心苦しいが、出来る範囲でご協力
     をお願いします。
 
  2)11/6(土)宍粟・下牧谷の調査~増員(目標54人)を図るには?
    前田;参加申込の現状は、小学校参加者15人だった。このままだとバスを1台(27人)キャンセル
     するしかない。
     ・今日、4,5年生が保護者を含めて4人申込みがあった。
    前田;小宅小の先生からは、首藤先生が行くので保護者同伴でなく生徒だけで行っても良いようにし
     て再度募集して頂く方向だ。

  3)10/9(土)姫路・伊勢自然の里~当会の出席者は?
    前田;当日は9:00市役所駐車場集合とし、少し早いが伊勢自然の里近辺の様子を見ながら10時に伊勢
     自然の里に入りたい。そこでは捕獲しても持ち帰ってはいけない。また、午前中には市役所に戻っ
     てくる。当会の参加者はどうか?
    結論;今日の出席者の中では、藤井が参加する。他の方は後で参加を募る。  

4,その他
  1)中垣内のトンボ池の草刈りの件
    前田;写真を見てもらったら分かるように、トンボ池の草がこのように伸びている。また、昨日高見
     会長にお会いした時、“稲を狙ってイノシシが侵入している”ということだったので、まず稲を刈
     ってその後草も刈りたい。来週作業をするつもりだが一緒に出来る方は言って頂きたい。
  2)赤トンボ(アキアカネ)目撃情報求む!のチラシの配布の件
    前田;今日の参加者で持帰れる分は持って帰ってお知り合いに配ってほしい。
     また、市の公民館等公共施設などに配布していくつもりだ。
     それから、一昨年、昨年と本竜野で配布したが、今年はどうか?
    ・一度やってみたい。名古屋のCOP10に行きたいのでそれとぶつからなければ良い。
   <結論>10/5(火)6:30から始め8時ぐらいまで実施する。他の会員にも参加を呼掛けたい。
  3)次回会合日程と場所;10/23(土)18:00中央公民館
    前田;高見自治会長から、第4土曜日は自治会の役員会で参加出来ないとのFaxがあったが、10/16
     に変更した場合は、前田があいあい塾で講演する為、振替え出来ない。仮に10/30に変更しても、佐
     用のトンボ調査の日であり意味が無い。23日は、10/30の役割分担等を検討する必要があるので、
     タイミングとしてもその日にせざるを得ない。

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/05(火) 18:05:15|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード