FC2ブログ
会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

トロ箱の中のヤゴの確認

5月31日は、我々にとって待望の日でした。なぜかと言いますと、トロ箱の中に”ヤゴ”がいるのを確認出
来たからです。
トロ箱の中には土を入れています。また稲も植えていますので、ヤゴを見つけるのは至難の業です。つまり、
ヤゴは普段土の中にもぐっていて、簡単に姿を見せないからです。
この日は、初めは手ですくえましたが、次に金網のザルを使って、土の部分も削り取ってすくい上げてようやく
目にすることが出来た訳です。
IMG_6593.jpeg IMG_6595.jpeg IMG_6599.jpeg IMG_6600.jpeg


スポンサーサイト



テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/05/31(日) 20:43:50|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トンボ池の田植えとマコモダケの植付け

5月17日はトンボ池の田植えとマコモダケの植付けをやりました。
田植えは、先日代かきをしたところの内、5月田植えの部分だけ植えました。
また、同時にヤゴの飼育カゴを設置し、ヤゴも放流しました。
下の写真が田植えとヤゴの放流等の場面です。
1_IMG_6095.jpeg 2_IMG_6102.jpeg 3_IMG_6110.jpeg

また、翌日のマコモダケの植付けは、稲と違って株間を1.5m以上あけないといけません。
細い苗を1本ずつ植えましたが、その1本からどんなものになるか、全く想像がつきません。
4_IMG_6107.jpeg 5_MG_6117.jpeg 6_IMG_6114.jpeg

なぜこれを植えるのか、その理由をご説明します。
現在国の政策で”減反政策”が取られており、3年に1回休耕しなければなりません。
休耕に指定されると、その田んぼに秋に産みつけられたアキアカネの卵は翌年は休耕なので水が入らず乾いた
ままですべて孵化せず死んでしまいます。また、その年の秋は乾いた田んぼなので卵が産みつけられることは
ありません。つまり、3年の内、2年間影響(ダメージ)を受けるのです。
それを改善するには、休耕に指定された場合、翌年稲以外の水が必要な植物(野菜等)を植えたら、産みつけ
られた卵は孵化することが出来ます。また、さらにその翌年稲も秋に卵を産むことが出来ます。その植物とし
て何が良いかを兵庫県立大学講師の橋本光政先生にお尋ねし、”マコモダケ”を紹介して頂いたのです。
この”マコモダケ”がいったいどのようなものか、どのようになるのか、大変楽しみです。

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/05/18(月) 18:43:01|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トンボ池の代かき

5月15日はいよいよトンボ池の代かきです。この田んぼは、3つに仕切って田植えと水を入れる時期を変え
て実験します。サイホン式の自動給水システムを自力で3系統作り、ようやく各々独立した水管理が出来るよ
うになったのです。しかし、代かきは全体を一括して行うこととしました。
3つに仕切った条件とは次の通りです。
1,5月水入れ、5月田植え 2,5月水入れ6月田植え 3,6月水入れ6月田植え
特に2番目は、田植え時期は現状通りとしながらも、ヤゴのために水を早く入れて中干し(7月20日頃)ま
でに羽化させたいのです。
IMG_5891.jpeg IMG_5912.jpeg IMG_5900.jpeg IMG_5925.jpeg
IMG_5939.jpeg




テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/05/17(日) 23:34:11|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「たつの赤とんぼ米」の田植え

5月17日は「たつの赤とんぼ米」の田植えの日でした。
田植えの前の準備で、ヤゴを放流する為の飼育箱に土を入れたり、ヤゴが小さいので網から出ないように
プラスチックのプレートを入れる作業をしました。
1_IMG_5966.jpeg 2_IMG_5968.jpeg

また、飼育カゴは川原に置いているものを運びました。
3_IMG_5985.jpeg 4_IMG_5986.jpeg

次は、田んぼに来てもらうために、交差点の近くに道案内の目印を置いていきます。
5_IMG_5978.jpeg 6_IMG_5980.jpeg

田植えを開始する前に、ご挨拶と注意事項等を説明しました。
8_2015-05-17_135726(1).jpeg 9_2015-05-17_135726.jpeg

田植え開始!何せ人数が、子供達26人、保護者の方18人、計44人なので大変です。
ワイワイ言いながらかなりハイペースで植えていきました。
10_IMG_5994.jpeg 11_IMG_6004.jpeg 12_IMG_6024.jpeg

休憩の時間になると、子供たちはおやつと飲物をもらってお母さんと団らんのひと時を過ごしました。
中には、ドロンコになったので、ジョウロで”洗浄”してもらっている子もいました。
13_IMG_6039.jpeg 14_IMG_6045.jpeg
次は、いよいよヤゴの放流です。前回は、やりたい人が多くてもめましたので、今回は、鶏糞を入れる人、
ミジンコを入れる人、ヤゴを放流する人等に分けたクジを作って、公平に抽選で決めました。
15_IMG_6049.jpeg 16_IMG_6062.jpeg 17_IMG_6066.jpeg
そして、田植えの時にどんな頑張り方だったかを表した”賞”をいくつか用意してお渡ししました。
例えば、”ドロンコ賞”とか、”うまく植えたで賞”とか。
18_IMG_6077.jpeg 19_IMG_6081.jpeg

最後は、アキアカネがたつのの空に早くよみがえるよう、童謡”赤とんぼ”をハーモニカ
の伴奏で全員で合唱しました。
2015-05-17_153448(2).jpeg 2015-05-17_153448(1).jpeg




テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/05/17(日) 20:52:33|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平木のキャンプ場で収穫祭

11月16日(土)は待ちに待った収穫祭の日です。平木の青木さんの田んぼで、今年はアキアカネが1匹しか羽化し
ませんでしたが、一応は羽化していますので、それを祝う意味もあります。
参加者は、子供10人、保護者8人、当会関係者12人(含む、リンテックさん)、合計30人でした。
朝10時ごろから準備に取りかかりました。火を起こすための”吹き竹”を作ったり、木を切ってマキにしたり、お米をといだり、皆さんの自主判断でやって頂きました。
IMG_4210.jpg IMG_4211.jpg IMG_4212.jpg IMG_4219.jpg IMG_4283.jpg
一方、子供たちは遊ぶのが仕事です。キャンプ場の設備のハンモックや大きなブランコで元気に遊んでいました。
また、ちょうど赤トンボが飛んでいたのでそれを大人が捕獲して子供に見せたりして、自由に過ごして頂きました。
IMG_4228.jpg IMG_4236.jpg IMG_4250.jpg IMG_4256.jpg
そして、味噌汁を作る人、子供たちと一緒にボタ餅を作る人、みんなでワイワイ言いながら、着々と進んでいました。
IMG_4288.jpg IMG_4300.jpg IMG_4302.jpg IMG_4306.jpg IMG_4286.jpg
IMG_4323.jpg IMG_4327.jpg IMG_4334.jpg IMG_4340.jpg IMG_4342.jpg
予定のきな粉餅、アンコ餅、混ぜご飯、味噌汁が出来上がり、”頂きまーす”。子供も大人も一斉に食べ始めました。
特に子供たちはよほどお腹がすいていたのでしょう。黙々と食べていました。
IMG_4346.jpg IMG_4347.jpg IMG_4348.jpg IMG_4353.jpg IMG_4354.jpg
一番左の写真は、青木さんも一緒に参加されている場面、その次は全体の情景、その右は、アキアカネの卵をルーペで見ておられるお母さんと子供、右から2枚目は、お土産の”赤トンボが羽化した田んぼのお米”をお渡している処、一番右は、小生がハーモニカを吹き、皆さんが童謡「赤とんぼ」を歌われたシーンです。来年もやりますので、よろしくお願い致します。
IMG_4356.jpg IMG_4359.jpg IMG_4397.jpg IMG_4401.jpg s2013-11-16_132721.jpg

















テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/11/16(土) 20:58:05|
  2. フィールド活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

せいごむ

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード