会について 赤トンボについて 活動状況掲示板 たつの・赤トンボを増やそう会 トップ

たつの・赤トンボを増やそう会の活動状況ブログのトップ

たつの市で赤トンボを増やそうという活動グループの活動状況を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(平成28年度)第3回NPO法人たつの・赤トンボを増やそう会会合

6月21日(火)18時から龍野コルク工業㈱の会議室で第3回目の会合を開催しました。 
1,5/29以降の動きについて(前田) 
  29 赤とんぼ米研究会H27年度経過まとめ。トンボ池で坂上氏、木下氏と~ヤゴの写真撮影、西側の給水配管のエア漏れ確認⇒溝さらえ時に配管を動かした可能性大⇒水位が下がった為、田んぼの飼育カゴを下へ移動させた。北側のトロ箱でヤゴ3匹確認出来た。薮田翔一氏のコンサート後本人に赤とんぼ米差し入れ。
  30 赤とんぼ米研究会H27年度事業報告まとめ。トンボ池へ~上の谷池の水位が取水口の上約10cmまで低下。トロ箱の北から1.3番目でヤゴ確認。ハウス内の容器すべてに鶏糞配布。真ん中の田んぼの給水ストップ⇒森川氏、坂上氏、配管接着、ホース延長作業。平木の倉庫で赤とんぼ米引取り。平木の飼育カゴのミジンコ確認~梅ケ谷OK、井関は白濁で良く見えず。税務署提出資料整理。大西洋ツーリストに7/9,24のツアーの確認。
  31 特産館の太子集荷所へ出荷。税務署へ~収益事業開始届提出。トンボ池へ~森川氏、坂上氏と西側の給水テスト⇒OK。平木の飼育カゴのミジンコ確認。平木の倉庫で赤とんぼ米引取り⇒道の駅みつに出荷⇒商品が万引きされた可能性があることを田路さんに相談⇒店頭には“見本品”を置き、ほしい人は店員に言ってもらうようにしたい。赤とんぼ米研究会の帳簿整理。塩谷氏へ~当会が必要とするもの⇒「物置と」回答。
  6/1 赤とんぼ米売上集計。トンボ池~西側の給水停止⇒他の2台で補充、飼育カゴに鶏糞補充。さくら路訪問~300g入替え。県の加納氏と~総会と予算打合せ。勝喜氏と各種調整。
   2 源氏へ総会等の件。トンボ池~真ん中の給水も停止⇒山中氏へ電話⇒奥の池から水を取るには給水ポンプで汲み出すしかない。加納氏へ電話~総会の件相談。出る杭大会賞金2万円入金⇒事務局へお礼。姫路の坊勢漁港の“とれとれ市場”訪問(勝喜氏の娘さんの紹介)⇒ヒノヒカリ、白米、2kg10袋、5合20袋受注、ポップ等作成のこと。セノヲさん訪問~赤とんぼ米3kgの集金。加納氏へ~飼育カゴの仕様等メール。揖西東小のプールからのヤゴ救出の授業準備。赤とんぼ米研究会の総会資料まとめ。
   3 赤とんぼ米研究会の売上・仕入・経費の件加納氏へメールで報告。坂上氏と~揖西東小のプールからのヤゴ救出の授業⇒147匹のシオカラのヤゴを捕獲⇒トンボ池の谷池へ放流。トンボ池の奥の池調査⇒エンジン等は無理なのでサイホンしかダメ。西と真ん中の給水停止。たつの赤とんぼ米研究会の総会~県の田中所長、市の小笠原課長出席頂いた。森川氏・坂上氏とトンボ池のサイホンのやり方打合せ⇒キタムラで20mのホース等購入。神戸の河合氏へ~7月の赤とんぼふるさと巡りツアー案内。イナカフェ中村氏と試食会の日程調整⇒6/18,19はダメ、7/2,3ならOK。とれとれ市場のポップ作成を森川氏に依頼。勝喜氏へ~精米・袋詰め依頼FAX。
   4 7月の赤とんぼふるさと巡りツアー案内メール発信。山中氏へ電話~奥の池の水を使いたい⇒OK。トンボ池で~森川氏、坂上氏とサイホンで下の池に給水⇒成功。3台稼働させたが、西側が再び停止。勝喜氏へ~精米・袋詰め依頼FAX。倉庫で~坊勢と道の駅みつの袋詰め⇒家でラベル貼り等。
   5 家内と道の駅みつへ納品、5合の見本品陳列。とれとれ市場納品⇒ポップのスタンド必要⇒ネットで注文。ふるさと巡りツアーのDM配送先調査~近畿・中国地方府県の“生物多様性”等の所管部門リスト作成
   6 ふるさと巡りツアーのDM配送先調査~兵庫県の近隣の市町のリスト作成⇒府県、四町分のチラシセット⇒発送。坂上氏と~小宅小のプールからのヤゴ救出の授業⇒ヤゴ0匹(ギンヤンマの羽化失敗の死骸が4匹)。トンボ池と平木の飼育カゴのミジンコチェック。神戸新聞松本氏と取材日程調整。朝日子供新聞より~取材の申入れ。加納氏より~新飼育カゴの見積30台を取るべし。和田先生にふるさと巡りツアーの案内メール。
   7 坂上氏と~龍野小のプールからのヤゴ救出の授業⇒雨の為プール無しで座学2時間。広報課より~7月のトンボ池の観察の案内原稿受領⇒回答。神戸新聞松本氏来宅~ふるさと巡りツアーについて⇒トンボ池看板前で撮影。水生生物調査の募集案内文を3小学校の校長に配布、説明。西播磨木材に飼育カゴの見積依頼。
   8 神戸新聞に昨日取材の内容が掲載された。トンボ池で~真ん中のトロ箱に登る為の支柱を設置~北側の2つは小さいが数が多そうだ。上の段のシカ柵のネットが破れていた箇所を坂上氏が補修。平木のカゴのオタマジャクシ除去~イチジクの所のカゴの水が無くなっていた⇒坂上氏が翌日深く設置し直し。赤とんぼ米研究会とNPOの貸借対照表(BS)と損益計算書作成(PL)。申告書の書き方調査。五箇氏と岡野氏にヤゴの写真メールで送付⇒五箇氏より即返事⇒来週環境省で検討会議を行なう、非常にsensitiveなデータ故に解析には慎重を期しております。
   9 ビジョン委員の小林氏、姫路の女性等より~ふるさと巡りツアー参加申込み⇒お礼メール。家内と坂上氏ととれとれ市場へ⇒ポップ設置。(株)日野へ仮設トイレ設置依頼。税務署訪問~申告書の書き方等確認。Facebook友達に7/2の試食会手伝い依頼。
   10 トンボ池へ~坂上氏がミジンコ容器確認⇒2箱しか多く見られなかった。プールのカゴにミジンコと鶏糞補充。JA上野センター長に総会資料ことづけ。飼育カゴの見積受領。商工観光課へ7/9,24のガイド依頼⇒OK。市役所ロビーに、ふるさと巡りツアーチラシ設置。霞城館松尾館長訪問~ふるさと巡りツアー協力依頼。HP業者より~赤とんぼ米のHPサンプル受領。7/2の試食会の参加メンバー調整。デザイナーへ~7/2の試食販売会のチラシデザイン依頼。
   11 トンボ池へ~ようやく北から2番目のトロ箱でヤゴ確認。真ん中の黒いトロ箱に変な生き物発見⇒採取⇒家で拡大写真撮影。サタデーナイトロビーコンサートのお客さんに、ふるさと巡りツアーチラシ配布。揖保川町の方より~28年産の赤とんぼ米5kgの白米が収穫されたらぜひ欲しい。
   12 勝喜氏へ~緑野の赤とんぼ米のお客さんのシール等手渡し。谷先生へ~トンボ池の生物の同定依頼。平木の6月田植えが終わった田んぼへ飼育カゴ運搬・設置~森川氏、坂上氏、木下氏⇒3台の車で対応(6台設置後雨で中止)。源氏より~トンボ池の苗1パレット受領。繁氏より~7/2は大豆の時期なので参加出来ない⇒勝喜氏の娘さんに当ってもらう。勝喜氏より~実験田を一部変更したい。勝喜氏へ~精米・袋詰め依頼FAX。税務申告の方法等ネットで調査。兵庫生物の論文発表の日程確認⇒6/23になる。加納氏へ~精米機、計量器のチラシと見積等メールで送付。
   13 NPOの前回議事録まとめ~関係者にメールと郵送。坂上氏と平木の田植え後の田んぼにカゴ設置~前田の車で3往復(2台×3回=6台)。現代農業のカメラマンより~7/9のふるさと巡りツアー参加したい。小笠原課長訪問~総会のお礼、学校給食での赤とんぼ米使用について。企画課より~ふるさと納税のお礼品の請求書が来ていない⇒セノヲ社長に提出依頼。翌日の赤とんぼ米出荷準備。
   14 2団体の税務申告用のBS・PLと申告書作成。森川氏、坂上氏と平木の田植え後の田んぼにカゴ設置~森川氏(4台/回)前田の車(2台/回)で2往復、計12台設置。谷先生より~先日の生き物はカスミサンショウウオだ。ヤゴの方が大きい場合はヤゴの方が強い。26日は昼前に来て頂いて昼食を一緒に食べて頂く。倉庫で3人でヒノヒカリの在庫確認~No64~80=17袋×30kg=510kg。家内と道の駅みつへ納品。イナカフェ中村氏へ~チラシの原稿案提示⇒一部修正依頼。朝日新聞藤井氏来宅~今後の活動と今年の羽化目標等について。
   15 特産館の太子集荷所へ出荷。トンボ池で~南のトロ箱2台にDCAとTTF処理済みの苗を植えた(卵は放流済み)。2人で1段目の真ん中の田んぼの田植え&カゴ設置。香島の塚本会長、上笹の西村連合会長、大住持の前田組合長の田んぼに飼育カゴ設置(森川氏と)。朝日新聞藤井氏へ~飼育カゴ等の写真送付。森川氏とリンテックさんから物置の現物支給の件説明⇒OK。勝喜氏より~平木のカゴが2箇所間違っているとの指摘⇒2カゴ回収。2団体の税務申告書作成。
   16 税務申告書作成。平木の2つの田んぼに飼育カゴ設置。3小学校の校長訪問~6/26の水生生物調査の申込書受取り⇒40人ぐらいになりそうだ。県の農政部電話~カスミサンショウウオの生態に詳しい部門確認。イナカフェ電話~チラシ修正1箇所、電気釜2台、テーブル等OK⇒後日実施要領を送る。デザイナーへ~チラシ修正依頼。加納氏へ⇒休みの為高橋氏へ~給食に使用する件はJAに相談する。農林水産課訪問~市の予算はまず計画を出すことが先決だ(相見積は不要)。勝喜氏へ~坊勢のとれとれ市場に19日に行く⇒OK。西播磨木材へ~納品・請求書発行依頼のFax。森川氏へ~6/26の水生生物調査の参加者リスト作成依頼。デザイナーへ~新聞折込チラシ印刷発注依頼⇒OK。
   17 税務申告書作成。チラシ印刷の納期変更依頼。勝喜氏より~娘さんが3人とも7/2がダメだった⇒森川氏に依頼⇒OK。ノボリと看板はどうなっているか?⇒在庫確認;ノボリ約20枚、看板5台。トンボ池で~サンショウウオをトロ箱に移し替え。1段目の東側の草刈り。平木の宮の前の田んぼに飼育カゴ設置(最終)~水がかなり少なかった。朝日小学生新聞より~7/7発行の新聞に掲載したい。県の調査員と~カスミサンショウウオでなくイモリの可能性もあるとのこと。税務署訪問~申告書等の内容確認。農林水産課電話~試食会等の準備費用は6月支出でもいけるようにしたい。オータムフェスティバルの赤とんぼ米の会場検討。
   18 三木露風祭の過去の写真調査。森川氏へ~田んぼの看板の赤トンボのプレートPDF編集依頼。トンボ池で~サンショウオがもう1匹見つかったので家で撮影のため持ち帰った。平木のカゴのミジンコチェックと番号札取付け作業で巡回。露風生家訪問~展示物と場所確認。オータムの会場~寺田歯科訪問、駐車場を貸してほしい⇒新しいので汚されたら困るのでダメ。オータムの昨年の飲食会場調査⇒露風生家の離れを検討。税務申告書清書。
   19 税務申告書清書。勝喜氏と坂上氏ととれとれ市場訪問~団体客でお客さんが多かった。課長さんに挨拶~なかなか売れていないとのこと。勝喜氏と~赤とんぼ米研究会の申告書に押印。26日の水生生物調査の田んぼについて打合せ。森川氏より~看板用のプレート案受取り。オータムの会場~龍野町づくり協議会事務局に露風生家の離れ借用依頼⇒ほぼOKだが昨年の人と調整して決定する(場所代=1,000円×2部屋×3日=6,000円)。淺井氏へ電話~龍北工房は8月に試験的に昼食を提供し、9月から本格実施したい。ご飯を赤とんぼ米にしたい。オータムは生家のイベントと重なっても良い。谷先生と電話~田んぼの調査に入るのは30分ぐらいだ。長机を2台用意、A4の紙に生物の名前を書いていく。赤とんぼ米研究会の市と県の予算検討。
   20 朝日小学生新聞の予定原稿修正。税務署訪問~2団体の申告書等提出⇒受理。トンボ池へ~トロ箱で2匹初羽化(3月に放流した分)、写真撮影。平木の田んぼへ~ミジンコ確認と補充、番号札取付け作業で巡回。内海自治会長訪問~6/26の田んぼと路上使用の件説明⇒OK。朝日新聞と神戸新聞に今季初羽化の件電話。7/2のチラシ印刷代、新聞折込み代等銀行振込み。NPO会議予定作成。谷先生電話~調査はザルを使用する、また「水田とその周辺の生き物」の冊子(@400円)を配布してほしい。
2,報告事項
  1)今年の飼育カゴ設置状況等について ~ ビデオ参照
  2)6/26(日)の実施概要     ~ 別紙① (省略)
  3)税務申告書(一部)と損益計算書  ~ 別紙② (省略)
  4)“童謡赤とんぼのふるさと巡り”参加者 ~別紙③ (省略)
  5)新聞記事;神戸新聞 ~ 別紙④、朝日新聞 ~ 別紙⑤ (省略)
3,今後の予定について
  日 程 曜日 項      目 内   容   概    要
  6/24 金 トンボ池の田んぼに除草剤散布 ・クリンチャーかショキニー散布
  6/26 日 水田の水生生物調査(三木露風祭でアキアカネのヤゴとパネル展示) ・谷先生をお招きして、子供たちと一緒に、DCAとTTFの田んぼの水生生物の生息状況を調査する。13:20~15:00
  6/28 火 トンボ池の草刈り  
  6月中旬~8月上旬 鶏糞等補充/羽化とマーキング ・トンボ池、田んぼの飼育カゴにミジンコ補充と羽化観察&マーキング               (毎日当番で確認)
  7/1 金 (平木の田んぼの病害虫実地調査) ・県民局加納様(NO1)
    トンボ池に簡易トイレ設置 ・レンタル期間7/1~10/31
  7/2 土 (イナカフェで試食・販売会)  
  7/2-8/9   トンボ池の羽化後のアキアカネ観察 ・火、木、土曜の9:30~12:00に子供たちや一般者に見てもらう。
  7/9 土 “童謡赤とんぼのふるさと巡り”のツアー(No1) ・トンボ池・平木・赤とんぼ荘(赤とんぼ米の弁当)、三木露風関連施設観光
  7/11 月 (平木の田んぼの病害虫実地調査) ・県民局加納様(NO2)
  7/18 月・祝 第1回山上調査 ・峰山・クジラ岩
  7/22 金 第4回会合 ・羽化状況とマーキングについて ・その後の水生生物調査結果について
  7/24 日 “童謡赤とんぼのふるさと巡り”のツアー(No2) ・トンボ池・平木・梅玉(赤とんぼ米の弁当)、三木露風関連施設観光
4,検討事項
  1)トンボ池の羽化後のアキアカネ観察~火、木、土の分担、参加可能日
    前田;坂上さんと前田だけで対応するのは無理があるので、皆さんの中で来られる日があれば、出来るだけ早く連絡して頂きたい。
  2)7/9、24“童謡赤とんぼのふるさと巡り”のツアー(No1)当会参加者と一般参加者呼び掛け
    前田;まだ定員(26人)の半分にも達していないので、出来るだけ周辺や遠くにいる知人等にアピールして頂きたい。
    片岡;姫路のじばさんビルに行けば、兵庫県立大の環境人間学部の方にチラシを渡してもらうことは可能だ。
    木下;兵庫県自然保護協会や三田の人と自然博物館、伊勢自然の里等にもアプローチしてはどうか?
  3)7/18第1回山上調査について
    ①集合場所と時間;新宮支所駐車場、9:00
    ②参加者;鎌尾、森川、青木、木下、坂上、前田
5,その他
  前田;トンボ池の電柵の下の羽化のアキアカネにマーキングするかどうか?
  結論;マーキングせず、観察だけにしてカウントする。
  <後日変更>
   2重カウントの可能性があると言われると良くないので、“黒”のマジックでマーキングすることとする。
  青木;最近はミツバチも戻ってきている感じだ。
  鎌尾;スズメバチも多くなっている。
  塩谷;リンテックの生物多様性の勉強会があり、1.5時間ぐらい講演してもらえるか?
  前田;お役に立てるならぜひやらせて頂きたい。
6,次回会合日程と場所等
  開催日時;7月26日(火)17:30~ 
  場所;龍野コルク工業㈱様会議室 
                                                              以上
スポンサーサイト

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/06/25(土) 07:09:48|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(平成28年度)第2回NPO法人たつの・赤トンボを増やそう会会合

5月28日(土)11時から龍野コルク工業㈱の会議室で第2回目の会合を開催しました。
1,5/3以降の動きについて(前田) 
   3赤トンボと生物多様性に関する小論文作成。坂上氏と~ミジンコハウスの水槽のヤゴ確認、鶏糞を発泡スチロールの分に補充、マコモ移植。道の駅みつへ出荷。勝喜氏へ出荷準備依頼Fax。鎌尾氏へ~の田植えと代かき等確認。千本日程調整。
   4 イナイでトロ舟4台購入⇒車に積めることを確認。勝喜氏より~翌日出荷商品受領。生物多様性に関する小論文作成。NPO議事録作成、コピー、発送。出る杭大会事務局に振込口座Fax。石原氏へ~田植えの時の大きいブローチ依頼。
   5 坂上氏と~ミジンコハウスの水槽のヤゴ確認。電柵の下草刈り。平木倉庫で~大物産展の在庫処分対象選別。道の駅みつへ商品出荷。勝喜氏へ出荷準備依頼Fax。
   6 国立環境研究所の論文確認~フィプロニルを含んだ農薬はアキアカネへの影響が多いことをイギリスの科学専門誌で発表。西播磨特産館太子集荷所へ出荷。(明石がんセンターでMRI)。西明石の花園さん訪問~ポスター、チラシ説明、7月の赤とんぼのふるさと巡りツアー協力依頼⇒5/27現在7名申込み。勝喜氏より~翌日出荷商品受領、新鮮組10周年行事の日は前田が会議と重なっているので参加出来ない⇒了解。小宅小・内海先生~プールからのヤゴ救出日程調整。今年のヤゴ飼育方法まとめ。梅玉さん訪問~7月の赤とんぼ巡りの昼食検討依頼。
   7 新飼育カゴの箱の部分の容量=約9リットルミジンコ溶液の量。道の駅みつへ商品納入。千本藤本氏の田んぼに新飼育カゴ2台設置~8月収穫のコシヒカリはすぐに売れるとのこと。2016年のヤゴ飼育記録シート用意。
   8 坂上氏と~ミジンコハウスの水槽のヤゴ確認。ハウス内にトロ箱設置~卵放流。新鮮組訪問~10周年行事不参加の件説明。
   9 乾燥卵の孵化実験開始。H28年度のNPOと当会の予算検討。堂野建材へ~自動給水装置注文、マコモ20本夢石へ発注。⇒一時にたくさん取れるので“真空パック”したものを販売したら良いとのこと。勝喜氏と~田植え等の準備とノボリ旗の調整。プールからのヤゴ救出日程調整。
   10 赤とんぼ米研究会と当会の予算案作成。高橋氏・加納氏訪問~今年度予算について打合せ⇒予算案修正。勝喜氏と~今年度の予算(約250万円)概要説明。堂野建材より~自動給水装置受取り。
   11 今年のアキアカネ飼育カゴとほ場の一覧表整理。トンボ池で~森川、坂上、前田~2段目のマコモ畑に自動給水装置設置準備、草刈り等各種作業。勝喜氏より~ほ場の地図受取り。マコモの夢石より~マコモの苗と真空パックの商品が届いた。小宅小のプールからのヤゴ救出⇒6/6に決定。アグロで~ノリアミ、アゼシート等購入。
   12 坂上氏と~平木のノボリ旗差替え(15日の子供たちとの田植えに来られた人に見栄えが悪くないようにする為)。勝喜氏に精米依頼Fax。トンボ池で、アゼシート設置、代かき等各種作業~鎌尾、森川、坂上。龍野小のプールからのヤゴ救出⇒6/7に決定。JAよりツインターボフェルデラ購入。
   13 (明石がんセンターで診断~肝臓がんの疑いはなくなった。トンボ池で~トロ箱のヤゴが1cmぐらいに成長していたのを確認⇒今年は羽化が早いかも。トンボ池の地主に支払う為の準備。平木の倉庫から商品持出し。赤とんぼ米の出荷準備。アキアカネの卵塊を50分割準備。龍野高校訪問~ルーペ返却⇒5/下に生物部と校長に説明する。
    14 アキアカネの卵塊を50個の容器に分割。森川氏へ~ヒノヒカリ5合白米パウチ3枚依頼。特産館太子出荷所へ出荷。トンボ池で~坂上氏とミジンコに鶏糞追加、草刈り、トロ箱でヤゴ5匹確認。勝喜氏より~トンボ池の田植え用の苗1パレット受取り。勝喜氏より~田植え用の苗が足りなくなったので追加で買う⇒追加購入分はNPOが負担する。龍野まち協より~今年の三木露風祭は6/26になった⇒ヤゴ等を展示。赤とんぼ米研究会の未精算部分計算。
   15 赤とんぼ米研究会の全体会議題予定作成。坂上氏と~トンボ池の西側の田んぼで田植え、マコモも植付け、20台の飼育カゴの土入れ。平木の勝喜氏の田んぼで“たつの赤とんぼ米”の田植え実施~11家族、子供17人、大人13人参加(当会~勝喜氏、鎌尾氏、森川氏、坂上氏、黒田氏、小本氏、前田)⇒うまく苗が植えられていないところが多いようなので、来年は赤とんぼ米研究会の農家の方に指導をお願いするべし(勝喜氏)。飼育カゴ設置~子供達が卵を放流(2台)、梅ケ谷等も3台設置・放流。
    16 赤とんぼ米研究会の全体会議題予定作成。特産館太子出荷所へ出荷。トンボ池で~坂上氏とカゴを設置しようとしたが雨で中止。県の加納氏訪問~明日の赤とんぼ米研究会の全体会議題予定確認。五箇先生へ~ヤゴの手順の件をメール。
    17 トンボ池で~坂上氏と3台の飼育カゴに農薬別に卵放流。明石の“あいな国立公園”より~水生生物に優しい農薬を教えてほしい⇒メールで返事。たつの赤とんぼ米研究会の全体会議。
    18 堂野建材より~給水用の部品購入。2段目のマコモ畑に自動給水装置設置。市民税課より~今年はどうするのか?⇒収益事業をやっているなら通常の課税対象になる。JR本竜野、さくら路、新鮮組へ納品。
    19 坂上氏と~揖西の鶏糞工場確認⇒金曜の朝8:00に行くこと。平木の倉庫へ~300gの余り持出し。トンボ池で~ミジンコ容器17点全部チェック⇒かなり少なくなった感じ⇒米田氏に指導を依頼。県の光都の環境体験館より~ナツアカネの写真が掲示されていると指摘があった⇒森川氏にどんなものが掲示されていたか確認⇒森川氏よりアキアカネの写真を受取り、高橋氏に差し替え依頼。トンボ池の地主へ~賃借料支払い、チラシと赤とんぼ米300g2個ずつ配布。揖西町の飲食店に~赤とんぼ米のチラシとロビコンのチラシ配布
    20 坂上氏と~揖西の鶏糞工場に朝8:00に行き、鶏糞を無料でもらった。トンボ池のトロ箱に農薬処理した苗と卵を放流。勝喜氏へ~5月水入れの田んぼ確認。大阪の長江さん~赤トンボのツアーは6月になったら皆と相談する。川西地区の飲食店に~赤とんぼ米のチラシとロビコンのチラシ配布。出羽氏へ~トンボ池の草刈りを依頼。NPO会計帳簿決算整理。
    21 NPO会計帳簿決算整理。アグロで~ガソリン等購入。トンボ池で~マコモ畑に鶏糞散布。米田氏とトンボ池で~良い鶏糞なので、発泡スチロールのミジンコ容器にこの鶏糞を入れても良い。平木の5月水入れの田んぼに飼育カゴ2台設置。トンボ池で~18カゴに卵放流。森川氏にミジンコ容器のフタの加工と陽除け設置依頼。勝喜氏へ出荷準備依頼Fax。NPO計算書類作成。
    22 トンボ池で~出羽氏、坂上氏と草刈り、6台の飼育カゴにも卵放流。森川氏~ミジンコ容器のフタを加工。赤とんぼ米袋詰め。ヤゴの飼育カゴ設置リスト作成。加納氏へ~赤とんぼ米研究会の総会案内文メール。
    23 NPO設立時に指導を受けた佐藤氏へ~NPOの計算書類をメール。H27年度事業報告書作成。和歌山サミツトの瀬野氏へ~たつの大会での名簿等メール。坂上氏と~道の駅みつへ納品⇒レジを通らずに商品が無くなっている⇒店員に説明。トンボ池で~坂上氏と飼育カゴ8台を上の真ん中の田んぼで卵放流、ミジンコハウスの水槽のヤゴ確認⇒大きくなっていないのでトロ箱へ移した。龍野税務署に確認~手数料収入があるなら“収益事業開始届け”を出し、5月末までに所得の申告書を出さないといけない。繁氏に~5月田植えのキヌヒカリの田植え日問合せ⇒25日⇒26日にカゴを設置する。ふるさと納税のお礼の債権者登録提出。広報課訪問~7月のトンボ池の羽化観察の件お知らせ版に掲載依頼⇒“後援”がないとダメ⇒社会教育課長に説明⇒明日正式な後援依頼書を出す後援依頼書作成。加納氏より~赤とんぼ米研究会の助成金の申請書案受取り。
    24 市教委へ~後援依頼書提出⇒広報課了解。勝喜氏へ~県の助成金申請書の押印依頼、道の駅みつの問題説明。洋祐氏より~未精算リストから漏れている分の明細Fax受領。トンボ池で~坂上氏と上のマコモ畑に鶏糞散布、村の溝さらえに対応し、池の下の溝近辺を草刈り。一部くみだしたミジンコ容器に水補充。川東地区の飲食店に~赤とんぼ米のチラシとロビコンのチラシ配布。佐藤氏より~NPOの前田の立替金はもっと多いはずとの指摘⇒助成金の未入金部分は一時的に前田が立替えたので貸借対照表に記載すると返事。
    25 ミジンコ容器の水補充管理リスト作成。国税局のHPから“収益事業開始届け”をダウンロードして2団体分作成。トンボ池で~坂上氏と6月田植え用のトロ箱2台を赤トンボハウスに設置。JA上野センター長への赤とんぼ米研究会の総会の案内文女性の方にことづけた。企画課より~ふるさと納税のお礼の品の注文Fax受取り⇒セノヲさんを訪問し、関連書類説明。勝喜氏より~お礼の品の3kgを受取り。
    26 “収益事業開始届け”の付帯資料作成。トンボ池で~坂上氏とハウス内のトロ箱に卵放流。マコモ畑の給水復旧。殿垣内の田んぼに飼育カゴ2台移設。生物多様性助成金事務局より問合せ~針金トンボ作りの300円の参加賞は何か?⇒おやつや飲み物はダメ⇒森川氏と相談⇒虫眼鏡か赤とんぼ米300gにする⇒OK。セノヲさん訪問~3kgの赤とんぼ米持参⇒即発送。
    27 NPOの総会資料作成。税務署訪問~収益事業開始届けの下書き確認⇒OK。
  市農林課訪問~助成金の内容等打診。サンTVより~プールからのヤゴ救出の取材をしたい。当会メンバーへ~明日の総会の出欠確認。
2,報告事項
  1)今年の飼育カゴ設置について ~ 実験参加ほ場一覧表 別紙① (省略)
3,今後の予定について
  6月3日 金 午前;プールからヤゴ救出NO1 ・揖西東小8:40~
  6月3日 金 午後;たつの赤とんぼ米研究会総会 ・龍野庁舎13:30~ 
  6月6日 月 プールからヤゴ救出NO2 ・小宅小10:30~
  6月7日 火 プールからヤゴ救出NO3 ・龍野小9:40~
  6月12日 日 中垣内の田植え(6/12-6/21) ・
  6月12日 日 トンボ池の田植え(真ん中のみ) ・飼育カゴにアキアカネの卵とヤゴを放流
  6月13日 月 トンボ池の田んぼに農薬散布 ・ヒエの農薬散布
  6月16日 木 中垣内の田んぼにヤゴ放流 ・田植え後の田んぼに卵入り飼育カゴ移設
4,その他
  黒田;田植えの時、遊んでしまう子供たちが多かったので、やり方を含めて何らかの指導が必要と思う。
  青木;植え方の問題もあったので、来年は“赤とんぼ米研究会”の人にも参加してもらい、指導してもらうようにしたい。

  前田;6/26(日)の水生生物調査の時にツインターボフェルデラの田んぼも調査し、デジタルコラトップアクタラの田んぼと比較するようにしたい。その田んぼの持主に話をしてほしい。
  青木;青木トシアキ氏に話してみる。

  前田;7/9,24の”童謡赤とんぼのふるさと巡り”ツアーに出来るだけ参加してもらうよう、知人等に呼掛けてほしい。実施内容のチラシ 別紙② (省略)

5,次回会合日程と場所等
  1)開催日時;6月21日(火)17:30~
  2)場所;龍野コルク工業㈱様会議室
  3)議題;6/26の水生生物調査参加者等について、7/9,24の”童謡赤とんぼのふるさと巡り”ツアーについて、飼育カゴ設置状況について 
                                                                  以上

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/05/31(火) 06:59:46|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NPO法人たつの・赤トンボを増やそう会平成28年度総会議事録

 1 開催日時   平成28年5月28日(土) 午前9時30分~午前11時15分まで
 2 場  所   兵庫県たつの市龍野町島田321番地 龍野コルク工業株式会社 会議室
 3 出席者数   出席者数14名(うち委任状出席者数3名)
 4 審議事項
   第1号議案  平成27年度事業報告書に関する事項
   第2号議案  平成27年度収支報告に関する事項
   第3号議案  平成28年度事業計画に関する事項
   第4号議案  平成28年度予算に関する事項
   第5号議案  議事録署名人の選任に関する事項
      
 5 議事の経過の概要及び議決の結果
(1)出席者を代表して森川富夫氏が、本日の平成28年度総会は定数を満たしたので、有効に成立した旨を告げたのち、開会の辞を述べた。
(2)議長の選任について諮ったところ、満場一致をもって鎌尾 正氏を選任し、議案に入った。(9時30分)   
第1号議案 平成27年度事業報告書に関する事項
議長は、別紙記載の平成27年事業報告書を配布の後、その内容の説明をし、その承認を求めたところ満場異議なく承認可決した。  
  第2号議案 平成27年度収支報告に関する事項
     議長は、別紙記載の平成27年度活動計算書並びに貸借対照表を配布の後、その内容を説明し、その承認を求めたところ満場異議なく承認可決した。 
  第3号議案 平成28年度事業計画に関する事項
     議長は、別紙記載の平成28年度事業計画案を配布の後、その内容を説明し、その承認を求めたところ満場異議なく原案のとおり承認可決した。 
  第4号議案 平成28年度予算に関する事項
議長は、別紙記載の平成28年度予算案を配布の後、その内容を説明し、その承認を求めたところ、満場異議なく原案のとおり承認可決された。  
  第5号議案 議事録署名人の選任に関する事項
     議事録署名人について、議長から本日出席者の森川富夫氏と前田清悟氏の2名を指名した
ところ、全員異議なく承認し、本案は可決された。
 議長は、以上をもってNPO法人たつの・赤トンボを増やそう会の平成28年度総会に関するすべての議事を終了した旨を述べ、閉会を宣言した。(11時15分)

以上の議事の要領及び結果を明確にするため、議長並びに議事録署名人は次に署名・押印又は記名・押印する。
平成28年 5月28日

NPO法人たつの・赤トンボを増やそう会平成28年度総会

                       議    長    鎌 尾  正   ㊞

                       議事録署名人  森 川 富 夫  ㊞

                         同        前 田 清 悟  ㊞

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/05/30(月) 07:55:02|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(平成28年度)第1回NPO法人たつの・赤トンボを増やそう会会合

5月2日(月)18時から龍野コルク工業㈱の会議室で平成28年度第1回目の会合を開催しました。
1,3/23以降の動きについて(前田) 
  23 森川氏へパウチ依頼。赤とんぼ米幹部会議~大物産展、28年度予算、前田の病気の件。西播磨木材より新飼育カゴの見積受領(50台で組立てを含め30万円=1台6千円)。和志商事へ電話~運賃が高いので利益が1袋80円しか出ない。
  24 高橋氏への費用明細書作成、提出。倉庫で~源氏、勝喜氏、繁氏、坂上氏と物産展用の袋詰め。道の駅みつへ納品。イセダやセリアで物産展用品購入。高橋氏より~300g入り99袋受領。国立環境研究所の五箇先生へ~今年のアキアカネの実験についてメール。
  25 高橋氏より依頼~過去のイベント時の写真選定、提出、ラジオ関西用インタビュー準備⇒9:35より本番。物産展準備。高橋氏と営農分の買取り価格相談。光都県民局と出る杭大会のゆるキャラ借用調整。物産展荷物積込み。
  26 物産展のPRの為知人にメール。物産展へ~7:10出発7:50姫路大手前講演着、会場設営~電気コード購入、9:20炊飯開始、ステージでのPR等⇒試食は好評だったが販売は伸びなかった。倉庫で源氏、繁氏し勝喜氏等翌日への引継ぎの説明。翌日の備品購入。
  27 物産展へ~7:50出発、8:20会場着、準備。試食好評、販売も、女性の方も前へ出てPRし、前日より多く販売出来た。金庫整理。
  28 物産展の結果概要まとめ。トンボ池のミジンコ用の棚が半分完成(森川、坂上、前田)~残りは4月に制作。トロ箱のヤゴはまだ見えない。高橋氏より~当会のパネル依頼。出る杭大会事務局より~赤とんぼくんは午前中2回程度来てもらえる⇒じゃんけん大会;子供と赤とんぼくんが“足じゃんけん”をして、子供が勝ったら“針金赤とんぼ”をプレゼントする。倉庫で~源氏、勝喜氏、坂上氏と在庫チェック。高橋氏へ~パネル手渡し。出る杭大会~当日の荷物搬入車両の届け出書Fax。物産展で、10kgの注文の姫路の方へ電話~3/30発送の件。インターネット講演内容修正。
  29 売上実績整理。(明石のがんセンターへ;大きさ約2cmの胃がん⇒胃カメラと大腸検査必要、それらを踏まえ4/11に手術日を決める)
  30 トンボ池のヤマアカガエルがほとんどいなくなった。国立環境研究所の五箇先生よりメール~すべて急性毒性試験に活用させて頂いております。次年度以降の水田試験については現在予算調整中です。また詳細が決まりましたらお知らせしたく存じます。(原文のまま)姫路の方に10kg赤とんぼ米発送。道の駅みつと新鮮組へ納品。
  31 (明石のがんセンターへ;胃カメラ検査)イナカフェ中村氏より~残数が3つになったので4/7に新たに仕入れに行きたい~コシ、ヒノ2kgを各10袋。和志商事へ電話~高いので1個しか売れていない⇒ポスターを早急に作りたい、次回30%引きにしたい。花園さんへ電話~チラシも作っているが、まだ1袋(ヒノ30kg)しか売れていない。姫路の方に電話~運送費が高い、30kgの値段と勘違いしていた。赤とんぼ米研究会の県の予算検討。
  4/1 赤とんぼ米研究会の県の予算作成。高橋氏訪問~4/1付で業務分担変更になった⇒後任;加納担当課長補佐、赤とんぼ米の予算案説明、小生の病状説明。そら訪問~300g4個販売⇒残6個は2月精米なので交換する。本竜野売店訪問~5合1個販売⇒さくら路とも2月精米分は入れ替える。
   2 トンボ池で~残りのミジンコ台設置(森川氏、坂上氏、前田)。ヤマアカガエルをプールからハウス内の水槽に移動させた。赤とんぼ米研究会の領収証整理、収支試算。勝喜氏訪問~今後の袋詰め予定、県の予算等説明。本竜野売店とさくら路の300g入替え納品。ラジ関のリスナープレゼントの5合コシヒカリ(5個)の送付準備。
   3 ラジオ関西へ発送。(さくら祭撮影)NPO会計帳簿整理。勝喜氏と倉庫で在庫確認。イベント時の奥さん方の参加メンバー確認依頼。道の駅みつのニュアル作成。
   4 道の駅みつで~勝喜氏、森川氏、坂上氏にバーコード取扱いと商品補充業務を説明。倉庫で~4人で現在在庫確認。山崎の米田氏と~トンボ池のミジンコ確認、米ヌカは7リットルの水にスプーン2杯程度、ハウス横のプールのミジンコはスゴイ!市役所、中岡部長等に小生の病状説明。NPO会計帳簿整理。(大腸検査準備)
   5 デザイナーより~赤とんぼ米のポスターのメインの写真案受領。西播磨特産館への出荷準備のFaxを勝喜氏へ送付。NPO会計データの各助成金への振分け検討。(明石のがんセンターへ;大腸検査⇒S字結腸のところで痛みがひどく中止)勝喜氏へ~袋詰め修正依頼。イナカフェの神戸(かんべ)氏より~4/7の11:30に引取りに行きたい。西播磨特産館の商品出荷処理マニュアル作成~特に、バーコードの部分がややこしい。
   6 赤とんぼ米の袋に貼るロゴのテスト。デザイナーへポスターの文面、写真等送付。太子の西播磨特産館の出荷所へ~徹氏にバーコード等説明⇒なかなかマニュアル通りにいかない。トンボ池のミジンコの台設置完了(森川、坂上、前田)、牛糞800g+米ヌカを混ぜた溶液作成、トロ箱のヤゴチェック~見つからず。前田宅で~イナカフェ用、坂上氏とコシ、ヒノ2kg各10袋詰替え作業。トミオカへ~生産者シールの用紙注文。ラジオ関西~応募総数約500人、(プレゼント会社数10社)、内、赤とんぼ米希望62人⇒抽選で女4人、男1人が当選(大阪2人、兵庫3人)。高橋氏より~光都農林の所長より、ヒノ300g10袋ほしいとのこと。NPO助成金費用実績まとめ。
   7 NPO助成金費用実績まとめ。デザイナーへ赤とんぼ米のロゴ発注依頼。イナカフェ神戸氏と~アグロで商品引渡し。県の環境保全助成金調整~一部修正。勝喜氏より~JAの入出庫資料受領。NPOのH27年度の収支試算。森川氏来宅~NPO決算の帳簿と領収証チェック、その後2人で光都の出る杭大会の説明会出席。
   8 NPO収支まとめ⇒ヤゴの飼育の備品購入等が増加した為、約40万円の赤字~赤とんぼ米の手数料5万円を入れても約35万円の赤字⇒前田より貸付け処理で対応。トンボ池でアキアカネの卵の放流開始(小さいプラスチック製の水槽で)。古いカゴの廃棄準備⇒勝喜氏に焼却依頼。赤とんぼ米研究会の帳簿と領収証チェック。県の生物多様性ひょうご基金の助成金申請書作成。
   9 NPOの各助成金の領収証コピー、県の生物多様性ひょうご基金の助成金申請書作成  
   10 赤とんぼ米の販売実績分析~5合以上の店等での販売金額=約55万円、販売量=約820kg、平均単価=約670円(お店への手数料等で実収入の単価=約550円/kg)デザイナーより~ポスター3案受領⇒県の認証食品のロゴを入れるよう指示。トンボ池で~水槽の中のヤゴは確認できず、ヤマアカガエル10匹ほどハウスの水槽に移動。県へ生物多様性ひょうご基金の助成金申請書速達で送付、兵庫生物の小生の論文校正、12日の倫理の会の講演準備。
   11 NPOの各助成金の領収証コピー等。ヤマトフィナンシャルへ~宅急便着払い料金等支払い。兵庫生物の小生の論文校正結果郵送。(明石のがんセンターへ;手術は、比較的軽い内視鏡手術となる。入院は19日、手術20日、退院は26日の見込み)勝喜氏、坂上氏、森川氏等へ報告。高橋氏へ~手術の予定等メール。翌日の講演準備。
   12 朝4:40堂野氏の車で出発、5:20志んぐ荘で倫理の会の講演準備、6:10~6:55当会の活動等について講演。トンボ池で卵の追加放流(タッパに入れた)。勝喜氏へ~NPOと赤とんぼ米研究会の収支概要説明。道の駅みつの店頭在庫補充、総会欠席説明。県の生物多様性ひょうご基金の助成金等調整~一部修正。出る杭大会で配布するチラシ(2種類)検討。
   13 赤とんぼ米研究会の議題予定作成⇒高橋氏へ説明。赤とんぼ米の袋に貼るロゴ到着。新鮮組訪問~総会委任状提出、年会費支払い。西播磨県民局と~出る杭大会のゆるキャラとは現地で事前に打合せするべし。出る杭大会用のチラシ案作成。
   14 県の生物多様性ひょうご基金の助成金領収証整理。片岡社長へ~4/19の会議延期のお願い⇒5/2へ変更OK。「たつの赤とんぼ米研究会」全体会議~3/末の収支、今年の実験田、小生の病気、ポスター案決定の件。市役所企画課訪問~ふるさと納税のお礼の品は“ふるさとチョイス”というサイトに載せる予定。デザイナーへ~ポスターの選定結果メール。県の環境創造助成金報告書作成。
    15 県の生物多様性助成金報告書作成。県の環境創造助成金報告書作成⇒郵送。(何とか間に合った)
    16 勝喜氏へ~赤とんぼ米の出荷予定Fax。トンボ池で~タッパのヤゴが初めて孵化したのを確認(坂上、前田)。マコモがかなり生えてきた。モリアカガエル10数匹をハウス内へ移動。廃棄する飼育カゴを平木に運搬。赤とんぼ米出荷。森川氏へ~田植えの学校への通知文依頼、明日の太子集荷所同行依頼。赤とんぼの里巡りの原稿作成⇒デザイナーに素材送付。当会関係者4/19会議延期の件連絡。
   17 徹氏、森川氏と太子集荷所と道の駅みつへ~バーコード等説明。コープこうべの報告用写真焼付け。ドラゴンウォーカーズ石原氏に、針金のトンボブローチ30個依頼(@150円)西播木材永峰会長へ~新飼育カゴを4/29までに1台、4/末までに30台程度ほしい。神社の木を木道として加工するのは現物を見るか、裁断の寸法と数が分からないと見積もれない。NPO議事録コピー⇒発送。
   18 赤とんぼ米研究会の出る杭大会での内容まとめ。トンボ池に新しいプラスチック製の水槽設置~大きめのタッパに卵を放流。以前の水槽のヤゴも確認出来た。勝喜氏へ~出る杭大会の実施概要説明。3小学校の校長訪問~田植えの募集案内文説明。出る杭大会事務局へ~ゆるキャラとの足じゃんけん企画概要メール。塩谷氏へ~年間計画とFMの音データ送付。森川氏へ~出る杭大会の配布チラシと足じゃんけん企画等メール。デザイナーより~出る杭大会配布のPDF受領⇒印刷発注依頼。高橋氏へ~新聞コピー依頼。
   19 (明石のがんセンター入院、4/20手術、4/26退院)
この間、道の駅みつへの納品等、森川氏、徹氏に業務をやって頂いた。
26 トンボ池へ~(坂上氏と家内同行)ミジンコハウスのプラスチック水槽内のヤゴ確認。マコモがかなり生えてきた。池の水位上昇でハウス横のプールの水があふれていた⇒下の田んぼにミジンコがかなり流れたかも⇒下の段の自然羽化に良い影響が出るかも。JR本竜野の観光案内書集金。森川氏へ~出る杭大会準備依頼。県の環境創造助成金報告書一部修正。この日のヤゴの顕微鏡写真撮影。
   27 トンボ池へ~(坂上氏、森川氏と)ミジンコハウスのプラスチック水槽内のヤゴ確認。同ハウスの陽をさえぎるスダレ検討。出る杭大会チラシ説明。土焼き検討⇒雨が多くて土が乾かない⇒今年は思い切って土焼きをやめる。勝喜氏、徹氏と~新飼育カゴ50台運搬依頼。県の環境創造助成金請求書作成、メールと郵送。揖西東小、小宅小の田植え申込書受取り。ふるさと納税のお礼の品~ふるさとチョイスのサイトを確認。県の高橋氏訪問~退院の件、ポスターとチラシ手渡し、新聞コピー等受取り。市の小笠原課長に退院報告。三瀬先生にルーペ依頼。出る杭大会用の赤とんぼ米のパネル写真検討⇒高橋氏、加納氏に依頼。
   28 出る杭大会備品チェック。龍高訪問~ルーペ5個借用。試食用備品購入。県の生物多様性助成金報告書の追加資料提出の件~先方に事情を説明し、5/6まで待って頂くこととした。龍野小~配布していなかったので5/2に必ず回収するとのこと。西播木材訪問~新飼育カゴ50台受取り⇒トンボ池に搬入⇒軽トラ2台(勝喜氏、徹氏)ともスリップして上がれず、やむなく2輪車で人力で運搬(森川、坂上、前田)。倉庫より~出る杭大会展示用商品サンプル搬出。セノヲ社長訪問~ふるさと納税のお礼の品の決定通知と袋に貼るPRのロゴ、チラシ等説明。コープこうべ助成金報告書作成(これもギリギリで、4/30必着)。
   29 出る杭大会備品準備、積込み。勝喜氏らと中垣内交差点待合せで光都へ~8:30到着後会場設営等(加納氏、勝喜氏、源氏、勝喜氏の奥さんと娘さん、鎌尾氏、森川氏、黒田氏、小本氏、木下氏、坂上氏、前田)、開会式の後本番~審査員対応、ゆるキャラ(赤とんぼくん、アカネちゃん)と子供達との足じゃんけん大会実施~午前中2回、24人の子供達に針金ブローチを渡すことが出来た。赤とんぼ米(コシヒカリ)も約320人に食べて頂き、“おかず無しでも食べられるお米だ”というコメントもあった。また、NPOの卵やヤゴの展示にも多くの子供たちが興味深く見てくれた。結果としては、NPOが“でるたん賞”を受賞した。(赤とんぼ米研究会の方は説明要員の人手が足りなかったかも。)トンボ池に水槽返却。
   30 赤とんぼ米出荷準備、Fax。トンボ池へ~ミジンコハウスのヤゴとミジンコチェック。新飼育カゴを水に付けてテスト~水漏れは少ない。勝喜氏に精米依頼⇒徹氏へ。コープこうべに活動の際の写真選定⇒メールで送付。ヒガシマルの朝夷氏へ~ふるさと納税のお礼の品として醤油との詰合せも認定された券を報告⇒浅井氏より;下川原の龍北工房で赤とんぼ米が食べられるような企画を検討中。アグロですだれ等購入、生物多様性助成金の金額根拠調査⇒生物多様性助成金申請書の質問事項に対する回答作成。森川氏へ~赤とんぼ米のコシヒカリがなくなった為ヒノヒカリのパウチ作成依頼。5/2のNPOの会議予定作成。
   5/1 NPOの会議予定作成。トンボ池で~ミジンコハウスのスダレ設置(森川氏、坂上氏、前田)、マコモ移植テスト~根っこが深く、掘り起こすのが大変。明日、山崎の米田氏に来て頂いて、新飼育カゴに入れるミジンコと鶏糞の量を相談する。森川氏より~県の光都での展示写真がナツアカネになっている⇒連休明けに高橋氏と相談して差替えたい。平木の倉庫へ~無いと言われていたコシヒカリの玄米があったので搬出。道の駅みつへ~納品、チラシとポスター配置。新鮮組訪問~チラシ配置⇒6/5に10周年行事開催⇒イベントをやらないか、とのこと。出る杭大会等のビデオ編集。
2,報告事項
  1)当会のH27年度の決算について ~ 収支等概要 別紙① (省略)
  2)姫路の「はりま大物産展」の結果概要 ~ 別紙② (省略)
  3)“童謡赤とんぼのふるさと巡り”ツアー案内チラシ ~ 別紙③ (省略)
  4)“たつの赤とんぼ米”のポスターとチラシ ~ 別紙④⑤ (省略)
  5)H28年度の当会の年間活動計画 ~ 別紙⑥
  6)農業新聞の記事 ~ 別紙⑦  (省略)
  7)出る杭大会とトンボ池の模様  ~ ビデオ
3, 今後の当面の予定
   5/2(月) 龍野小の田植え参加者締切り⇒申込書回収(前田)⇒参加者名簿作成と参加賞・飲物等手配(森川氏)
   5/3(火)新飼育カゴを田んぼに設置する際の運搬方法検討 
   ~箱の中の水や泥も一緒に運ぶので水が漏れないようにする。
   5/7(土) 千本の藤本氏訪問~新飼育カゴ設置と卵放流(田植えが終わっていることを 確認してから行く) 13:30~14:30            (注)日程変更
   5/11(水) トンボ池の田植え準備~・赤トンボ飼育田、全体を鋤いた後水を溜め、代かきをする。・上から2段の草刈り・給水配管工事延長~マコモ畑に自動水位調節器設置の為の穴掘り。9:00~12:00  (注)日程と時間変更  
  5/12(木)平木とトンボ池の田植え準備~苗にデジタルコラトップアクタラ散布
  5/15(日)①トンボ池の田植え9:30~12:30(昨年は、平木の田植え後に実施し、夕暮れ   になり、かなり寒くなったので、今年は、午前中にしたい)
        ・当会メンバー等で手植え、卵を放流、給水配管工事延長~マコモ畑に自動水位調節器設置 マコモ田植え(上の東とマコモ畑)
         参加者; 鎌尾氏、森川氏、青木氏、坂上氏、小本氏、前田                                
         ②平木の田んぼの田植え(13:30~15:30)~スケジュール 別紙⑧
           ・3小学校の児童・保護者と一緒に田植え/飼育カゴにアキアカネの卵とヤゴを放流 
         参加者; 鎌尾氏、森川氏、青木氏、坂上氏、黒田氏、小本氏、前田                           
   5/28(土)①NPO法人たつの・赤トンボを増やそう会総会/②第2回会合 
         時間をどうするか?⇒後の4の5)参照 
         会員は全員出席のこと(欠席の場合は委任状必要)
4,その他
  1)出る杭大会の出展者の冊子を会議出席者に配布。
  2)特許庁へ“たつの赤とんぼ米”の権利者修正手続きをしたい。~時間が取れず未対応
  3)前回鎌尾氏から提案のあった篠首の神社の丸太(直径30cmぐらい)を使って“木道”を作る件は、一度三役で現物を見てから配置や運搬方法等を検討したい。    
  4)意見
  片岡;ノボリ等の費用はたつの市から出してもらえないか?
  前田;これは今まで県の予算で対応して頂いており、今年もそうなる予定だ。
  片岡;赤とんぼ米のシールだが、現在の ものに“物語性”を加えたものを作れないか?
  前田;実は、セノヲ社長からも要望があり、“安全・安心”を前面に出してほしいということから、それに対応したシールも貼っている。
  片岡;HP等でもアピールしたらお米が売れると思う。
  前田;HP制作を急がないといけないのは承知しているが、次々と優先すべきことをやらねばならず、なかなか時間が取れない。5月中旬ぐらいから取り掛かりたい。
  5)次回会合日程と場所等(総会と通常の会議)
    開催日時;5月28日(土) 龍野コルク工業㈱様会議室 
    ①総会 9:30~11:00  ②定例会議 11:00~12:00 
                                                                        以上  

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/05/10(火) 10:41:46|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(平成27年度)第13回たつの・赤トンボを増やそう会会合

3月22日(火)18時から龍野コルク工業㈱の会議室で第13回目の会合を開催しました。
1, 2/17以降の動きについて(前田) 
   17 トンボ池ミジンコチェック~坂上氏と2日に1回のペースで実施。2/20の道の駅みつの試食会資料作成。森川氏へ~道の駅みつでのパウチ依頼。平木倉庫で~勝喜氏、源氏と打合せ⇒①今後残品は飲食店ら試食サンプルで提供⇒袋詰め、②さくら祭⇒人手が少ないので残念だが出店は見合わせる。③2/28のNPO報告会にささ営農と新鮮組に声がけする。⑤2/12の県の商談会の概要報告。ネオニコチノイド助成金不採択通知受取り(どうやら“敵”だったようだ)。
   18 勝喜氏と~20日は雨の予報なので様子を見て精米する。倉庫で袋詰め~勝喜氏、奥さんと。イナカフェ中村氏来龍~トンボ池や平木の田んぼ案内、店頭での試食会は可能、コシヒカリ白米2kg10袋、玄米2kg5袋買って頂いた。道の駅みつへ出荷~田路さんより⇒試食会は、雨の予報で中止しても良い。県のブランド課三原氏へ~赤とんぼ米・冊子等送付。3/26,27開催の姫路のはりま大物産展出店案内~FAX受領。
   19 兵庫生物の原稿修正と原版送付。20日が雨の予報の為道の駅みつの試食会中止決定。鎌尾氏より~27日が行けなくなった⇒夕方の会食依頼⇒OK。商工観光課訪問~観光売店に出店OK⇒2/24打合せ予定。企画課訪問~ふるさと納税のお礼の品応募書類受領。高橋氏訪問~試食会中止と今後の運営について⇒幹部会議を開催すべし。源氏等と~幹部会議日程調整。ささ営農や揖保川の農家等に28日の参加要請の電話⇒いずれも用事でダメ。そらさんに値札等手渡し。
   20 NPO議事録まとめ。谷先生へ28日のソフト等確認。ふるさと納税のお礼の品検討~4,000円相当の商品が必要。28日の活動報告発表資料とビデオまとめ。
   21 中垣内農業構造改良センターで打合せ~久保田営農代表、勝喜氏、源氏と~締め切りが迫っている懸案事項があり、営農さんにもご協力をお願いした。西播磨特産館へ~残品の1/2精米分は戻してもらう。勝喜氏に精米依頼。
   22 千本の新千農園訪問~2/28の報告会出席依頼~倉庫と機械設備等を見せてもらった。中垣内のセンターで幹部会議開催~久保田氏、勝喜氏、源氏と~①姫路のはりま大物産展出店OK、②4/29の出る杭大会出店OK、③ふるさと納税のお礼の品⇒セノヲさんと詰合せを検討。④セノヲの詰合せに貼るPRのシール文言、⑤観光売店出店。☆洋祐氏から、1月中旬から病院で検査が始まるので無理と言われ、勝喜氏に代わりをやってもらっているが、このままでは販売の長が不在となるので他の方にお願いしたい⇒結論;前田氏にお願いしたい⇒前田;多忙だがやむを得ない。セノヲ訪問~ふるさと納税のお礼の品検討依頼。赤とんぼ米出荷準備。
   23 28日の活動報告ビデオ修正。西播磨特産館太子集荷所へ~商品出荷。道の駅みつへ納品~バーコードトラブル。セノヲへ~5kg玄米見本提出。「食材チーム」よりパンフのゲラ刷り受取り。勝喜氏より~確定申告に農薬の領収証が必要⇒用意する。デザイナーに赤とんぼ米に貼るPR文言のデザイン依頼。NPO議事録発送。28日の次第作成。商工観光課との打合せ資料作成。
   24 商工観光課訪問~観光売店での出店の件⇒手数料30%、年会費5,000円⇒検討して返事したいと回答。森川氏がインフルにかかった為28日の司会を急きょ鎌尾氏に依頼⇒OK。
観光協会幹部の山本富士子さんにコシヒカリのサンプル手渡し~食べた後の感想=facebook「なんか、もち米をブレンドした感覚でしたね。その後息子がお米が違うと言いましたから、何が違うのと聞いたら「甘い」といいました。今度は「お寿司」にでもして食べてみたいと思います。」
高橋氏訪問~観光売店の手数料30%はやむを得ないだろう。淺井良昭氏より~赤とんぼ米のPRチラシや新聞記事が欲しい⇒メールで送付。企画課と~お礼品の商品の写真はすぐ提出のこと、赤とんぼ米単独でも良いと思う。大阪・和志商事長江社長と~29日はJRで本竜野へ行く。勝喜氏と~観光売店出店の件~手数料と年会費はやむを得ない。
   25 姫路のはりま大物産展出店申込み。勝喜氏へ~袋詰め依頼Fax。道の駅みつへ~1/20精米分引取り。クロネコヤマトで~5kg用の箱購入。倉庫で~勝喜氏と袋詰め⇒2kg用の袋が無くなった⇒ナカノへ発注。ふるさと納税のお礼の品の見本で6kgのものを検討⇒いけそうだ。さばとへ~残品20kg納品(入金)。県へ問合せ~ひょうご推奨ブランドのロゴ使用の件。セノヲ訪問~赤とんぼ米3kgと醤油(淡口・濃口各1本)の詰合せでお礼の品に応募したい、手数料20%。
   26 出る杭大会出展申込み。ふるさと納税のお礼の品応募用紙作成~セノヲへ持参。出る杭大会応募用紙作成(2団体)⇒メールで申込み。県のブランド課より~ひょうご推奨ブランドのロゴ使用手続きの件。セノヲへ~当会も独自でお礼の品・6kg応募したい⇒OK。28日の活動報告ビデオ修正。
   27 勝喜氏に~ふるさと納税のお礼の品応募用紙に押印。水生生物の専門家の谷先生ご夫妻と~トンボ池と平木の田んぼ、露風関連施設等ご案内⇒トンボ池にヤマアカガエルがいるのは珍しい。トンボ池は素晴らしい環境だ。ミジンコを増やすには米ヌカが良い。先生らと会食~水生生物の調査は、田植え後7~12日後が良い。大手百貨店では、ブランド米を富裕層向けに2,000円/kgぐらいで売っている。
   28 谷先生ご夫妻と~三木露風関係施設ご案内。NPOたつの・赤トンボを増やそう会の講演会の参加人数は30人ぐらいだったが、先生の講演を熱心に聞いて頂いた。
   29 ふるさと納税のお礼の品の写真撮影、及び応募申請2品提出。和志商事長江社長来龍~トンボ池と平木の田んぼ等ご案内~大変素晴らしい場所だ、5合入りを大阪・本町の店で販売したい(ビジネス街での試食も可能)、赤とんぼ米・玄米とマコモのお茶の販売を常盤薬品と相談したい。トンボサミットの今村代表と~サミットのHPをどこかに引越し出来ないか?⇒無料に近いところを捜してみる。
   3/1 倉庫で~勝喜氏と袋詰め、6kgも詰め直し。トンボ池~アカトンボハウス東の水槽でミジンコが大量発生していた。道の駅みつへ納品。セノヲの詰合せと当会の6kgの撮影やり直し。和志商事へ~5合・白米の見積書作成、メール。
    2 赤米会の6kgの撮影さらにやり直し⇒ようやく企画課へ提出。県の環境創造協会の助成金の申請準備~仮決算作業と予算作成。
    3 県の環境創造協会助成金~仮決算作業と予算編成作業。赤とんぼ米を食べた方から“大変美味しかった”との感想。企画課より~詰合せの場合、他の商品の製造元に応募の了解を得ること⇒セノヲさんに依頼。商工観光課と~各売店へ3/9の10:30に行って打合せしたい⇒OK。勝喜氏へ~袋詰め依頼。森川氏へ~観光売店用のパウチ依頼。谷先生へ~田植え後の水生生物比較調査の日程確認。朝日新聞に電話~谷先生から登米市がアキアカネや水生生物の調査をしていると聞いたがなぜ新聞が取り上げないのか?⇒単に古い農薬(パダン)を使っているだけなのであまり意味がない。
    4 倉庫で~勝喜氏と袋詰め。森川氏へ~県の助成金と谷先生の件メール。トンボ池で~アカガエルの卵を上の池へ移動させた。寿司店への売り込み文書作成~「たいの鯛」と「すし官太」へ文書持参・試食5合(コシ・ヒノ)手渡し。龍野土木・川崎社長訪問~とんぼ村の新しい店に赤とんぼ米の使用を依頼。森川氏へ~売店のパウチ依頼。
    5 デザイナーより~赤とんぼ米のPR文言のラベル案受領。西播磨特産館太子集荷所へ出荷。光都で「食材チーム」のパンフの打合せ~白米の写真の要望有り⇒自宅で撮影して送付。勝喜氏へ~中垣内の県道沿いで果物を販売しているお店に赤とんぼ米を販売してもらえないか?⇒一度知り合いを通じて聞いてみる。勝喜氏へ~はりま大物産展出店時の使用電気器具の電気量確認⇒イベント事務局へFax。コープこうべ助成金25万円決定。
    6 ミジンコの飼育の調査~朝来市の内水面漁業センター問合せ~やったことがない。また牛窓は海洋専門だった。丸尾繁喜氏と~トンボ池案内。倉庫で~道の駅みつの袋詰め⇒納品。新鮮組で店頭商品確認~1/2精米分引取り。赤とんぼ米研究会全体会議予定作成。赤とんぼ米の販売実績等まとめ。
    7 西播磨特産館太子集荷所へ出荷。勝喜氏より~中垣内の果物販売店は月木以外なら訪問OK。高橋氏訪問~全体会議題等打合せ、県の光都の環境体験館で赤トンボ等のパネルを展示したい。赤とんぼ米PR文言のラベル~セノヲさん、赤米研の皆さんがC案選定。現時点の赤とんぼ米の入金状況整理。アキアカネの卵チェック~かなり気温が上がった為かなり孵化していた⇒急いで冷蔵庫に保管(早くすべきだ)。
    8 勝喜氏に田植えの予定確認⇒谷先生へ~水生生物調査の日程⇒6/26(日)で調整依頼。トンボ池~アカガエルがたくさんタマジャクシになっていた。中垣内交差点の果物店訪問~場所代5,000円/月と販売手数料10%。道の駅みつへ納品⇒小さいチラシを置くことはOK。ヒガシマル淺井氏~ふるさと納税のお礼の品として使うのはOK。アキアカネの孵化したヤゴを集約保管~約500匹。
    9 商工観光課訪問~観光売店2店での赤とんぼ米の販売方法打合せ⇒さくら路、JRの売店で各々打合せ。トンボ池へ~トロ箱にヤゴ放流。赤とんぼ米研究会全体会議。デザイナーにシールがC案になった件と印刷は4月になったことを連絡。姫路の大物産展の食材・PR文等Faxで回答。森川氏へ~売店のパウチ依頼。
   10 坂上氏の水槽をトンボ池に移動。アカガエルのオタマを上の池に移動。赤とんぼ荘で~赤とんぼ米の販売OK⇒手数料は25%。谷先生より~水生生物調査の日程⇒6/26(日)でOK。 アグロで昆虫マット購入。トミオカに~2kgと5kgのゴム印注文。倉庫で出荷する赤とんぼ米受取り。自宅で悪路詰め。
   11 倉庫で~勝喜氏、繁氏、坂上氏と営農の4袋を5kgに袋詰め。中垣内交差点の果物店訪問~場所代5,000円/月はきついので、1,000円/回でテスト出来ないか?⇒無理だ。道の駅みつへ納品。新鮮組納品。JR本竜野納品。イセダでドライイースト購入。繁氏より~今年の殿垣内は早生品種のキヌムスメで5月田植えになる予定⇒飼育カゴの設置OK。
   12 5合入りの米袋のメーカー調査。コーヤマ茶園訪問~マコモ茶の製法について⇒お茶の業界ではなく、薬品の業界のものだ、玄米はパンにしても良い。中垣内交差点の果物店より~地主に相談したら一部マタガシなので断られたとのこと。
   13 トンボ池~プールのミジンコが繁殖、アカガエルを池へ移動、谷池のバルブは閉まっていた。インターネット講座の内容の検討開始。森川氏へ~新しい飼育カゴの試作とミジンコハウスの改造打合せの日程調整依頼。さばと訪問~赤とんぼ米の白さとうまさがスゴイ!とのこと。大塚写楽に~昆虫等の拡大撮影用の中間リング発注。西播磨特産館へ打診~5合入り袋も置きたい⇒OK。
   14 西播磨特産館太子集荷所へ出荷。5合入り米袋~アサヒパックへ発注。ビデオのソフトテスト~現在使用しているソフトでは動画にナレーション吹込みが出来ない⇒別のソフトでテスト⇒雑音が気になる。勝喜氏と~右足首が一部骨折しているとのこと⇒今後Faxで精米の段取りを連絡するが、徹氏に精米をやって頂くようにしてもらう。中垣内の姫上線沿いで赤とんぼ米を販売出来る土地を捜してもらう。そらさん訪問~納品等。西播磨特産館と~店内のビデオの長さは1分20秒ぐらいでも良い。ネット講座の原稿作成。
   15 西播磨特産館太子集荷所へ出荷。ネット講座のまとめ。トンボ池で~森川氏、坂上氏とミジンコハウスの改造打合せ⇒前田宅でヤゴの飼育カゴ試作。ネット講座のパワーポイントをJPEGに変換。そらさんへ~パウチ持参。すし官太訪問~店長;赤とんぼ米は大変美味しかった、ヒノヒカリは事務所が持って帰った。たいの鯛訪問~店長;大変美味しかったが、昔からやってもらっている米屋でブレンドしている。トミオカ~ゴム印入荷。
   16 ミジンコのテスト容器に風呂の残り湯セット。姫路の大物産展出店の準備物まとめ。西播磨特産館太子集荷所へ出荷。道の駅みつへ納品。新鮮組商品チェック。トンボサミットの旗を次回開催の和歌山へ送付。県の高橋氏訪問~H27年度の報告内容等打合せ。西播磨木材訪問~ヤゴの飼育カゴのネット張り等の見積依頼⇒納品は4月中。エルシー訪問~店主;今使っている宍粟の藤木農園のコシヒカリと同じようにおいしかった。写楽より中間リング購入。高橋氏と~中垣内営農のコシヒカリの買取りの基準は80%で良いとのこと。ラジオ関西より~大物産展の視聴者プレゼント⇒5合入り・5名とする。イナカフェに~支払い条件確認⇒月末締め翌15日支払い。大物産展用の紙皿~セリアに注文。県に報告する赤とんぼ米関連費用整理。
   17 大物産展用の準備物等まとめ、駐車場調査、事務局からの調査事項回答等。トンボ池へ~水生昆虫の接写テスト。高橋氏、勝喜氏~赤※研の次回幹部会議日程調整。ミジンコ増殖実験開始~15匹ずつ分けて1リットルの水溶液で飼育⇒イースト菌3g、虫マット15g、米ヌカ15g。ネット講座原稿作成。大阪の和志商事よりコシヒカリ、ヒノヒカリ5合入り、各10袋ずつ受注⇒代引き、22日必着。高橋氏へ~大物産展のチラシ等コピー依頼。ネット講演のパワーポイント(PPT)の説明原稿ほぼ完成。
   18 ビデオ編集ソフトでファイル出力テスト~やはり雑音が気になる⇒マイクケーブルが原因の可能性⇒ヤマダでマイク購入。勝喜氏へ~和志商事の分の精米依頼。いないで大物産展の割箸購入。ビデオソフトで動画と併行してナレーション吹込みテスト⇒かなり雑音が小さくなった。
   19 ネット講座~PPT部分の吹込み完了。西播磨県民局のビジョン委員会出席~食材チームの“笑顔になる食材”のパンフに赤とんぼ米が掲載された。ネット講座~動画部分の編集。
   20 ネット講座~動画部分のAVHCDファイル作成。大物産展の準備~赤とんぼ米の必要量計算。勝喜氏と~大物産展の準備について。東京の友人より~環境省がトンボへの農薬の影響を認めた⇒朝日新聞の記事。和志商事の商品袋詰め。ヤマトで和志商事への輸送用の箱購入。
   21 ヤマト便で和志商事へ発送~代引き伝票でトラブル。ネット講座~動画部分の編集⇒全体をDVDへコピー⇒内容確認。NPOの議題予定作成。
2,報告事項
  1) トンボ池の赤トンボハウスの横のプールのミジンコとトンボ池の状況~ビデオ
  2) たつの赤とんぼ米PR文言のラベル~画像映写
  3) ヤゴの飼育カゴの試作品~画像映写とビデオ
  4) 水生昆虫の接写テスト~画像映写(3点)
  5) 食材チームの“笑顔になる食材”~パンフレット別添
  6) 環境省がトンボへの農薬の影響を認めた記事~別紙 (省略)
  7) 現時点での当会の決算見込み~約35万円の赤字の見込み⇒前田が立替え(会が前田から借金をする形となる)⇒赤とんぼ米の販売手数料で返済予定

3, 今後の予定
  1) 3/26(土)、27(日)「豊穣の国・はりま大物産展」について
    a、場所;姫路大手前公園  b、時間;10:00~17:00 c、出店;播磨地域のブランド品等を合計52ブースで販売  D、たつの赤とんぼ米研究会はNo10で、赤とんぼ米の試食と販売を実施 
  2)4/29開催の「出る杭大会」について
     たつの赤とんぼ米研究会とブースを隣接して“たつの赤とんぼ米”の試食と併せて実施する。前回会議での提案“あかとんぼくん、あかねちゃん”について⇒商工観光課確認~当日は西播磨県民局に着ぐるみを貸し出すので県民局と交渉して了解されたらOKだが、中に入る人は当会も人を出すよう言われる可能性がある。
     ⇒後日確認した結果、中に入るのは高校生のボランティアというこだった。
     ☆当会の企画;“足じゃんけん”を子供とゆるキャラがやって、子供が勝ったら「針金トンボ」をプレゼントする。
      ☆当日の出席予定;鎌尾、森川、青木、黒田、小本、前田+α   
  3)新飼育カゴの使用方法について
    a,4月に50台納品  b,5月に赤トンボハウスの東側のプールに配置し、鶏糞、米ヌカ、ミジンコ、アキアカネの卵を入れておく。⇒5/中と6/中に田んぼに設置する際の運搬方法~箱の中の水や泥も一緒に運ぶので水が漏れないようにする。
  4)7月開催予定の“赤トンボ観察ツアー”(仮称)の実施日⇒7/9(土)、24(日)
    a,名称は、“童謡赤とんぼのふるさと巡り”とする。
    b,前回提案のあった“木道”については、予算面を含め今後検討したい。
      鎌尾;篠首の神社の丸太(直径30cmぐらい)を使ってもらえないか?
      前田;西播磨木材に一度聞いてみる。
    今後、このツアーや赤とんぼ米のPR等を含めたチラシを作成し、出る杭大会で配布したい。
4,その他
  1) 谷先生が発行された著書配布(無料)
    「自然観察ガイド」、「水田とその周辺の生き物」 8冊を希望者に配布します。

  2) 特許庁へ“たつの赤とんぼ米”の権利者修正手続きをしたい。~時間が取れず未対応
  3) 兵庫県の生物多様性ひょうご基金助成金の申請も検討中(締切り;4/11)
  4) NPO年会費徴収の件(1,000円/人)~前回徴収分の領収証手渡し。
  5) 今回制作したインターネット講演のビデオの視聴(時間の範囲で)
5, 次回会合日程と場所等
   開催日時;5月2日(月)18:00龍野コルク工業㈱様会議室    
                                                         以上

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2016/03/24(木) 22:44:33|
  2. 会議内容等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:せいごむ
たつの・赤トンボを増やそう会へようこそ!私たちが住んでいる兵庫県たつの市は、童謡”赤とんぼ”の作詞者・三木露風の生誕の地です。三木露風が北海道で幼い頃の情景を思い出して詠んだのが”赤とんぼ”ですが、最近他の地域同様、赤トンボがかなり減ってきています。そこで、赤トンボを増やし、その昔三木露風が見ていた龍野の原風景を再現すべく、赤トンボを増やそう会を設立し、活動を始めました。皆さんも応援して下さいネ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。