FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

岡山県自然保護センターでの研修(山上調査会No4)

8月31日(日)は、当会のメンバー6名と中垣内自治会の方々5名の総勢11名で研修と山上調査を兼
ねてに岡山県自然保護センターに行きました。
センターでは、ガイドの森さんに湿生植物園のトンボの生息状況について説明を受けながら、木道の上
から湿原を視察しました。この湿生植物園は、県内のゴルフ場開発のため消滅する湿原を移植し、自然
に近い湿原を作り出し保護しているのです。
センターに着いて、まず森さんの説明をお聞きしました 園内を歩きながらいろいろお話ししました 木道の上を歩きながらの観察です 山の上で一休みしながらも説明して頂きました

園内では、オニヤンマ・シオカラトンボ・ネキトンボ・キトンボ、イトトンボのほか、低い草地でしか生息しな
い珍しいハッチョウトンボの雌雄を見ることができました。ハッチョウトンボ(写真は下の左端ですが、クリ
ックしたら拡大表示します)は全長2㎝足らずで最も小さなトンボなのです。メスは黒と黄の縞模様です
が、オスは鮮やかな紅赤色でとても綺麗でした。
赤い胴体をしているのがハッチョウトンボ(見えますか?) 園内は広大で100haもあります。これは木道を下っているところ 飼育されていた丹頂鶴ですが、これは”野放し”でした 珍しいナンバンギセルの花です

また、上部の池ではネキトンボが連結しながら産卵をしている場面もみることができ貴重な体験をさせて
いただきました。残念ながら今回もアキアカネを見ることはできませんでした。ここでも年に数匹しか見る
ことができないそうです。
果たしてアキアカネはどこにいるのか。これからも調査は続きます。
スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/31(日) 20:36:51|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山上調査(NO3)実施結果

8月24日(日)に赤トンボを増やそう会のメンバー4名で、3回目の山上調査を行ないました。
今回は、たつの市内で一番高いと言われる山の1つ、亀山(きのやま;標高458m)に登りました。
この山の登山ルートは3本ありますが、今回は一番最短コース、つまり一番急なルー選択しまし
たので、小学生等子ども達を連れて行っていません。
一番左の写真は、頂上近くで一服し、下界を眺めているところで、その右は眺望です。
頂上から尾根づたいに進んで亀の池(きのいけ)に行きますと、たくさんの赤トンボが飛んでいまし
た。その模様が左から3番目の写真ですが、被写体が小さすぎて点の状態しか写せませんでし
た。(ゴミかほこりのようにしか見えないかも)
また、赤トンボがいても岸からかなり離れたところにいる訳で、しばらくは我々はただたたずむばかり
でした。
急な山道の連続で、何回も休まないと登れません 正面が新宮の屏風岩です。いかに高いかが分かるでしょ? 水面スレスレに連結した赤トンボがたくさん飛んでいました 若干手持ち無沙汰という感じで水辺を眺めています
手をこまねいているばかりでは”仕事”になりません。左の写真は岸の近くに飛んできた交尾体をメンバ
ーの1人が見事にキャッチした瞬間です。次の写真は、網から出しているところですが、捕まえたのは、
赤トンボの一種である”ネキトンボ”ですが、この池の水面近くでたくさんのネキトンボの交尾体と、打
水産卵(”だすいさんらん”と読みます。メスが水面にしっぽを打ち付けるようにして産卵するのです)
の場面が多く見られました。その隣の写真は虫かごに入れたネキトンボてす。一番右は、下山途中で
捕獲したヒメアカネとネキトンボを自宅で白い紙をバックにして写したものです。
エイッ!とばかりに網を振り切ったところです 捕まえたのはネキアカネです 虫カゴの中のネキトンボ 左がヒメアカネ、右がネキトンボ
残念ながら今回もアキアカネは見つかりませんでした。午前10時時点で池の周囲の気温は26℃で、
(その時の平地、つまり小生の自宅の気温は32℃)アキアカネが生息しやすい温度に近かったのでは
ないかと思いますが、見かけたのはアキアカネ以外の、ギンヤンマ、シオカラトンボ、ネキトンボだけ
でした。残念!!

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/25(月) 15:36:14|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第7回たつの・赤トンボを増やそう会会議内容

8月17日(日)の山上調査会の後、たつの市産業振興センターにて第7回赤トンボを増やそう会の
常任委員会を開催しました。
○代表より6月22日の以降の動きについて報告がありました。
 (抜粋)
 6月28日:中垣内の羽化状況の確認と田植えを実施
    29日:豊岡の第19回全国トンボサミットに赤増会より2名が参加
 7月 6日:たつのまちづくり塾審査会発表があり、見事合格
 7月13日:四万十市トンボ自然公園視察研修
 8月10日:菖蒲谷の赤トンボ等の第1回生息状況調査
 8月17日:菖蒲谷の赤トンボ等の第2回生息状況調査
 
○今後の予定について
 8月23日(土) 亀の池(きのいけ)山上調査会 8:00~ 新宮町馬立の登山口集合
 8月30日(土) 書写山山上調査会 8:00~ 市役所集合
 8月31日(日) 岡山県自然保護センター(岡山県和気郡和気町)見学
 9月 7日(日) 第8回常任委員会 14:00~16:00 市役所303会議室

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/19(火) 11:39:44|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山上調査会(NO2)実施結果

8月17日(日)には、赤トンボを増やそう会メンバー8名と、小宅小学校3年生14名及び父兄の方々等
約30人で菖蒲谷森林公園に行き、2回目の生息状況調査を行いました。
前回と同様に、西の峠池で捕獲及びマーキングを行いましたが、今回のマーキングは青色マジックを
使い、先週の調査と色分けをしました。
実績としては、約50匹捕獲しました。この内、前回緑色でマーキングしたトンボは3匹だけでした。という
ことは、ほとんどのトンボが入れ替わっているということが分かりました。
種類としては、ウスバキ、シオカラ、オニヤンマ、ネキトンボで、オオシオカラとイトトンボが新たに見つか
りました。残念ながらアキアカネは今回も見つかりませんでした。
見つからなかったのは、山上と平地との温度差があまりないことが原因であろうということでした。もう少
し気温の低いところにいるかもしれません。
皆さん、もし赤トンボを見かけたら、見かけた場所などの情報を掲示板に書き込んでくださいね。
はじめに、前回同様”全員集合!”です。 三木さんの説明と熱心に聞いている参加者 一斉に散らばって”戦闘開始!”NHKのカメラも回り始めました! 前回同様赤トンボの一種である”ネキトンボ”を捕獲! 
TVカメラが先にトンボを捉えました。さあ、うまく捕まえられるかな? ぬかるみに足を取られて動けなくなってしまったようです。 女の子がさっそく青色マジックでマーキング 男の子もマーキングゥ~!
前回同様、上の大成池にも行ってみました。
大成池でもトンボを探しました トンボがなかなかいないので手持ち無沙汰? ”うまく捕まえたぞー”と言わんばかりに見せてくれました これは珍しい!イトトンボです。女の子も大喜び!


テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/19(火) 11:32:14|
  2. 小学校と共同
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山上調査会(No1)実施結果

8月10日(日)は、菖蒲谷(しょうぶだに)へ行き、赤トンボ等の生息状況を調査しました。
参加者は、我々赤トンボを増やそう会メンバー10名と揖西東小学校3年生の2家族と、中垣内自治会
の方々等、合計20名でした。
まず西の峠池で調査を行ないました。パッと見た感じではトンボがほとんど見当たらなかったのです
が、40分ほど池の周りや木陰などを捜した結果、48匹見つけることが出来ました。
種類は、シオカラトンボがほとんどで、次にウスバキトンボ、オニヤンマ等々でした。お目当ての赤トン
ボ、つまりアキアカネは残念ながら見つかりませんでしたが、ナ、ナント!貴重な”ネキトンボ”(これも
赤トンボの一種です)を捕獲しました。初めて見た種類で、感激でした!
捕獲したトンボは、揖西東小のカラーである緑のマジックインキでマーキングし、放してやりました。
初めに三木さんからトンボの捕まえ方を教わりました 池の周りを捜しているところです 捕まえたトンボにマジックインキでマーキングしています マーキングしたトンボを手の平から飛び立たせます
家族でトンボを追っかけているところ? かなり広く散らばって調査しています 池の水辺と土手の高低差はかなりあります 三木さんに同定をお願いし、”ネキトンボ”であることが判明

次に、車で5分ほど登り、大成池でも調査しました。その模様は下の通りですが、8匹しか捕まえるこ
とが出来ませんでした。以前はたくさんいたのを目にしているのですが、この日は少なかったです。
池の中の方を目を凝らして捜しているところです 子どもたちが捕獲したトンボを三木さんに見せているところです ここでも捕獲したトンボにマーキングゥ~! 池の東側の土手ではウスバキトンボを数匹見かけました

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/11(月) 16:05:51|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード